2017年03月16日

(今更ながら)君の名は。 [Your Name.] (2016日本)

映画公式サイトへある程度年齢の行った日本人にとって、「君の名は」と聞いて思い浮ぶのは、昨年の大ヒットアニメ映画「君の名は。」ではない。熟年世代が連想するのは、戦後の復興の兆しが見えてきた1952年に大ヒットしたラジオ・ドラマ「君の名は」だ。人気の凄まじさは、ドラマの放送時間になると、銭湯の女湯が空っぽになったという逸話がある程だ。翌年には映画化され、主人公=氏家真知子(岸恵子)のストールの巻き方が、「真知子巻き」と呼ばれ、大流行したそうだ。

SunHeroだって、流石にまだ生まれていない頃の話だ。ただ、そういうドラマがあったことは、大人たちの話で知っていた。テレビ放送が始まると、まず日テレが、1966年5月から8ヶ月に渡り、平日(月~土)昼下がりの15分ドラマとして、続いてテレ朝の前進=NETが、1976年10~12月の金曜21時台のドラマとして放送した。そして、極めつけ(?)は、NHKだ。連続テレビ小説30周年記念として、鈴木京香主演で1991年4月から(1983年の「おしん」以来の)一年間、放送された。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 02:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

〔MX4D〕ルパン三世 カリオストロの城 (1979日本・2014年リマスター版)

昨晩、日比谷線・東横線・横浜線と乗り継いで、TOHOシネマズららぽーと横浜に行った。鴨居駅から最短ルートでららぽーと横浜の3階へ急行したが、TOHOシネマズのエリアに入った時、既に上映開始時刻の17:35だった。どうせ最初の10分は予告編だから大丈夫と、自分を落ち着かせて、スマホ・アプリで予約しておいたチケットを発券。座席に着くと、客席の明かりが落ちて、映画が始まった。辛うじて間に合った作品は、「新宿スワンⅡ」でした。

地下鉄の駅で買ったMATCHは、開始早々に飲み干してしまった。たちまち額に汗が滲んだ。否、体中が汗を搔いていた。男性用汗拭きシートが、真冬に役に立つとは思わなかった。映画一本じゃモッタイナイと欲張った結果、上映開始には間に合ったが、最初の10分くらいは、よく覚えていない。否、本当にお目当てだったのは、「ルパン三世 カリオストロの城」のMX4D版の方だった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

ズートピア [Zootopia] (2016 USA)

映画公式サイトへ動物園を意味する「ZOO」とイギリスの思想家=Thomas Moreの著書に由来する「UTOPIA」の合成語が、ディズニーの新作アニメのタイトル=「ズートピア」だ。その中で描かれているのは、実際には捕食関係にある肉食動物と草食動物が共存する世界だ。人間以上に大小の差があるだけに、小動物の保護区域まで設けられている。さながら動物版ディズニーランドのような世界だ。

だが、やはり、内情は人間社会を投影したものだった。登場する動物達には、人間がその動物に抱くイメージが刷り込まれたキャラクター作りがされている。一方で、獰猛な動物でも親切でユーモアがあったり、気弱そうな小動物が悪事の黒幕であったりと、人間同様に「動物も見かけに拠らない」ことも明示している。当然、犯罪だってゼロではないから、警察もある。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

I LOVE スヌーピー [THE PEANUTS MOVIE] (2015 USA)

映画comの作品紹介へ今年最初に見た映画は、実は「I Love スヌーピー The Peanuts Movie」でした。1月第一週でほとんどのシネコンから姿を消してしまった。僅か1ヶ月の上映だったが、流石に日本でも人気のキャラクターだけあって、立派に正月映画としての役目は果たした。

本来の主人公は「チャーリー・ブラウン」であり、彼と仲間達を意味する「Peanuts」が原題だったこともあって、日本では売り込みに苦慮し、結局「スヌーピー」で売り出してしまった。こうした日米の人気の「温度差」を考えれば、映画興行的にも上手い戦術だったと思う。実際に公開第一週の興行成績は、「007 スペクター」に次いで2位だったという報道もある。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

攻殻機動隊 新劇場版 [GHOST IN THE SHELL] (2015日本)

