007 スペクター [Spectre] (2015 USA)

映画comの紹介記事へ歴代ジェームズ・ボンド役の中でも評判の芳しくないダニエル・クレイグだが、ついに前任者=ピアース・ブロスナンと並び、「007シリーズ」4度目の主演となった。クレイグ起用後のシリーズは作風が一変し、一話完結というスタイルを止め、元々の原作者である故イアン・フレミングですら描かなかった、ジェームズ・ボンドの生い立ちにスポットを当てた。いくら評判が悪くても、主役の途中交代は有り得なかったという訳だ。

SunHeroは、辛うじて前作「スカイフォール」から観ていたおかげで、本作「スペクター」の唐突な始まり方にも違和感を覚えなかったが、そうでなかったら果たして楽しめたかどうか分らない。とにかく、初代ボンドの時代に登場しながら、その後の裁判沙汰でシリーズから「消されたヴィラン」(笑)が、ドカ~ンと作品名に冠されたのだから、観に行かずには居られなかった。「スター・ウォーズ」同様、「三つ子の魂百まで」という訳だ。

序盤こそ明るく派手なシーンだが、全体的には暗く重々しいトーンで、前作のスパイ適性試験で落第だったボンドは、相変わらず、老骨に鞭打つような痛々しさだ。ダニエル・クレイグの演技は危なっかしいという批判が多いが、老齢のボンド役なんだから当り前だろう!と擁護したくなる。ただ、誰かに命令された訳でも無いのに、犯罪の臭いを嗅ぎ付けて、世界中を飛び回るのは、日本で言えば「国家公務員法」違反だろう。議員だったら、議会で吊し上げられ、TVカメラの前で泣き喚いても、恥の上塗りに過ぎない。

そんな事が言いたかった訳では無く、ボンドの置かれた状況は、「ミッション:インポッシブル」でのイーサン・ハントと全く同じだ。自分の所属部署は有名無実の状態で、他の諜報部署の管理下に置かれるが、極少数の協力者の支援を得て、独断で犯罪組織を追う。英米のカラーの違いがハッキリ描かれているから、両者を混同する事は無い。というか、娯楽性を求めれば「ミッション」、重厚感を求めれば「007」と、一般ピープルは自分の嗜好に合った方しか見ないだろうから、類似性に気付くはずも無い。

ご丁寧に今回のボンド・ガールは2人も居て、片方の役柄はまたしても「ルパン三世」の峰不二子的だ。「ミッション」の時は二重・三重のフリー・エージェントだったが、その真意はかつて所属していたと思われる英国諜報機関への復職だった。先方にはそんな気は更々無かったらしく、用済みになったら潜入先の組織に命を狙われ、最終的にはイーサンに協力する。

本作では、精神科医として身を潜めていたが、実は前々作に登場したMr.ホワイトの娘(レア・セドゥ)だ。スペクターに関する情報を得ようとしたボンドは、逆にMr.ホワイトから娘の擁護を頼まれる。当然初めのうちはボンドを警戒するが、スペクターに拉致されたところを助け出されたのを機に、年の差も考えずにボンドに身も心も捧げてしまう。ちょっと不二子ちゃんとは違うな!(苦笑)

劇中スペクターの首領ブロフェルドの台詞として、「カジノ・ロワイヤル」以降の全ての陰謀は、裏でスペクターが操っていたことが明らかになる。どうやら、最初から4部作の構想があったようだ。そのため、途中で実年齢的に限界が予想されたブロスナンから若返る必要があって、6代目ボンド登場となったのかもしれない。

そして、ボンドとブロフェルドの意外な関係が明らかになると、連作モノの完結編に付き物の収縮感が漂いだし、結末が思いの外こじんまりとなってしまう。例えば、洋画なら「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」、邦画なら「アンフェア the end」のように、散々寄り道した挙げ句の果てが、そういう結末なの?つまり、期待しすぎるからこそ、ショボい終わり方と感じる訳だ。

「ダイヤモンドは永遠に」でコネリー・ボンドに殺されたはずのブロフェルドが、今度こそ関係者の面前で、それこそロンドンの街中で、ボンドに撃たれ絶命すれば、観客にも一種の達成感が得られて、後味スッキリだったろう。トドメを刺さない上に、エンドロールの最後で、James Bond will come back soon(だったかな?)というメッセージが、デカデカと現れる。堂々と25作目の制作を宣言しているのだ。

イアン・フレミングの原作では、ブロフェルドは整形手術によって何度も全く別人の容姿になるという設定だから、少々小粒感のあったクリストフ・ヴァルツから、例えばベネディクト・カンバーバッチあたりに交代して、ボンドを執拗に付け狙い報復するのかもしれない。そうなると、ダニエル・クレイグは5作主演になるのかな?記念すべき25作目に相応しい?SunHeroには見当も付きません。

ちなみに、先行上映から得意の「極上爆音上映」でやるという情報を得たので、立川のシネマシティへ観に行ったが、一日の最終上映回だけは通常音響だった。ちゃんと確認しなかったSunHeroもウカツだったが、納得が行かなかったので、モギリの姉ちゃんに理由を尋ねたが、申し訳ありませんと誤るばかりだった。

元々「極上爆音上映」はシネマシティズン(有料会員)でも通常料金(1,800円)という場合が多い。今回もそうだったが、レイトショー料金だと1,300円になる。それが、通常音響にした本当の理由なら、客を舐めてるとしか思えない。12月にオープンするららぽーと立川立飛が、映画館併設で無くて良かったねと、経営陣に嫌味のひとつも、面と向かって言ってやりたい気分だ!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

007 スペクター
Excerpt:  昨年から今年に掛けスパイ映画がたくさんありましたが、本家本物の本作はいかにも王道の反面、おっさんくさいと思えたのも正直なところ。個人的にはミッション・インポッシブルのほうが楽しめたかな。  作品情..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2016-01-12 01:25

「007 スペクター」復活!悪の秘密結社!!
Excerpt: [007スペクター] ブログ村キーワード  ダニエル・クレイグ、4度目のボンドに。挑むのは過去最大の敵?!「007 スペクター」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ最大の興奮を..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2016-01-21 01:05

『007 スペクター』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「007 スペクター」 □監督 サム・メンデス□脚本 ジョン・ローガン □キャスト ダニエル・クレイグ、クリストフ・ワルツ、レア・セドゥー、       レイフ・ファ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2016-02-07 09:31

007 スペクター
Excerpt: SPECTRE 2015年 イギリス/アメリカ 148分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/12/04) 監督: サム・メンデス 『007 スカイフォール』 テーマ曲: モンティ・ノー..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-04-08 14:47
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)