天気の子 vs コロナ禍

中国みたいに末端の国民の生活がどうなろうとお構いなしにロックダウンを実施して、COVID-19の感染拡大の抑え込みが出来ればいいのに、そうは行かないのが我が国日本だ。新規感染者数が増加傾向にあっても、なお経済活動の規制を緩めている日本の行政って、一体何を考えているのでしょうねぇ?何をゴールに決めて、何を犠牲にするつもりなのか? 国や地方自治体が無駄な公共事業に税金を注ぎ込んだツケが回ってき…

続きを読む

暴走する最高裁の判決

近年、最高裁の判決には疑問符が並ぶものが目立つ。 例えば、最近のスマホからワンセグ機能が消えたのも、そのせいだって知ってましたか?「N国」こと「NHKから国民を守る党」は、最高裁のNHK受信料に関する判決がきっかけで、元NHK職員の立花孝志氏が立党したものだ。「NHKをぶっ壊す!」というスローガンは、NHKの不正を告発してクビになった党首の恨み節とも取れるが、その主張には共感できる。 …

続きを読む

残高まる見え、みずほちゃん

みずほ銀行の自称「うれしい特典」が、どんどん「うれしくない」方向へ向かっている。コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料だったものが、とうとうイーネットATMのみ月1回無料になってしまった。三井住友銀行の月3回よりも悪化してしまった。 確かに、みずほ銀行のATM網は、その木目の細かさでは、他のメガバンクの追従を許さない。大抵の駅の近くにあるし、そんなにあちこちのモールへ出掛けているわけで…

続きを読む

GoToトラブル

キャンセル続出のGoToトラベル事業は、本当に旅行観光業界の救いになったのか?詳細が何もきまっていないのに前倒し実施を強行すればどうなるか?矢面に立たされた旅行代理店は、一銭にもならない雑務に追われることになり、予約客の受け入れ準備を整えてしまった観光地では、死活問題が一層深刻になってしまった。一体この混乱の責任は誰が取るのだろうか? まるでそば屋の騒動のような「もり・かけ問題」は、のらり…

続きを読む

都知事選2020に思う

こんな事、書いていいのかなぁ~と思いつつも、書かずには居られなくなった。公職選挙法か何かに抵触していたら教えて下さい。すぐに対処しますから。 さて、コロナ禍でも選挙は行なわれる。選りに選って、今回の都知事選には、前回を一人上回る最多22人が立候補した。47都道府県の中で最も切迫した状況にある東京都で、もし今そのトップが交代するような事になったら・・・・都民ならずとも不安になるはずだ。 …

続きを読む

格安スマホの販売店=goo Simseller

SHARPのSIMロックフリースマホ三兄弟 MVNOの先駆けと言ったら、語弊があるかもしれない。MVNOは自社で通信回線も持っていなければ、実店舗も無いのが普通だからだ。その点、SoftBankの廉価サービスとして2014年に登場したY!mobileは、積極的に店舗展開した。最近は近隣のSoftBank店舗内へ統合されることが多くなったが、我が家から一番近いショッピングモールには、今でもS…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)