2017年01月20日

「君の名は。」~IMAX版に続いて〔英語主題歌版〕上映決定!

映画.comの紹介記事へ昨夏公開になったアニメ映画「君の名は。」は、現在2週間限定(1/13~1/26)で『IMAX版』が上映中だが、北米地域での公開と相前後して、『英語主題歌版』の国内上映が決まった。早い話が、英語字幕版なのだが、アニメ全般の音楽を手掛けたRADWIMPS自ら、英語歌詞を書き下ろして、歌い直したそうだ。北米地域で上映するものと同じものが観られるという訳だ。

公式サイトによれば、上映期間は1/28~2/10の2週間で、上映館は北は札幌シネマフロンティアから、南はTOHOシネマズ天神まで、11都道府県の僅か17館だ。首都圏(1都7県)の場合、見事に南関東(東京3館・神奈川3館・千葉1館)に偏っている。それなりの経験値から上映館を割り振ったとは思うが、著しく地域差別をしているようで、何だか腹立たしくなった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

≡≡ Top 5 ARTISTs of Bulk Buying 2016 ≡≡<br /> SunHero's Entertainment Ranking (Pt.3)

SunHeroにとって、この〔爆買い部門〕は、とても重要な意味を持っています。なぜなら、旧譜の買い直しや同一タイトルの内容違いまとめ買いなど、年々厳しくなっていく収支状況にも拘わらず、我慢しきれずに買ってしまったという、自分で自分が嫌になる買物だからです。一言で言えば『浪費』です。毎年、こうやって猛省しても、I just can't stop it!

収集癖は「男のロマン」などと美化したところで、「開運!なんでも鑑定団」に出演して大恥を掻く輩と、所詮は同じ事です。家族からすれば、そんなに大事なCDを床から積み上げて置いている状況は、『ガラクタ』同然にしか見えません。モチロン、旧譜の買い直しなら、昔買ったCDの方を処分すればいい訳ですが、収集しすぎて収拾が付かないのが実態です。

2016年の反省結果の発表です
posted by SunHero at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

≡≡ Top 5 CONCERTs 2016 ≡≡<br /> SunHero's Entertainment Ranking (Pt.2)

続いては、〔コンサート部門〕を発表します。

景気に無関係に高騰するチケット代に、来日アーティストのライブがとうとう一本だけ。年間トータルでも11本しか行けませんでした。年間ランキングは対象総数の上位半分以内という独自ルールのため、ナントこの部門初のTop5までに絞られる事になりました。

予算と日程とアーティストへの思い込みの強さで厳選したと言えばカッコイイですが、実は当日の疲労度も影響するという事を、否応なしに自覚させられました。上位入賞アーティストそれぞれへのコメントは、発表の後に回して、一目で見終わってしまう〔コンサート部門〕の発表です。

Top5までだと寂しいランキングですが・・・・
posted by SunHero at 02:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

≡≡ Top 5 SONGs 2016 ≡≡<br /> SunHero's Entertainment Ranking (Pt.1)

本当に久しぶりに〔楽曲部門〕がすんなり決まったので、今回はこのランキングから発表します。ちなみに、星野源の「恋」は、CDはおろかダウンロードでも購入していないため、圏外どころか対象外になってしまいました。つまり、No2の楽曲は、某音楽配信サイトで購入しました。その他の曲は、CDで入手しました。

先に授賞理由を述べておきます。No.1とNo.2は、聞いた途端にハマりました。対照的な曲ですが、一発で印象に残る瞬発力が、共通する特徴です。特にNo.1の曲は、「音楽に国境は無い!」を見事に証明してみせた国際的ヒットだと思います。案外、そのグローバルな浸透力を一番理解していないのが、日本人なんじゃ無いでしょうか?

それではランキングの発表です
posted by SunHero at 02:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

SunHero's Entertainment Awards 2016

SunHeroのエンタメ・ライフを振り返る年間チャート、例年通り表彰部門から発表致します。

★Artist of the Year: ピコ太郎(a.k.a. PIKOTARO)
¶ YouTubeで拡散した世界的ヒット“PPAP”には、グローバルな浸透力を的確に測る尺度が無い。今後こうした国際的なヒットが次々に登場するだろう。単なるノベルティー・ヒットでは片付けられらない可能性を提示したという意味で、象徴的な先例だと思う。
¶ アメリカでは、老舗の音楽チャート=Billboard Hot 100に、トータルで4週ランクされた。そのチャート・アクションも、実にユニークだった。
  Oct.29,'16・・・・#77 (debut as Piko-Taro)
  Nov. 5,'16・・・・ーー
  Nov.12,'16・・・・ーー
  Nov.19,'16・・・・ーー
  Nov.26,'16・・・・#82 (re-entry as PIKOTARO)
  Dec. 3,'16・・・・#93
  Dec.10,'16・・・・#90



授賞発表の続きはコチラです
posted by SunHero at 02:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

