チャッピー [Chappie] (2015 USA PG12)

chappie_poster.jpg「第9地区」で鮮烈な監督デビューを飾ったニール・ブロンカンプの最新作は、再び母国=南アフリカを舞台に、「A.I.」(Artificial Intelligence=人工知能)の未来を斬新な発想で映像化した。デビュー作は事前にグロテスクな姿のエイリアンを見てしまったため、大絶賛にもかかわらず見なかったが、続く「エリジウム」を見て、従来のハリウッド産には無かった感性に興味を持った。

そして、本作が公開になった。まるで1990年代のパソコンのように、OSだけがインストールされた無垢のロボットが、ギャングの一味に持ち去られた。それは、既に治安維持で活躍していた警官ロボットだが、損傷が酷くて破棄処分が決まっていた。一緒に誘拐された"ロボコップ"の生みの親=ディオンは、密かに開発した学習機能のある人工知能を、試験的にインストールしていた。

それは、チャッピーと名付けられた。ソフトウェアを次々にインストールするように、言葉を学び、自分のいる世界を知り、ギャングとしての生き方を教え込まれた。赤ん坊が天才科学者級にまで成長する速さは、人間の比では無い。テレビを見る場面など、ちょっと「E.T.」を連想した。だが、面倒を見てくれたのが普通の少年ではなく、選りに選ってギャングだったせいで、学習内容が大きく異なってしまった。

初めから善悪の識別はできたが、やがて感情や意思を持つようになる。同時に、バッテリーが充電も交換もできないため、余命が僅かしかないことを知る。何とかして生き延びたいと思うようになり、ついに人間の思考回路のみならず、感情や意思までも脳から取り出して、データ保存することに成功する。

一方で、バッテリーの残量は僅かだ。ギャングのリーダー=ニンジャに言葉巧みに説得されて、新しいボディーを買うという名目で、現金輸送車強盗に手を貸す。犯行の一部始終が報道される。傍目には、警官ロボットが犯罪に荷担しているとしか見えない。警官ロボットを開発・製造しているテトラパール社に、最初の激震が走る。

テトラバール社は、ディオンの開発した警官ロボットのおかげで、巨大企業に成長していた。その開発部には、ディオンを快く思わない人物が居た。ヒュー・ジャックマン扮するヴィンセントは、自分の開発した人間の意思で操縦するロボットこそ治安維持に最も有効だと信じていたが、開発費は年々減らされるばかりで、会社とディオンに不満を募らせていた。

密かに挙動不審なディオンを見張っていたヴィンセントは、チャッピーの存在を知り、狂気の行動に出る。それは、科学者同士の競争が暴走して、ウダツの上がらない方が、故意に疫病を流行らせ、頃合いを見計らって、予め開発しておいた治療薬を発表するようなものだ。本作では、疫病ではなくて、犯罪が蔓延する。

ヴィンセントは会社のCEO(シガニー・ウィーバー)に掛け合って、自分の開発したロボットの出動許可を得る。だが、彼の標的はディオンとチャッピーだった。遠隔操作でゲームを楽しむ感覚で、ギャングのアジトを急襲し、彼等を追い詰めていく。

普通の映画なら、ヴィンセントの派遣したロボットを破壊してメデタシ×2となり、チャッピーは新しいボディーを手に入れて、チャッピー・エンドだろう(笑)。ところが、本当に見物なのは、その後の展開だ。何しろ、チャッピーは強盗犯で、ディオンはその“メーカー”(創造主)として、警察に追われる身だ。

「マトリックス」や「トロン:レガシー」でも少し描かれていたことだが、本作ではついにその先へ踏み出した。例えるなら、不死の身体を手に入れる長い長い旅を描いた「銀河鉄道999」で、星野鉄郎少年が目的を果たしたような結末だ。

こうなると、その後のディオンとチャッピーがどういう運命を辿っていくのか知りたくなる。早くも続編待望だが、ブロンカンプ監督は次に「エイリアン」の新作を監督することが決まっている。シガニー・ウィーバーが出演していたのは、次作の準備のひとつだったのかもしれない。

それにしても、ギャングのリーダー=ニンジャと、彼の恋人であり仲間のヨーランディは、本来は南アフリカで活動しているHip-Hopミュージシャンだそうだ。本作の挿入曲の大半も手掛けている。そんな彼等が、パンク・ファッションに身を包んで、迫真の演技を披露している。SunHeroは、この2人の演技に圧倒されてしまった。

ところで、チャッピーを演じたシャルト・コプリーは、俳優経験の無いまま「第9地区」に主演し、ブロンカンプ作品には欠かせない存在だ。本作では声と動作だけの出演だったが、次作ではエイリアン役なのだろうか?実はH.R.ギーガーの造形物は苦手だ。あれがウジャウジャ出てきた「エイリアン2」を見て、Give Upだった。仕方ないので、「チャッピー2」まで待つことにしますかね?

この記事へのコメント

  • SunHero

    ObscureDesireさま、コメントありがとうございます。
    朝から『ファッキン』ですか?(笑)
    あの2人が音楽まで手掛けていると分かった時は、SupaDupa(意味不明?)アメイジングでした。
    私はペッパー君よりチャッピーがほしい!!
    否、チャッピーになりたい!?
    何とかなりませんか?(*⌒▽⌒*)
    2015年07月15日 10:58
  • obscuredesire

    なんの予備知識もなくダイアントワードが出てるというだけで観に行きました。ニンジャとヨーランディ、ファッキング・クール!
    2015年07月15日 09:30

この記事へのトラックバック

『チャッピー』 2015年5月11日 ソニー試写室
Excerpt: 『チャッピー』 を試写会で鑑賞しました。 子供には薦められないけど、大人にはお勧め 上映前に赤ペン瀧川先生による紹介があった。 おそらく映画.comでそのまま使われると思われるので気になった方は探し..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-06-16 00:10

チャッピー
Excerpt:  人間とはなにか、根源的な問題をエンタメ作品でさらりと描かれ瞠目しました。死生観からかアメリカでは批評家から批判され、日本の客入りも今ひとつですが、急激に進化する現実のハイテクをみても、もっと評価され..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2015-06-16 00:32

『チャッピー』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「チャッピー」□監督・脚本 ニール・ブロムカンプ□キャスト シャルト・コプリー、デブ・パテル、ニンジャ、シガニー・ウィーバー、       ヒュー・ジャックマン、ヨー..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-06-16 08:08

映画「チャッピー」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『チャッピー』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-06-16 11:58

チャッピー (Chappie)
Excerpt: 監督 ニール・ブロムカンプ 主演 シャールト・コプリー 2015年 アメリカ/メキシコ/南アフリカ映画 120分 SF 採点★★★★ 「こんな環境じゃ、やる気も出ねぇ!」と不平不満を漏らす方っていま..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2015-06-17 22:21

チャッピー
Excerpt: CHAPPIE 2015年 アメリカ/メキシコ/南アフリカ 120分 アクション/SF PG12 劇場公開(2015/05/23) 監督: ニール・ブロムカンプ 『エリジウム』 製作: ニール・..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-09-25 23:21
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)