麻生久美子 主演映画続々公開!

三十路になってますます綺麗でしょ?麻生久美子、誰?って言う人もいるでしょうね。TVドラマには滅多に出演しないから。やはり職業としては「映画女優」が相応しいですね。DVD化されている作品だけでもこんなに沢山!(資料提供:DMM)でも、CMだとカネボウ「SALA」の初代イメージキャラクターで清楚な美しさを振り撒いていたり、最近なら吉岡秀隆とのコンビでシリーズ化しているヤマサ「昆布つゆ」のお茶目な妻役など、皆さんも結構お目にかかっているはずです。

そんな麻生久美子さん、「情熱大陸」の密着取材(4/26放送)を受けたり、「笑っていいとも」のテレフォンショッキング初出演(5/14)を果たしたり、昨日(5/21)は「はなまるマーケット」の「はなまるカフェ」でおめざに「山越うどん」の「釜玉うどん」を紹介したり・・・・最近TVメディアへの登場機会が増えてます。

それもそのはず、今月、主演映画が相次いで公開されます。既に5/16より二館先行公開となった「おと・な・り」(5/30より全国公開)、明日(5/23)には「インスタント沼」が公開になります。さらに、来月は「ウルトラミラクルラブストーリー」(主演?)の公開(6/6)が控えていて、もう正に目白押し状態です。ほとんど毎週、土曜日ごとに舞台挨拶があるって訳です。全部行きたかったなぁ~。

麻生久美子は、週刊ヤングジャンプ(集英社)の誌上企画「全国女子高生制服コレクション」で、第6回(1995年)のグランプリに輝いて芸能界入りしたことになっていますが、ネットで調べたところ、最初のお仕事は1993年のクレアラシルのCMらしいです。ただし、最近見かけるプロフィールでは三菱電機の企業CM(1994年)というのが多いのですが、どこからか丸ごと転載したものみたいなので、出所が知りたいです。

中古本でも4-5千円するらしいファースト写真集数年前、神保町で当時の写真集を見つけて即行買いしましたが、グランプリに輝くのも納得の、ピチピチ高校生の魅力を余すところ無く撮った作品でした。しかも、思いの外ナイスバディの持ち主。グラビアアイドルとして大成していたかもしれませんが、出演3作目の「カンゾー先生」(1998年)で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞/新人俳優賞を受賞以降は、本格的に映画女優のキャリアを歩んで、今日に至っているようです。

私が麻生久美子を知ったのは、2000年の主演作「ひまわり」でした。一発でファンになったのに、その後見た映画といえば「CASSHERN」(2004年)だけ。「カンゾー先生」すら見ていません。せめてTVに出た時くらいは見ておくべきだったのでしょうが、「ひまわり」を見た頃に放送されたNHK「喪服のランデヴー」もノーチェックだし、2006~07年の「時効警察」シリーズ(テレビ朝日)も同様。改めて振り返ってみると、私は本当にファンだったのか怪しいですね(爆)。

そんな反省の意味もあって、「おと・な・り」も「インスタント沼」も前売鑑賞券を入手しました。どっちも1,500円なんですね。全国公開を謳っている前者ですら、ミニシアター系の作品という扱いなんですね。そんなことよりも、両作品とも舞台挨拶のある上映回を逃したことが悔やまれます。最近、ミニシアター系の映画と言えば、渋谷Q-AXビルにある渋谷シアターTSUTAYAとユーロスペースしかチェックしていなかったのが敗因です。

そのユーロスペースで次作「ウルトラミラクルラブストーリー」が公開されますが、今回は新宿で前述の2作品と共に3作ハシゴしようかと企んでます。3作とも新宿伊勢丹周辺の映画館で上映されるからなんです。まあ、上映時間が重なってしまったら、「ウルトラミラクル~」はいつもの渋谷ですかねぇ?

引越しのたびに風水で験担ぎしてきたという麻生久美子。運気が徐々に上昇してきて、今、正にブレイクしつつあるのかもしれません。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)