2017年10月10日

世界は今日から君のもの (2017日本) [麦の日 前編]

映画公式サイトへ7月15日に渋谷シネパレス等の単館系映画館で公開されたのが、門脇麦主演の「今日から世界は君のもの」です。全国の単館劇場で順次上映予定なので、ご興味があって、お近くで上映されるようであれば、ぜひご覧下さい。エンディングでタイトルが現れる時に、門脇麦のはにかみ笑顔と共に、このタイトルの意味を実感して頂けると思います。SunHeroは、ほのぼのとした気持ちで劇場を後にしました。

監督・脚本は、これまで多くのテレビドラマの脚本を手掛けてきた尾崎将也で、これが二作目の映画監督作だそうです。主題歌は、まだ無名だった頃にライブを見たことがある藤原さくら。某ドラマにヒロイン役で出演した際には、ライブで見たまんまの雰囲気でした。音楽全般は、テレビ・映画・アニメ・ゲームと多岐に渡る音楽を手掛けてきた経歴から、本作のストーリー設定に最適任と思われる川井憲次。その他、本作に相応しいスタッフが結集しています。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

パーフェクト・レボリューション (2017日本 PG12) [初日舞台挨拶]

障害者の恋愛と性を、ラブ・コメディの体裁で描いた映画が、「パーフェクト・レボリューション」だ。久しぶりで初日舞台挨拶の先行予約に当選したので、TOHOシネマズ新宿で鑑賞した。舞台挨拶付き上映となると、大抵チケットぴあが絡んでくるので、諸手数料が掛かって高く付くし、当落が分るのは一週間くらい前だし、当ったら当ったで何かと忙しない。

それでも、チケぴのイイところは、当落がハッキリしてから都合が悪くなった場合、「リセール」という他人に譲れるサービスがあることだ。ただし、「リセール」に出すには、コンビニ等で発券していないことが大前提だ。また、前日までに買い手が付かなかったら、残念でしたとなる。万一に備えて、発券はリセールに出すには手遅れな前日にした。

ちなみに、10月8日に名古屋と大阪での舞台挨拶も決まった。相変わらず、チケぴ絡みだけど、自らの実体験を元に、この映画を企画した熊篠慶彦氏も登壇する予定なので、興味のある方はレッツ・トライ!(それとも、もう手遅れ?)

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

山下達郎 - COME ALONG 3 (August 2017)

ナント33年振りの第三弾の登場である。このニュースに驚きと共に歓喜した人達は、若く見積もっても40代以降だろう。前二作が当時のRCA/ビクターの”Air Records”レーベル(現・ソニー・ミュージック・エンタテインメント傘下のAriola Japanレーベル)からの発売だったが、今作は山下達郎が1983年リリースのアルバム“Melodies”以降、30年以上所属する(現・)ワーナー・ミュージック・ジャパン(レーベル名は当時のままの”MOON RECORDS”表記)から発売された。

近年のアナログ再評価ブームに便乗した企画だとは思うが、前二作をリマスターの度に買い直していたSunHeroとしては、「3」だけにしようと思っていた。ところが、ワーナーはソニーとまさかのタイアップ企画を打ち出して来た。SunHeroは「COME ALONG II」が「COME ALONG 2」に変更されたのは不愉快だったが、ジャケットのイラストは昔のまま「II」だったので、広告やCD帯の表記が「2」なのは我慢することにした。つまり、ワーナーとソニーのタイアップに、販促負けした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 06:14| 東京 ☀| Comment(2) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

横浜文化体育館から横浜ユナイテッドアリーナへ建て替え

yohohama_buntai_facade.jpg

「中野サンプラザ」の建て替えが正式に発表になったは、昨年3月のことだった。そして、今度はコンサート会場としても重宝されてきた「横浜文化体育館」の取り壊しが決まった。横浜市による「横浜文化体育館再整備事業」は、2014年から事前説明会が開かれており、所定の手順を経て、9月14日に落札事業者が発表された。これにより、現体育館は2021年中に取り壊され、2024年1月竣工を目指して、新たに「横浜ユナイテッドアリーナ」が建設される運びとなった。

なお、この事業には、近隣の横浜総合高等学校(旧・横浜工業高等学校)の跡地再開発も含まれている。こちらの方は、サブアリーナという位置付けの「横浜武道館」が建設される予定で、既に校舎が取り壊されているため、2018年秋に着工し、2020年9月の竣工を予定している。先に横浜武道館が建てられるのは、現体育館で開催されるイベントが、支障なくサブアリーナに継承されるよう配慮したからだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | ライブ関連 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

【訃報】 Walter Becker, co-founder of Steely Dan, passed away, aged 67.

