2017年02月20日

NURO光 敷設工事完了

昨日午後、屋外工事が完了して、NURO光全線開通となりました。昨年12月下旬に申し込んで、1月下旬に屋内工事、そして、2月中旬に屋外工事です。auひかりの翌月開通に比べると遅い!まあ、イギリスのEU離脱には最低2年は掛かるそうですから、SunHeroのau離脱は順調な方でしょう。

ただし、NURO光電話のMNPは2/23に実施なので、完全移行まで後数日の辛抱です。それまでは、auひかりのONUから電話線のみNURO光機器へ繋ぎ、そこから電話機へ繋ぐという、フレッツからauへの乗換と同じ手順を踏まなければなりません。配線は簡単でしたが・・・・まさかまさかの予期せぬ問題が勃発!!(後述)

さらに、NURO光の通信も通話も問題なく使えることが確認できたら、KDDIへ電話してauひかりの解約と回線撤去工事を依頼しなければなりません。否、直接KDDIではなくて、プロバイダーのASAHIネットに依頼でした。月額324円(税込)でメール・アドレスを残せるそうですが、Yahoo!BB ADSLの解約時のようなメリットは無いので、ASAHIネットとは二度目のサヨナラです。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 06:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

Farewell to My Old PC(老PCよさらば)


Sunhero's 6th PC

何だかんだで凡そ3年間使った六代目PCが、今日ヤマト運輸に引き取られて、我が家を去っていった。富士通のPCを買ったことで知ったPCリサイクル業者=デジタルリユースが、不要PCの買取りを行っている。普通にPCメーカーに引き取ってもらうと、送料無料だが1円にもならない。ところが、デジタルリユースなら、スペックやコンディションから査定して、買い取ってくれる。

昨年8月末までに買取りを申し込んでいたら、六代目PCは標準仕様で25,000円+査定アップキャンペーン5,000円=30,000円だったのに、酷い夏バテにやる気が全く起きなかった。キャンペーンは年3回くらい実施しているらしく、12月1日~2月1日に再びキャンペーンが行われた。買取り強化機種は1万円アップだったが、その他のFMV機は5,000円アップだった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

七代目就任会見?


SunHero's 7th PC

半年も前に買った7代目PC、ようやく今日からウェブロッジの維持管理全般を、先代から引き継ぎました。まだまだカスタマイズが必要ですが、こうしてどうにか新しいトピックをアップロード出来るようになりました。・・・・と言っても、皆様にはどうでもいい話ですね。

それにしても、どうしてPCの引継には、毎回苦労させられるのでしょうか?一番厄介なのは、データの移行です。最初のPCでWindows 98 SE付属のバックアップ・ツールを使った際、外付けHDDに差分バックアップしたら、差分データ以外がPCへ復元できなくて、大変な目に遭いました。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 06:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

〔MX4D〕ルパン三世 カリオストロの城 (1979日本・2014年リマスター版)

昨晩、日比谷線・東横線・横浜線と乗り継いで、TOHOシネマズららぽーと横浜に行った。鴨居駅から最短ルートでららぽーと横浜の3階へ急行したが、TOHOシネマズのエリアに入った時、既に上映開始時刻の17:35だった。どうせ最初の10分は予告編だから大丈夫と、自分を落ち着かせて、スマホ・アプリで予約しておいたチケットを発券。座席に着くと、客席の明かりが落ちて、映画が始まった。辛うじて間に合った作品は、「新宿スワンⅡ」でした。

地下鉄の駅で買ったMATCHは、開始早々に飲み干してしまった。たちまち額に汗が滲んだ。否、体中が汗を搔いていた。男性用汗拭きシートが、真冬に役に立つとは思わなかった。映画一本じゃモッタイナイと欲張った結果、上映開始には間に合ったが、最初の10分くらいは、よく覚えていない。否、本当にお目当てだったのは、「ルパン三世 カリオストロの城」のMX4D版の方だった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

≡≡ Top 10 ORIGINAL ALBUMs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.7)

SunHeroの2016年エンタメ生活を振り返る(=反省する!?)年間ランキングも、ようやく最後の部門の発表となりました。例年締め括りを飾っている〔オリジナル・アルバム部門〕です。2010年代に入れば、再発盤の購入も落着して、興味のベクトルが新作に向かうと思っていたのですが、昨年はとうとうPt.6の対象作品数を下回ってしまうという、由々しき事態になりました。

どうやら〔楽曲部門〕の突然の復活と無関係では無いようです。ピコ太郎やRADIO FISHのように、単発の楽曲がヒットしたからと言って、後からアルバムの体裁にする必然性は無いからです。結果的にCDを購入したピコ太郎は、あの国際的なヒットが偶発的な事象だったことを証明したに過ぎません。要するに、墓穴を掘った訳です。そんなCDを買ってしまったSunHeroは、ただの物好きだった。