ミュージカル「わたしは真悟」 プレビュー公演<br /> @KAAT神奈川芸術劇場, December 2, 2016

mynameisshingo_kaatwallposter.jpg

楳図かずおと言えば、SunHeroが真っ先に思い付くのは、アニメ映画化もされた「まことちゃん」や、大林宣彦監督が実写映画化した「漂流教室」だ。前者のようなギャグ漫画や、後者のようなSFっぽい作品は、どちらかというと亜流の作品で、楳図かずおは日本に於ける恐怖漫画の第一人者だ。実際、「漂流教室」の原作は、もっとオドロオドロしい画風で、映画が先だったSunHeroは数ページ立ち読みして嫌になった。(笑)

1995年に長年の執筆活動の無理が祟って、腱鞘炎が悪化したのを機に休筆してしまったが、サービス精神溢れるキャラが好感を呼び、マルチな活動を展開している。その一端が、2014年に公開された映画「マザー」で、自ら監督・脚本を手掛けた。21世紀になって元々は漫画家である事を知らない人が増えた中、改めて功績を振り返るかのように、2005年に「楳図かずお恐怖劇場」という6作品からなる映画シリーズが公開された。

楳図かずおの挑戦はさらに発展し・・・・
posted by SunHero at 03:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・レポート | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

<span style="font-size:large;">au</span>離脱~残りの半分は2017年上半期決行!

イギリスのEU離脱が国民投票で可決されたことに触発されて、SunHeroがau離脱を決意したのは、もう半年も前のこと。携帯電話の方は、多額の損失を出しながらも、完全離脱に成功したが、固定回線の方は、無残にも頓挫した。

SunHeroが利用している固定回線サービスは、正式には「ASAHIネット auひかり ホームコース ずっとギガ得タイプ」と言う。住んでいるアパートが、既にNTTのフレッツ光に対応しているため、大家の許可を取って、単独でauひかりを引いた。

当然、auひかりのマンションタイプよりも割高だが、アパート内がメタル回線のため、フレッツ光でもSoftBank光でも、未だにMAX100Mbpsでは、比較にならない。MAX1Gbpsのauひかりの方が、断然イイに決まってTEL!(^^;)

そう思っていたのだが・・・・
posted by SunHero at 03:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017 新年快楽(ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ)


tori90.png

昨年はフランス語でしたが、今年は中国語で新年の御挨拶を申し上げてみました。新年早々「快楽」とは無粋な表現と誤解された貴方、貴殿こそ発想が無粋ですぞ!(笑)

昨晩(大晦日の夜)は、何年か振りで「NHK歌合戦」をフル視聴しました。出演者の平均年齢が大幅に下がったというか、常連や演歌系の歌手が大幅に減ったというか、賛否両論は覚悟の上と言わんばかり。思いっ切り思い切った出演陣でした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 施設案内 | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

本年もご愛顧ありがとうございました。

2016年(平成28年)も大晦日を迎えました。
この地球上でも特別な日だと思うのは、人間だけなんでしょう。
It's only one day in the eternal flow of time.
・・・・と言ってしまえば、身も蓋もありませんが、世界の多くの
地域で、「一年の節目の日」という位置付けになっています。

なぜか自分でも不思議なくらい神妙な気持ちになっている
SunHeroですが、何でこんなにLowな気分になったのか?
よくよく考えてみたら、「申年」だったんですよね。
David BowieからGeroge Michaelまで次々にこの世を去りました。

そうでなくても、近年は音楽レビューが激減し、今年後半は
映画紹介まですっかり滞ってしまいました。楽しみにして下さっていた
皆様には、本当に申し訳ありませんでした。

来る「酉年」には気合いを入れ直して、再び羽ばたこうと思います。
引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後にもう一度、
今年一年のご来館ありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎え下さい。


施設案内はコチラです
タグ:御挨拶
posted by SunHero at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

TOHOシネマズ MX4D&IMAXスクリーン増殖中

他のシネコンが4DXを導入する中、TOHOシネマズはMX4Dを採用し、その導入を都心から郊外へ拡大中だ。さらに、その後追いをするように、IMAXの導入も拡大中だ。近所のシネコンでは、12月14日にTOHOシネマズ府中に、MX4Dがオープンした。丁度年内に見ておきたい映画が2本あって、1本は3Dで観たいと思っていたので、最初は近場のMX4Dで済ませようと思っていた。

だが、4DXもMX4Dも観賞料金に、1,000円(4DX)/1,200円(MX4D)の追加料金が掛かる。これに3D上映が重なると、さらに300円ないし400円の追加料金が課せられる。TOHOシネマズ府中で、3D・MX4Dの映画を観ると、既に3DメガネGET済でも、トータル3,300円になる。4DX導入のユナイテッドシネマ入間なら、立川シネマシティでもらった3Dメガネが使えるので、3,100円で済む。だが、いずれも決して安くない。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 04:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)