Kate Bush - Hounds Of Love (September 1985) [Amazon Music 対応]

The Hounds of Love (+6 Bonus Track) 昨年11月、Kate Bushのオリジナル・アルバムが紙ジャケット仕様で再発された。日本独自企画のため、彼女のOfficial Siteでも取り上げられている。我々日本人が日本に居ながらにして欧米からCDを取り寄せられるように、欧米のファンもネット通販で結構購入したのではないだろうか? 実は、Kate Bushは取り…

続きを読む

The NAZZ Remasters (April 2006)

Amazon's NAZZ Discography ストレンジ・デイズ・レコードが発売したのは、Todd Rundgrenがソロ・アーティストとしてのキャリアを踏み出す前、1960年代末に組んでいたバンド=The NAZZのオリジナル・アルバム3作だ。過去にも国内盤が出たことがあり、つい何年か前にもレア音源集や、オリジナル3作をCD2枚組に収録した全曲集が出たので、取り立てて珍しいことではなか…

続きを読む

The Flaming Lips - At War With The Mystics (April 2006)

At War With The Mystics / The Flaming Lips(国内盤) 私がFlaming Lipsに出合ったのは2作前の“The Soft Bulletin”(1999)だった。今年で結成23年、本作が12作目に当たるそうだから、ごく最近のサウンドしか知らないことになる。本国アメリカでもチャート入りするようになったのは前作かららしいので、私のような遅ればせのファン…

続きを読む

Donald Fagen - Morph The Cat (March 2006)

Morph the Cat / Donald Fagen 昨年Todd Rundgrenファンの間で話題になっていたことがある。Joe Jacksonとのジョイント・ツアーの次はDonald Fagenとのコラボレーションという噂だ。しかし、今年になって登場したのはFagen氏のソロ・アルバムだった(笑)。Rundgren氏の参加は全く無かった。誰がやらせようとしたのか定かではないが、To…

続きを読む

Chicago - XXX (February 2006)

結成40周年が間近となったベテラン・ロック・バンド=Chicagoが、全曲ニュー・マテリアルによるオリジナル・アルバムとしては1991年の“Twenty1”以来となる新作を発表した。メジャー・レーベルとの契約が切れて低迷してしまった90年代も地道に活動を続け、割と頻繁に来日公演も行ってくれたが、私としてはすっかり興味が失せてしまっていた。年初に本作のリリース情報が飛び込んできた時も、期待に心躍る…

続きを読む

The Finn Brothers - Everyone Is Here (August 2004)

TimとNeilのフィン兄弟のデュオ・プロジェクト第二弾にあたるのが本作です。第一弾はメジャー・レーベルの支援も無く、低予算ならではの手作り感溢れる地味だけど味わい深いポップ・アルバムでした。 本作は共同プロデューサーにMitchell Froom、エンジニアにBob Clearmountainを迎え、楽曲によってはTony Viscontiまでが制作に携わったアメリカ録音です。楽曲のクオ…

続きを読む

The Rolling Stones vs. Paul McCartney (Sept. 2005)

未だに世界中の音楽に影響を与え続けているイギリスの超大物アーティストが相次いで新作を発表した。Rolling Stonesは8年振り、Paul McCartneyは4年振りのオリジナル・アルバムだそうだ。両者とも既に全米ツアーをスタートしていて、McCartneyのスポンサーはなんとTOYOTAだそうだ。来年には揃って来日しそうな気配だが、実現すると1991年以来のback-to-back公演と…

続きを読む

Eric Clapton - Back Home (August 2005)

Eric ClaptonがJeff Beck、Jimmy Pageと共に三大ロック・ギタリストの一人としてもてはやされたのは遠い昔のこと・・・・そんなことを改めて実感したのが本作です。他の二人がロック・ギタリストとして独自のスタイルを貫いてきたのとは対照的に、時にはかなりポップスよりのアプローチを展開し、柔軟に演奏スタイルのレンジを広げてきたことで、私のようなポップス・ファンでも楽しめる作品を多…

続きを読む

Fountains Of Wayne - Out-Of-State Plates (June 2005)

一昨年サード・アルバムから初ヒットが生まれて、グラミー賞の新人賞にノミネートされるという快挙(怪挙?)を記録したFountains Of Wayne(以下、FOW)。この勢いに乗じてもう一儲けしようという意図があるのか、未発表曲にEP収録曲やシングルのカプリング曲を集めた2枚組CDをリリースしました。 日本ではオリジナル・アルバムのボーナス・トラックや、アメリカのEPに倣って編集されたミニ…

続きを読む

Carole King - The Living Room Tour (July 2005)

「音楽遍歴」ばかりだった音楽ウェブロッジSunHeroですが、ようやく「音楽レビュー」も立ち上げる気になりました。「映画レビュー」はともかく、「音楽レビュー」の第一稿だけでも、誰か私の思い入れの強いアーティストにしようと決めていました。だから、5月の開設から8月まで引っ張ってしまうことになってしまいましたが、正にウッテツケの新譜がリリースされました。それが表題の2枚組CDです。 還暦を過ぎ…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)