言い訳はこのくらいにして、ランキングを発表します
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

≡≡ Top 10 RE-ISSUEs & COMPILATIONs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.6)

Pt.3の〔爆買い部門〕で氷山の一角をお目にかけましたが、アレを別の観点から分析したのが、〔再発盤と編集盤の部門〕です。こちらも、長年欲しかったアレやコレが手に入って、ウキウキ(ウェイク・ミー・アップ)なランキングになりました。近年、CD化は絶望的だと思っていた作品が、次々に復刻されて、長生きしてみのもんた(=みるもんだ)と、しみじみと感慨に耽っております。

今年も早速その手の再発があるので、既に関係各方面を十分リサーチして、発注済です。それにしても、最近は、韓国のBig Pinkなるレーベルの動向から目が離せません。日本のその手のレーベルが、2010年代に入って、どこも鳴りを潜めてしまったのが、気掛かりではありますが、芽瑠璃堂を運営するクリンク・レコードは、まだまだ頑張ってくれています。

前置きはこれくらいにして、ランキングを発表します
posted by SunHero at 03:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

≡≡ Top 20 MOTION PICTUREs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.5)

昨年観た映画は46本。一昨年に続いて再鑑賞した作品が1本。従って、ランキングの候補は45本。ランキングは総数の半分以内に収めるという独自要件があるため、一昨年同様Top20としました。この絞り込みが悩みどころで、発表がこんなに遅くなってしまったという訳です、

もはや冷静に順位を決められる状態ではないので、以前どこかでイチ推ししていた作品が、まさかの低順位だったりします。一本筋の通った基準で選考できれば良かったのですが、色んな観点から総合的に決めようとして、グチャグチャになってしまいました。限が無いので、〔映画部門〕のランキングは、以下の通りで確定とします。

大ヒット=上位とは限らないのが、SunHeroらしいかも?
posted by SunHero at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(7) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

≡≡ Top 3 STAGE PLAYs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.4) 

昨年は激減したコンサートに代って、舞台演劇を6本観た。一昨年は「AZUMI~幕末編~」だけだったから、一気に6倍になった。すなわち、初めて年間ランキングの要件を満たしたので、〔演劇部門〕を新設した。普段、テレビや映画館で間接的に観るのと違って、目の前のステージで生身の役者が演技している姿は、やっぱり迫力が違う。

明らかにつまらなかった作品も1本あったが、本当に観たかった組み合わせではなかったので、「本命のチケットが取れなかったら、素直に諦めろ!」というイイ教訓になった。一方、他の5作品は、ダントツ1位を除いては、順位に苦慮するほど、それぞれに面白かった。

何はともあれ、ランキングを発表します
posted by SunHero at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

「君の名は。」~IMAX版に続いて〔英語主題歌版〕上映決定!

映画.comの紹介記事へ昨夏公開になったアニメ映画「君の名は。」は、現在2週間限定(1/13~1/26)で『IMAX版』が上映中だが、北米地域での公開と相前後して、『英語主題歌版』の国内上映が決まった。早い話が、英語字幕版なのだが、アニメ全般の音楽を手掛けたRADWIMPS自ら、英語歌詞を書き下ろして、歌い直したそうだ。北米地域で上映するものと同じものが観られるという訳だ。

公式サイトによれば、上映期間は1/28~2/10の2週間で、上映館は北は札幌シネマフロンティアから、南はTOHOシネマズ天神まで、11都道府県の僅か17館だ。首都圏(1都7県)の場合、見事に南関東(東京3館・神奈川3館・千葉1館)に偏っている。それなりの経験値から上映館を割り振ったとは思うが、著しく地域差別をしているようで、何だか腹立たしくなった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

≡≡ Top 5 ARTISTs of Bulk Buying 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.3)

SunHeroにとって、この〔爆買い部門〕は、とても重要な意味を持っています。なぜなら、旧譜の買い直しや同一タイトルの内容違いまとめ買いなど、年々厳しくなっていく収支状況にも拘わらず、我慢しきれずに買ってしまったという、自分で自分が嫌になる買物だからです。一言で言えば『浪費』です。毎年、こうやって猛省しても、I just can't stop it!

収集癖は「男のロマン」などと美化したところで、「開運!なんでも鑑定団」に出演して大恥を掻く輩と、所詮は同じ事です。家族からすれば、そんなに大事なCDを床から積み上げて置いている状況は、『ガラクタ』同然にしか見えません。モチロン、旧譜の買い直しなら、昔買ったCDの方を処分すればいい訳ですが、収集しすぎて収拾が付かないのが実態です。

2016年の反省結果の発表です
posted by SunHero at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)