4DXなのに1,500円で見られる映画公開中!!

「呪怨」シリーズ等のホラー映画で有名な清水崇監督の最新作「雨女」が、4DX(2D)のみで上映中だ。主演は、清野菜名(せいのなな)だ。「TOKYO TRIBE」でパンチラも厭わないアクションで注目され、押井守監督の「東京無国籍少女」に続く主演となった。最近はアクションを封印して、演技力を高めることに努力しているようだ。

清野菜名って誰?って方、映画と同時解禁になった「カロリーメイトゼリー」の新CM、ご覧になったことありませんか?あるいは、ダイハツの企業CMで、OL辞めて家業の花屋を手伝う娘、それが彼女ですよ。メ~テレがご覧になれる地域の方なら、4月から始まった「まかない荘」で主演している彼女です。

清水監督と言えば、3Dブームの折に満島ひかりを主演に、3D上映の可能性を試した「ラビット・ホラー 3D」がありました。同様の意味で、本作は4DXの可能性を試した作品です。某試写会においては、劇場の協力を得て、観客に雨合羽を着てもらう「ずぶ濡れ」上映まで実施したそうです。

ユナイテッドシネマ&シネプレックス 雨女はしごキャンペーン4DXだと、普通は通常鑑賞料金に1,000円上乗せですが、本作は35分の短編なので、全部コミコミで1,500円です。さらに、ユナイテッドシネマとシネプレックスでは、同日もう一本他の映画を見ると、本作の料金が500円ビキニなります。(「引きに」って書くよりインパクトあるかな?と思って・・・・笑)ネット予約した場合は、当日劇場のチケットカウンターで、「雨女」ともう一本の鑑賞券を提示すると、文字通り500円キャッシュバックしてくれます。

ホラー苦手なSunHeroでも、35分なら耐えられると思うので、予約してみました。ユナイテッドシネマ入間が昨年暮れに4DXを導入したのを、今回初めて知りました。コロナシネマワールドには申し訳ないけど、もう小田原まで行く必要は無くなりました。もっと早く知っていたら、「スター・ウォーズ」だって入間で見たことでしょう。

4DX未体験の皆さん、4DXは高いからと敬遠してきた皆さん、是非この機会に体験してみては如何でしょうか?2週間限定上映と言うことなので、取り急ぎお知らせまで。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)