束の間(?)の憂さ晴らし(Black Friday has come!)

Halloween(ハロウィーンの方がネイティブの言い方に近い)が終わったと思ったら、Black Fridayのフライングばかり。本場アメリカでも、そんなもんなんですかね?今日が正にその日です。そして、実店舗に遠慮して週明けにスタートするのが、ネット通販版のBlack FridayことCyber Mondayだった。今や言い出しっぺのAmazonですら、Black Fridayをフライング・スタートしている。

中国では、産児制限政策が遠因となって、自然発生的に11月11日が爆売り・爆買いの日となった。たった1日で途方もない規模のおカネと品物が動く。道路に溢れ出すほどの配送物の山をテレビで見て、無事に届くのか?気になった。日本の某宅配業者も手渡しは丁寧になったが、途中の取扱い方は分からない。一度抱いた不信感は、なかなか払拭できないものだ。

今年は幸い感染が下げ止まりのまま推移していて、売り手は去年の分まで稼ごうと躍起だし、国民の消費意欲も旺盛だ。せめてこの状況が年明けまで続いて欲しいと願うばかりだが、南アフリカで新しい変異株が確認されたそうだ。今度の株は何株になるのだろうか?実はもうギリシャ文字=全24字を使い切ってたりして?とにかく、猛威を振ったデルタ株の二の舞はゴメンだ。

そんな願いも込めて、今日の一曲はコレだ!Steely Danが1975年に発表した”Black Friday”だ。グループのオフィシャルYouTube(静止画)でお届けします。日本では2016年にイオン等が最初にそう銘打ったセールを実施して、今や年末商戦の大幅前倒しも「新しい日常」になってしまった感がある。

この記事へのコメント

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)