Todd Rundgren - Global [国内盤] (April 2015)

21世紀に入ってから、“Liars” (2004)、 “Arena” (2008)、 “[Re]Production” (2011)、 “State” (2013)と、EDM路線まっしぐらのTodd Rundgren。チョット飽きたのか、合間にEric Claptonの真似をして、Robert Johnsonの楽曲をカバーした“Todd Rundgren's Johnson” (2011)なんて…

続きを読む

Funkadelic - first ya gotta SHAKE THE GATE (December 2014)

P-Funk is still alive! まさかまさかのニュー・アルバムの登場だ。P-Funk総帥=George Clinton率いるFunkadelicの実に33年振りの新譜は、CD3枚組・全33曲収録・3時間半の超大作だ。コテコテのFunk / Rockが詰まっているのかと思ったら、合間にソウルフルなボーカルをフィーチャーした曲や、終盤には総帥のルーツであるDoo-Wop調の曲などもあり…

続きを読む

Chicago - XXXVI "NOW" (July 2014)

1967年前身バンド「Big Thing」の結成から数えて今年で47年を迎えたAmercan Brass Rock BandのChicagoから、通算36作目のアルバムが届いた。通し番号で21作目まではハッキリ分るんだけど、以降ヒット・チャートから姿を消してしまったこともあって、SunHeroの興味も失せてしまい、36作目までの道のりを辿ることがどうしてもできない。 辛うじて「把握」してい…

続きを読む

Boston - Life, Love & Hope (December 2013)

「ボストン」と聞いて、何を思い浮かべますか?バッグ?オーケストラ?小沢征爾?(笑)・・・・SunHeroなら、1976年アメリカのロックシーンに突如現れたロック・バンド=Bostonが思い浮かびます。1978年にセカンド・アルバムを発表した後、キッチリ8年周期でアルバムを発表するという寡作振り。痺れを切らしたレコード会社とトラブルになっても、音楽制作には一切影響を受けないところまで、Boston…

続きを読む

SunHeroのバカ買い日記(Pt.3)~The Eagles編

いよいよ今年最大のバカ買いの出番となりました。実は今年最大なんてもんじゃなくて、SunHeroの半世紀余りの人生で最高のバカ買いです。インターネットが普及する以前、タドタドしい英文の手紙で注文していた頃から、個人輸入に手を染めていました。送料をケチるつもりで随分高い買い物をしてきましたが、関税を払ったのは今回が初めてです。 宅配業者のお兄さんが「着払いのお届け物です」と言ったので、他の家族…

続きを読む

SunHeroのバカ買い日記(Pt.2)~The Moody Blues編

続いてのバカ買いは、今や誰が聞いてもどこがプログレなの?と思われるベテラン・コズミック・ロッカー=The Moody Bluesの“Timeless Flight”だ。日本でも根強い人気があるはずなんだけど、ネット通販で簡単に安い輸入盤が買える御時勢だけに、日本のレコード会社は採算が取れないと判断したのか、国内盤が出る気配は全く無い。 おかげで、AmazonもHMVもTowerも高飛車な価…

続きを読む

SunHeroのバカ買い日記(Pt.1)~The Rolling Stones編

芽瑠璃堂の「在庫処分半額セール」で、SunHero史上最多枚数のCDボックスを買ってしまった。それがザ・ローリング・ストーンズの「シングル・ボックス 1971-2006」だ。シングルと言えば、アナログ時代は45回転のレコードだった。だからという訳ではないだろうが、ペーパー・スリーブ仕様のジャケットでCDが45枚も収録されている。ビートルズのボックスよりもずっとコンパクトな箱だが、ずっしりと重たい…

続きを読む

Rocket Juice & The Moon - Rocket Juice & The Moon (March 2012)

「音楽旅館SunHero」時代からの常連客であるObscureDesireさんが取り上げていたのを見て、初めてこんなスーパーグループがあるんだということを知った。BlurのDamon Albarn、Red Hot Chili PeppersのFlea、Fela Kutiと共にアフロビートを確立したTony Allenの三人で結成した新バンド=Rocket Juice & The Moon。アルバ…

続きを読む

Rumer - Seasons Of My Soul (March 2011) [Amazon Music 対応]

今晩これを書き上げて一眠りしたら、新百合ヶ丘までドライブだ。畠山美由紀のルーツ・ライブ Vol.3を観賞するためだ。CDリリースとは全く別次元で開催されているイベントだ。「ジョニ・ミッチェル」、「昭和歌謡」と続いて来て、今回のお題は「映画音楽」だ。美由紀さんの母校=日本映画学校(現:日本映画大学)がある新百合ヶ丘だけに、ついに来たか!という思いがある。 昨年はその延長線上でアン・サリーと「…

続きを読む

Todd Rundgren - [Re]Production 再考/最高?

プロの評論家なら1回聞いただけで分るようなことでも、タダの音楽好きに過ぎないSunHeroは2-3回聞いても分らない。年末最後のトピックにしようと焦ったばかりに、随分否定的で批判的なことを書いてしまったと反省している。普段なら全面的に書き直してしまうところだが、所詮はこの程度(笑)という戒めに、再校文は別記事にすることにした。[Re]Productionというアルバム・タイトルだけに、再考も已む…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)