Fountains Of Wayne - Sky Full Of Holes (July 2011) [Amazon Music]

1996年結成、同年バンド名を冠したデビュー・アルバムをリリースしたニューヨークを拠点に活動するパワー・ポップ・バンド=Fountains Of Wayne。以降、ほぼ4年周期でオリジナル・アルバムを発表してきた。そして、今年、待望の5thアルバムが、フジロック2011出演に合わせて、日本先行で発売になった。 ぼちぼちマンネリ化してきても不思議ではない頃合だというのに、グループ名に相応しく…

続きを読む

Friendly Fires - Pala (May 2011) [Spotify & Amazon Music]

1990年代は仕事帰りに新宿・渋谷あたりのCDショップ巡りをしたものだ。特に新宿高島屋と共にオープンしたHMVは試聴パラダイスだった。Flaming LipsやFountains Of Wayneをはじめ、ここで出会ったアーティストは数知れず。新宿ルミネにあった新星堂のアジア音楽コーナーが韓流に大きくシフトしてからは、中華ポップスのCDもお世話になるようになった。 2000年代に入ってネッ…

続きを読む

Year of the Cat / Al Stewart (1976)

Amazon.co.jpのMP3ダウンロード無料クーポン利用第三弾は、スコットランド出身のシンガーソングライター=Al Stewart(←注:リンク先はアメリカの公式サイトのため全部英語です)の初ヒット曲です。デビュー・アルバムのリリースが1966年ということで苦節10年。7枚目のオリジナル・アルバムでようやく花開いた遅咲きのシンガーソングライターと言えるでしょう。1945年9月生まれなので、現…

続きを読む

Trans-Europe Express / Kraftwerk (1977)

Amazon.co.jpのMP3ダウンロード無料クーポン利用第二弾は、テクノポップの元祖=Kraftwerk(英語名=クラフトワーク、ドイツ語名=クラフトヴェルク、ドイツ語で「発電所」のこと)の「ヨーロッパ特急」。1957年から1995年まで実在した欧州横断特急の総称で、通称の"TEE"の方がヨーロッパでは一般的だったんだとか。というのも、全て一等車からなる客車を牽引していたという機関車のフロン…

続きを読む

On The Beat / The B.B.& Q. Band (1981)

所謂Digital Singleとして購入した。Amazon.co.jpが昨年12月から今年3月まで実施していたキャンペーンでもらったクーポンを利用したので、全部0円購入になるはずだった。調子に乗って全部で5バージョン購入したが、クーポンの正しい利用方法を心得ていなかったために、3バージョン分は有料になってしまった。やはり、SunHeroにはダウンロード購入は向いていないようだ。 音楽配信…

続きを読む

Todd Rundgren - For Lack Of Honest Work (Summer 2010)

Todd Rundgrenは1968年にNazzとしてレコード・デビューを飾ってからでも、既に40年を超えるキャリアを積み重ねてきた。その間、音楽と名の付くものなら、どんなジャンルにも果敢にチャレンジしてきた。特に1970年代にはシンガー・ソングライター的な楽曲からプログレッシブ・ロックまで、非常に幅広い音楽性を発揮して、時代をリードしていた。旺盛な創作意欲は1990年代に入っても衰えず、インタ…

続きを読む

オリビア・ニュートン・ジョン 40/40〜ベスト・セレクション (October 2010)

<前書> 久々の洋楽CDの紹介がベスト盤ということで、中にはガッカリされる方もいらっしゃるかもしれません。でも、ベスト盤をオリジナル・アルバムより一段低く見るのはいかがなものでしょうか?実はチョッピリ損をしているかもしれませんよ。そういう意味合いも込めて、「オリビア・ニュートン・ジョン 40/40〜ベスト・セレクション」を取り上げることにしました。 <本文> 昨年のカーペンターズの同様…

続きを読む

Paul Davis - Paul Davis (1980)

本作の邦題は「パステル・メッセージ」。本作がPaul Davisの日本デビュー盤として陽の目を見た経緯を知らなければ、ジャケットも中身も一体どこが「パステル」なの?と疑問に思うのが普通だろう。甚だミスマッチな邦題が付けられたのは、当時一大ブームを巻き起こした田中康夫の小説「なんとなくクリスタル」のおかげだ。AORファンには次作「クール・ナイト」と共に人気の高い作品だ。 アメリカでは一時代(…

続きを読む

Paul Davis - Singer of Songs・Teller of Tales (1977)

本作の邦題は「アイ・ゴー・クレイジー」。表題曲はアメリカのシンガー・ソングライター=Paul Davis(1948/4/21-2008/4/22)最大のヒット曲だ。LP時代に国内盤が発売されたこともあるが、国内盤が出るまでに3年待たされた上、晴れてCDで再発されるまで、さらに28年待たされた。だが、Paul Davisは還暦を迎えた翌日に心臓発作でこの世を去っていた。謂わば追悼復刻だ。 ア…

続きを読む

Craig Chaquico - Follow The Sun (May 2009)

2009年の私的年間チャート「オリジナル・アルバム部門」では、途中で気が変わって、Top20で区切ってしまったため、圏外となってしまった不運なアルバムの1枚がこれです。久しぶりで取り上げるアーティストなので再度説明しておきますが、Craig Chaquico(←注:リンク先はアメリカの公式サイトのため全部英語です)という綴りで「クレイグ・チャキーソ」と表記(発音)します。この人もNew Age/…

続きを読む

Peter White - Good Day (September 2009)

スームズ・ジャズ界のNo.1ギタリスト=Peter White(←注:リンク先はアメリカの公式サイトのため全部英語です)とは、初めてその名前を目にしたAl Stewartの出世作“Year of the Cat”(1976)以来だから、もう30年以上の付き合いになる。当初はキーボード・プレーヤーとしてバックバンドに請われたというエピソードを知っていれば、自身のリーダー作でキーボードも弾いているこ…

続きを読む

Coldplay - Viva La Vida / Prospekt's March (November 2008)

地元のブックオフでこれを見つけた時、嬉しさ以上に驚きました。記事タイトルのリリース年月は海外の発売に準じましたが、実際に買ったのは国内盤で、発売日は今年1月14日。それを1月21日に見つけて、その週末の中古CD10%offまで待って買いました。今にして思えば、Amazon.co.jpで新品がほぼ同額で買えるので、もっと冷静に判断するべきでしたが、一体どういう人が買ってすぐ売りに出したのでしょうか…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)