SunHero's Entertainment Awards 2014

恒例のエンタメ年間チャートは、例年同様、勝手に表彰することから始めます。SunHeroの2014年のエンタメ・ライフに多大な貢献をした人・物・団体に対して、賞と称して感謝の意を表すというのが、表向きの名目=大義名分です。実際には、客観的なデータ分析に基づいて、自分の浪費振りを大いに反省し、年頭の戒めとするはずでした。

2014年の総評としては、ズバリ「The Year of Bulk Buying」(爆買いの年)でした。欲求の赴くままに、CDを買い、映画を見て、コンサートに足を運んだ結果、収支は昨年を上回る大幅赤字でした。途中で気付いたものの、全く自制の利かない暴走振りは、もはや病気レベルと言わざるを得ません。ホント情けない。

それでは、各賞の受賞者を発表いたします。

★Artist of the Year: The Rolling Stones
来日公演チケットでの失態すら美化してしまった上、Box Setが出た時に買っておけばいいものを、今頃になってCD16枚を買い直して、断突トップの浪費額を記録しました。

★Label of the Year: Universal Music Japan
国内版の発売が無かったので、輸入盤を入手したThe Moody Bluesの“The Polydor Years 1986-1992”を筆頭に、前述のRolling Stones 16枚も型番が全てUICYで始まるなど、昨年に続いて購入タイトル数=No.1となりました。占有率では昨年よりも下がりましたが、実体は単純にWarnerやSony/BMGの枚数が増えたに過ぎません。

★Retailer of the Year: HMV ONLINE
ポイント・システムにステージ制度を設けて、実店舗の売上を伸ばそうと画策したところで、肝心の店舗は売場縮小の一途では、交通費を掛けてまで訪店するのは、無駄足になるだけ。それでも、ネット通販だけで、一時期ゴールド・ステージになるほど買い込みました。

★Hall of the Year: 恵比寿 ザ・ガーデンホール
20周年おめでとうございました。12月第3週だけでも3回、通年で4回も訪れることになるとは!周辺のコインパーキングの値上げにより、今後は電車で行きます。

★Theater of the Year: 小田原コロナシネマワールド
何と言っても「4DX」の導入は、特筆に値します。事故が起きる前に、座席番号表示の見直しとシートベルトの設置をお願いします。

★Promotor of the Year: Hot Stuff Promotion
最多の6公演でお世話になりました。2013年、やはり最多6公演でお世話になったDisk Garageを表彰しなかったのは、同数だった「ライブ・ビューイング」のせいです。悪しからず。

冒頭で述べた通り、「明日なき暴走」明日なき暴走 30周年記念ボックス【CD+2DVD】状態だったため、敢えて“Trend of the Year”の表彰は行いません。「暴買い」の一端は、今後発表するランキングで明らかになることでしょう。受賞された皆様、(明けまして)おめでとうございますexclamation&question

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)