オミクロン株とエンタメ

KingCrimsonJapanTour2021.jpg

新型コロナウィルスのデルタ株が猛威を振った最中に開催されたTOKYO 2020。選手団の感染対策として、バブル方式を採用し、無観客観戦(?)になってしまった。IOCは無観客でも、米NBCを筆頭に莫大な放送権料が入ってくるから、痛くも痒くも無い。むしろ、感染がどんなに拡大していても開催しないと、IOCは存亡の危機になる。

そう、無観客で困るのは開催都市の方だ。未だに収支報告が公表されないのは、まるで数年前の東芝のようだ。このままコロナ禍の煙に巻いて有耶無耶にする気かも!大赤字の責任は誰が取るの?穴埋めは都税?だから、石原慎太郎がオリンピック招致なんて言い出した時、SunHeroは承知しなかった。招致合戦だけでも億単位の経費が掛かったらしいけど、三度目の正直で招致に成功だったから、総額いくらだったのか?

招致に成功した途端、猪瀬は洋梨になったのか、馬鹿げた金銭授受が問題になって辞任に追い込まれた。その後も、桝添があのまま知事だったら、コロナ禍をどう乗り切るつもりだったんだろう?豊洲市場移転の問題すら部下任せで、週末ごとに公用車で休暇を満喫。自らバッハと会談しても、中止はおろか一年延期も押し切れなかっただろう。国会議員に当選した頃の勇ましさなんて、ただのパフォーマンスだったのか?

結局すべての尻拭いは、小池百合子に託された。土日返上でコロナ禍とオリンピック開催という相反する事態を乗り切ったんだから、ひと月くらい休暇を取ったって文句は言えなかったはずだ。重病説まで持ち出した一部マスコミの無責任な報道には、無性に腹が立った。そして、そんな報道に惑わされた馬鹿な都民の多いことか!いつもの小池節でバッサリ否定するかと思ったら、思ったほど覇気がなかったのは、チョット気掛かりだ。

少なくとも、東京都民にとって諸悪の根源は石原慎太郎だ。そのことにようやく気付いた東京8区の有権者によって、自民党の派閥がひとつ消滅するほどの成果をもたらした。8区の皆さん、やるじゃねぇ~か!8区だけに破竹の勢い!…今、いい事、言ってたんですが、ダジャレで台無しか?

今回の総選挙は、局所的に成果があったと思う。甘利幹事長落選は、岸田首相のTVドラマみたいなシナリオ通りだったのではないか?立民の辻元副代表も落選で、自民・立民、痛み分けだ。

さて、緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も解除された途端、飲食業や観光業は激減した売上を取り戻そうと動き出したが、それはエンタメ界も同様だった。おかげで、先日15年振りで絢香のライブを観に行けた訳だが、デルタ株に気を取られている内に、コロナウィルスはとうとうオミクロン株まで変異(進化)していた。

ο(オミクロン)なんて聞き慣れないけど、α(アルファ)や β(ベータ)と同じギリシャ文字のひとつだ。いわゆるABCが26文字なのに対して、ギリシャ文字は24文字しかない。すでに前半12文字は変異株に使われてしまった。後半12文字のトップは ν(ニュー)だが、次のξ(クサイ)も飛ばして、ο(オミクロン)が割り当てられた。変な話だ。

ν(ニュー)は英語のNEWと紛らわしいという理由らしいが、ξ(クサイ)が不採用になった理由をWHOは明言していない。大方の見方は中国への忖度だ。ξ(クサイ)のアルファベット表記はxi、発音記号は[ksai]だが、中国語の発音をアルファベットで表わした、いわゆる中国版ローマ字でxiは「シュー」と言うらしい。習近平の「習」が正にxiなのだ。

日本語の場合でも、ξ(クサイ)は「臭い」を連想させるから、都合が悪い。いじめっ子の格好のいじめ材料になってしまうからだ。同様のことは、大人社会でも起きうる。パワハラだけじゃくて、お局様が鈍くさい男性社員を揶揄することもありえる。子供のいじめ問題は、実は大人のいじめに対する認識を抜本的に変えなければ無くならないだろう。

だって、被害児童の保護者に、校長は「1人のいじめられっ子より、10人のいじめっ子の未来の方が大事だ」と言ったそうだ。学校の隠蔽体質を象徴するような発言だ。10人のいじめっ子が未来のパワハラ上司になることを想像すれば、人間社会にいじめが蔓延するのも当然だと思った。校長による被害児童の保護者に対するパワハラとも言える。保護者がそれに気付かなかったんだから、被害児童の自殺を防げなかったのも、道理としか思えない。

さて、新規感染者数は不気味に沈静化したまま推移しているが、来日したナミビアの外交官がオミクロン株に感染していると判明して、国も都も「水際対策」が肝心だと、外国人の訪日を禁止してしまった。デルタ株の経験がまるで生かされていない印象だ。

谷村有美クリコン残席情報実は、今年も谷村有美のクリコンに行けないのは、その翌日にKing Crimsonの来日公演に行くことが、先に決まっていたからだ。噂では、これが最後の来日になるらしい。だから、SS席=20,000円の先行抽選予約に申し込んでしまった。おまけに、資金的にも日程的にも会場的にも、King Crimsonの方が圧倒的に好条件だった。

谷村有美は「おでかけツアー」ですら、東京西部は西東京市までしか来なかった。遠い昔には、今は無き八王子市民会館まで来てくれた事もあったけど。King Crimsonは、わざわざ立川まで来てくれるんだよ。こんな外タレ、初めてだよ。そもそもTACHIKAWA STAGE GARDENって、いつの間に出来たの?

立川市は、東京都の西三分の二を占める市町村地域(多摩地区)の謂わば中心地に当たる。それ以前だと、東三分の一に当たる23区ばかり。中野サンプラザが最も西寄りの会場だった。

ロバート・フリップ殿下、前回みたいな意地悪はしないで下さいよ。

とにかく今は、四日後に迫ったKing Crimsonの立川公演、無事に開催されるのか、そればかりが気掛かりだ。……えっ!もう日本に来てるの!? それ、早く言ってよぉー。

この記事へのコメント

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)