Happy New Year 2022

コロナ禍で迎える二度目の正月なので、本当に「ハッピー」か?と問われれば、答えはNOなんでしょう。単なる社交辞令ですから、まともに受け止める方が滑稽なのかもしれません。あるいは、生きて新年を迎えられたことは、奇跡なのかもしれません。 年末も押し詰まってから、再び新規感染者が増え始めました。初詣なら急に取り止めることもアリでしょうが、いま正に帰省しようとしているとか、もう実家に着いちゃった…

続きを読む

60 Years On, At Last!

とうとう三度目の成人式を迎えてしまった。随分前から還暦を迎えたら、この曲に限ると決めていた。1970年リリースのElton Johnのセカンド・アルバムにして、アメリカ進出第一弾!そう、名曲「僕の歌は君の歌」を収録したセルフ・タイトルのアルバムに収録されている。 自らの還暦ライブでも冒頭に披露していたが、当人が一番感慨深かったのではないかと思う。およそ半世紀に及ぶキャリアの大半を、第一…

続きを読む

ペイペイジャンボ - 4等 当りました!

行きつけのスーパーで初めてPayPayで代金を支払った。そしたら、いきなり当たった!スマホの画面を見ながら、思わず「おっ!当たった」と口走ってしまった。店員は一瞬「えっ?」って表情をしたが、すぐに当たって良かったですねという感じで微笑んだ。 当たったと言っても、宝くじと同じで慣れっこの末等だから、SunHeroにしては真っ当な結果と言えよう。キャンペーンは昨日&今日の2日間限りだから、全国…

続きを読む

格安スマホの販売店=goo Simseller

SHARPのSIMロックフリースマホ三兄弟 MVNOの先駆けと言ったら、語弊があるかもしれない。MVNOは自社で通信回線も持っていなければ、実店舗も無いのが普通だからだ。その点、SoftBankの廉価サービスとして2014年に登場したY!mobileは、積極的に店舗展開した。最近は近隣のSoftBank店舗内へ統合されることが多くなったが、我が家から一番近いショッピングモールには、今でもS…

続きを読む

退職金で次々に家電製品を買い換え

つまり、そういうことである。 まだまだ働かなきゃ生きていけないのに、事業縮小の煽りを受けて、担当業務がそっくり無くなった。嘱託として引き続き仕事を続けることは、叶わぬ夢となってしまった。一応関連会社への転籍という斡旋もあったが、この年齢でゼロから仕事を覚えなきゃならないというのは過酷だ。 つい最近まで子会社へ出向のち転籍というのが、課長職以上の定年退職のセオリーだった。課長なら部長に…

続きを読む

謹賀新年 令和二年

平成で始まった2019年は、令和で終わりました。と言っても、その事に何らかの感慨を抱くのは、日本人だけですね。元号の手本だった中国ですら、とうの昔に元号(年号)を廃止しています。ヨーロッパでは市民革命、中国では辛亥革命で、王や皇帝が支配する社会体制が崩壊しましたからね。 いわゆる先進国で年号を用いているのは、ナント日本だけって知ってました?改元の度に莫大な費用が浪費されることは、平…

続きを読む

興味索然 (きょうみさくぜん)

この四字熟語は「物事への面白みが失せる様子」という意味だそうだ。自覚症状は4-5年前からあったが、昨年あたりからブログの更新にも影響が及ぶようになってしまった。音楽や映画など、相変わらず興味はあるのだが、すっかり外出が億劫になってしまった。洋楽に目覚めた頃から大好きだったエルトン・ジョンの映画「ロケットマン」ですら、重い腰が上がる前に上映が終了してしまった。 人生100歳時代なんて言われる…

続きを読む

Happy New Era!(令和元年)

日本各地ではまるで大晦日から元旦のような賑わいですが、改元を海外で迎えられる皆様はどんな気分なのでしょうか?とにかく連休を満喫しようと、改元そっちのけの方もいれば、わざわざ旅先の国のTV報道をご覧になった方もいるのではないでしょうか?時差があるから、妙な感じがしたかもしれませんね。SunHeroも一度そんな感覚を体験してみたいものです。 ちなみに、時代を表す言葉が変わったのですから、「ハッ…

続きを読む

「令和」の英訳について

日本政府としては、新しい元号「令和」を英語では「Beautiful Harmony」と訳して、諸外国にも同義の訳語を用いて説明する方針でいるようだ。出来るだけ当たり障りのない平易な表現を心掛けたのだと思うが、何だか小学生でも思い付きそうな英訳だ。もうちょっと「令」という漢字が持つ意味を掘り下げて、思慮深く最適な英単語は見つけられなかったのだろうか? 例えば「平成」。由来となった中国の文献か…

続きを読む

新元号はLayla?

平成最後の月になりました。軍事機密並みの厳重さで進められた新元号の選考。官房長官の第一声を「レイラ」と聞き違えたのは、きっとSunHeroだけでしょう。そして、掲げられた文字を見た時、脳内プレーヤーは既にEric Claptonの「いとしのレイラ」を再生し始めていました。 何しろ、今月13日~20日、日本武道館のみで22回目の来日公演が開催されます。1974年の初来日から45年、選りに選っ…

続きを読む

謹賀新年 平成31年

皆様、平成最後の年が明けましたね。早々と寝てしまった人、渋谷の交差点で盛り上がっている人、年越しライブ帰りの人、早くも初詣に出掛けた人、彼氏彼女とスイートな時間を過ごしている人、帰省して家族等との久しぶりの再会で話が尽きない人、ワンルームで独り即席そばで年越しをした人・・・・それぞれの新年の迎え方があったことでしょう。 SunHeroは、珍しくNHKの紅白歌合戦を観て、リモコンで紅組に一票…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)