J:COM正式加入

どういう経緯で我が家にJ:COMが入ってきたのか、もう忘れてしまったが、とにかく何かしらの電波障害が予想される地域に、市の要請で地元CATVが敷設がされたのが、事の始まりだった。この時からアパートの屋根の上のアンテナは、無用の長物となってしまったが、度重なる台風にもめげず、今も立派に立っている。

それは地デジ以前の話だから、地デジ移行の前後に、テレビなんて買い換える必要は無いと思っていた。ところが、地デジになると、画面のサイズが4:3から16:9になると知って、地元電気店巡りをした。最終的に、1)古いTVを無料で引き取ってくれる、2)同型液晶テレビで最安だったということで、ヨドバシカメラでアナログ放送終了の一年くらい前に、当時隆盛を誇っていたSHARP製品に買い換えた。

J:COMのマスコット=ZAQ10月上旬くらいだったかなぁ~?突然、J:COMの営業担当者が訪ねてきた。聞けば、大家が費用負担してくれるので、大半のBSと一部のCSが無料で見れるようになるということだった。さらに、半強制的にJ:COMのモデムも設置されるそうだ。

既にauひかりを利用しているから、インターネットの方は不要だと言ったが、アパート全戸の契約なので拒否できない。確かに、ウチの家族が引っ越したら、次の住人が不便を強いられることになる。大家の意向には有難く従おうと同意した。

10月下旬、ついに宅内工事の日が来た。何がどう違うのか、さっぱり分らなかったが、壁の引込口を開けて、末端部品を交換した。さらに、CATVケーブルも黒から白に変わった。ケーブル途中に分配器が取り付けられ、一方はCATVの機器に、もう一方はモデム兼ルーターに取り付けられた。

家族から立会人を仰せつかったSunHeroは、作業を見守りながら、J:COMの場合はどうなるのか尋ねた。有線で上りがMAX12Mbpsという回答だった。ADSL程度でしかない。ウチは既にauひかりだから、無線でもMAX500Mbpsなんだよな~とボヤいたら、突然ケーブルを取り替え始めた。

恐らく交換後のケーブルの方が、性能がイイんだと思う。交換前のケーブルは、もちろん今は住人の居ない空き部屋に転用すればいい訳だ。抜け目のない業者というよりは、当然の節約術だ。本当に抜け目がないのは、ボヤキのSunHeroの方だろう。業者が帰った後、モデム兼ルーターの電源ケーブルを抜いた。ささやかな節電のつもりだ。

数日後、J:COMの営業担当者が、再びやってきた。今度はインターネット・サービス付になったので、設置先の住人と正式な契約を交わす必要があるということだった。もちろん、視聴料も通信費も、大家負担に変わりはない。つまりタダ!!

こうなると、通信速度を犠牲にしても、auひかりは解約すべきだろう。これでSunHeroも有言実行人間だ!だが、今解約すると違約金や配線撤去料が、ドカ~ンとのしかかってくる。そうまでして1Gbpsから一気に12Mbpsまでスピードダウン?普通そんなことする馬鹿はいないでしょう。

When will I be a real ”man of practice”?
(In this case,"practice" means "matching words with deeds")

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)