ストリーミング・デビュー

スマホのキャリアを変更したことで、思い掛けず「音楽聞き流しサービス」を“試し聞き”することになった。OCNがAmazon Music Unlimited 個人プランの3ヶ月無料等のコンテンツ・サービスを行なっているからだ。Amazon主催の同様のキャンペーンは7月21日に終了したが、OCNは同社会員向けに3ヶ月無料(初回登録者のみ)+月間利用料金24ヶ月100円引き(OCNセット割引)というキャンペーンを継続していたのだ。

音楽配信サービスは楽曲ファイルのダウンロード販売から聴き放題へと大きくシフトしてきたが、タダ聞き(無料配信)の場合は月間の通信量がネックなっていた。ところが、OCNのキャンペーン内容をよくよく見ると、別途OCNモバイルユーザー向けに音楽配信に特化した通信容量無制限とも言えるサービスが用意されていた。

それがMUSICカウントフリーだ。オプション・サービスなので申込手続きは必要だが、追加料金ナシ(基本料金のまま)で音楽ストリーミングに関する通信量は、契約している通信容量から減算されないそうだ。

対象サービスは、前述のAmazon Music以外にも、SpotifyやLINE MUSICなど、全部で9つある。月間利用料無料のプランの場合でも、カウントフリーが適用されるのかどうかまでは未確認だが、もしそうなら3ヶ月だけUnlimited個人プランを利用し、その後は無料プランのある他のサービスに乗り換えてしまえば良い。

また、Amazon Music自体は、何もOCNモバイルに限ったことでは無く、パソコンやタブレットでも利用できる。アプリをインストールして、OCNモバイル経由で申し込んだ際のAmazonのアカウントでサインインするだけだ。

Amazonの音楽配信と言えば、まだダウンロード購入しか無かった頃、CD購入でも沢山ポイントがもらえた頃、そして、時々ダウンロード・クーポンがもらえた頃に、クーポンやポイントを使って数曲購入したことがある。当時から継続しているアカウントだったので、過去のPC買い換えで消失した楽曲が再び聴けるようになったのは、うれしい誤算だった。

また、SIDE by SIDEというアーティストの音声解説付のプレイリストは、なかなか面白い。耳元でアーティストがその曲にまつわる思い出やエピソードを語りかけてくれるような感覚に浸れる。それはまた、まるで深夜ラジオをイヤフォンで聞いていた10代の頃に、ターンバックしたような錯覚に陥った気分にさせてくれる。

しばらくは、6500万曲の音楽空間をあちこち漂ってみたい。

この記事へのコメント

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)