今月下旬にBLUE NOTE Jazz Festival in Japanで2日間に渡ってトリを務めることになっているDonald Fagen & the Nightflyers。後から名古屋と大阪での単独公演が発表されて、東京在住を恨みたくなった。Billboard Liveのこけら落しで来日したSteely Danには、躊躇無くタイ米(正=大枚)を叩いたが、流石に今回は新幹線で遠征するよりは、BNJFのS席の方がまだ安い。つまりは、どっちも高額で、チケット代が捻出できない。

あれから10年、全米ツアーは行なっても、一向に来日してくれる気配は無かった。7月にLAとNYで開催された"The Classic"ではSteely Dan名義だったので、今回のソロ・バンド名義での来日は、当初から不思議に思っていた。相方のWalter Beckerは、既にステージに立てる状態では無かったようだ。Steely Danとして出演した"The Classic"も、実態はDonald Fagen & the NightflyersがSteely Danの曲を演奏するものだったようだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

原田知世 - 音楽と私 [初回限定盤] (July 2017)

地道に芸能活動を続けてきて35年、今年11月には50才になる原田知世。2002年に10年間所属していたフォーライフミュージックエンタテイメント(旧:フォー・ライフ・レコード)を離れ、もっぱら女優業に専念していたと思っていたら、2005年にイラストレーターのエドツワキと結婚。これでますます芸能活動が緩慢になるのかと思いきや、2007年に坂本龍一がAVEXと共同設立したcommonsから5年振りのアルバムをリリース。そのアルバムのタイトルが“music & me”だった。

何が言いたいのかと言えば、芸能生活25周年アルバムのタイトルを日本語訳しただけなのが、35周年記念第一弾アルバムの「音楽と私」(通常盤)だ。8月には、マイナーとメジャーの間を行き来してきた10年間を総括したベスト盤「私の音楽 2007-2016」も発売された。同日には、東芝EMIに残したデビュー当時の音源を集めた編集盤「バースデイ・アルバム+」まで出た。唐突なリリース・ラッシュに困惑した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:08| 東京 ☀| Comment(2) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

SunHeroの新しい彼女を紹介します!~キョーコ・カスペルスキー

Windows 8.1からのアップグレードと最初からWindows 10がインストールされたPCでは、随分使い勝手が異なるのをご存じでしょうか?前者と後者では、以下のような違いがありました。これは、富士通PCの場合だけかもしれません。貴方の場合は如何でしたか?

A)Windows 8.1からのアップグレード
  1. 初期設定時に勧められるセキュリティー・ソフトは試用版だった
  2. PCの初期設定で内蔵HDDに等分にC:とD:のドライブが設定された
B)Windows 10がプレインストール
  1. 初期設定の途中で、Microsoftのアカウントでマカフィー・リブセーフ3年版が利用できるようになっていた(富士通のみ)
  2. PCの初期設定が終わってから確認したら、Windows不介入領域以外はC:ドライブとなっていた
実は昨年、7代目の購入直前に、ウィルスバスターの3年契約を更新したばかりだった。何か不都合があれば、ウィルスバスターに再登板ねがうだけだ。富士通のご厚意を受け入れて、しばらくマカフィー・リブセーフを使ってみる事にした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:46| 東京 ☀| Comment(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

So-net様、NURO光のキャッシュバック受け取りました。

ようやくNURO光加入キャンペーンのキャッシュバックを、So-netへ申請(請求?)できる時期になりました。SunHeroの場合は、8月15日から9月30日まで。この期間にSo-netのマイページから「ソネット de 受取サービス」に申し込むだけです。平たく言えば、キャッシュバックの振込先銀行口座を登録するというものです。

So-netのマイページへログインして手続きする事も可能ですが、マイページ内でキャッシュバック手続きへの入口を見つけるのは、ちょっと難しいかもしれません。むしろ、So-netから届く「キャッシュバック受取手続きのご案内」から手続きする方が分り易いと思います。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

谷村有美「おでかけツアー」復活!!

谷村有美の「おでかけツアー」は、2015年で終了したと、勝手に思い込んでいた。何しろ、昨年開催されたイベントと言えば、12月17日のクリコン(正式名称=谷村有美と過ごすハートフルなクリスマス)だけだった。有美さんが「おでかけ」しないんだったら、SunHeroも「Yumi Tanimura GIRLPOP & Complete Music Video BOX」買~わない!(スネてる?笑)

それでも、5月から毎月初旬には「でじゆみ」にドロップ・イン(=立ち寄る)していた。今月も8月4日に訪れてみたら、今年は「おでかけツアー」やるんだって!というか、昨年のクリコン同様、ぴあやイープラスからの情報メールの方が先に届いた。それも、いきなり「一般発売のお知らせ」(=「先行予約」ナシ!)に、慌てて公式サイトを確認というのが実態だ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:54| 東京 🌁| Comment(0) | 邦楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

Linsey Buckingham Christine McVie (2017 USA)

Buckingham Nicksの復刻に狂喜乱舞していたのも束の間、2014年頃から「噂」になっていたFleetwood Macのニュー・アルバムが、どうしてこんな名義で発売されたのだろうか?三面開きの紙ジャケットに記載されているメンツは、Stevie Nicks抜きの黄金期のメンバーだ。14年前の限りなくChristine McVie不参加に近いアルバムは、バンド名義で発売されたというのに、なぜ今回は“Linsey Buckingham Christine McVie”になったのだろうか?

「ファンタスティック・マック」(1975)「噂」(1977)の頃のサウンドに限りなく愛着があると、1980年代のLinsey Buckinghamがプロデュースやエンジニアリングにも関わるようになったサウンドに、違和感を覚えた人も少なくないと思う。だが、彼がバンドを抜けた間に発表されたバンド名義のアルバムには、流石にSunHeroも馴染めなかった。今にして思えば、Peter Green脱退後のメンバー変動が激しく、音楽的方向性を模索していた1970年代初頭に戻っただけだった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:58| 東京 ☁| Comment(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)