SF漫画家=士郎正宗が1989年発表した作品が「攻殻機動隊」だ。「ガンダム」程の人気を得られなかったのは、原作者が英語タイトルに拘っていたのに、当時の編集者が漢字だらけの題名にしてしまったせいだろう。もちろん、海外では英語タイトルで刊行され、斬新な発想は「マトリックス」や「アバター」に受け継がれていったのは、周知のことだろう。

洋楽好きのSunHeroは、1995年に公開された押井守監督による劇場版第一作目で、その存在を知った。すぐに連想したのが、英ロックバンド=The Police 1981年発表の4作目“Ghost In The Machine”だ。英哲学者=ギルバート・ライルが、仏哲学者=ルネ・デカルトの「心身二元論」を批判する際に提唱した概念だ。The Policeは直球勝負だったが、士郎正宗は一捻りした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

ベイマックス [Big Hero 6] (2014 USA)

ベイマックス日本公式サイトへ1年で2作も大ヒット映画(アニメ)を生み出すディズニーって、一体どうしちゃったの?「アナ雪」に続いて、公開前から大ヒットが確実視されていただけに、ヒネクレ者のSunHeroはトレーラー(予告編)を見ても、騙されたと馬鹿を見るだけだろうと高を括っていた。そうは言いつつも、ディズニー・アニメなら、それ相応の鑑賞方法がある!・・・・という大義名分を掲げて、4DX版を見に小田原まで出掛けた。

小田原コロナシネマワールドが、いつの間にか4DXを導入し、インターネット予約に対応していたので、座席はtotta!で取った。メンズデーの月曜日鑑賞だったが、鑑賞料金はナント2,400円だった。料金、間違ってねぇ~か?と思い、予約を最初からやり直したほどだ。メンズデーでなければ、3,100円になってしまう。ディズニーランドのアトラクション並みの仕掛けだけに、鑑賞料金もディズニー級という訳だ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(7) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

アナと雪の女王 [Frozen] (2013 USA)

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ディズニーの巧みな世界戦略の最新型成功例が「アナと雪の女王」だ。セリフの吹き替えだけでも、あらゆる上映国の言語に対応するには、それぞれの国ごとに同時進行で作業を進めなければならない。これに歌というファクターが加わると、どの国も人選には苦慮したものと、容易に推察される。そうした苦労が報われて、世界中で記録的な興行成績を収めた。

日本でも普段字幕版しか見ないような人たちの多くが、改めて吹替版を観るという現象が起きて、国別興行収益でアメリカに次いで2位という結果になった。日本のアイドルのCD販売手法の応用とも言える水増し戦術が、世代を超えて成功したからに他ならない。そんな見え透いた手には乗らないよと、傍観していたSunHeroだったが、社会現象の様相を呈してきたので、3D吹替版を見に行った。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

風立ちぬ [Ponta会員限定特別試写会] (2013日本)

「風立ちぬ」ポスター(菜穂子ver.)

遠くの会場でタダで観るのと、近場の映画館で会員料金で観るのと、果たしてどっちが安上りだったのだろうか?一般公開(7/20)直前の7/18に、有楽町・よみうりホールで行われた試写会に出掛けた。映画は無料で感無量だったが、往復の交通費が約二千円とあって、思わずコスト・パフォーマンスを考えてしまった。だが、3つの試写会に応募して、これしか当たらなかったのに、もし観に行かなかったら、きっと後悔すると思い直した次第だ。

よみうりホールは正確には映画館ではなくて多目的ホールだが、ジブリ作品をTV放送やレンタルではなくてスクリーンで観るのは、実はこれが初めてだった。「ナウシカ」から「トトロ」の頃は好きだが、「もののけ」以降の作品は興行成績と反比例するように馴染めなくなって行った。アニメだからこそ描ける想像力の爆発のような圧倒的な絵力は、そのために要した労力を考えると称賛に値するが、単純なテーマを大袈裟に描いているとしか思えなくなってしまったのだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

聖☆おにいさん (2013日本)

劇場版アニメ「聖☆おにいさん」「聖☆おにいさん」と書いて、「セイントおにいさん」と読むそうだ。劇場窓口でチケットを購入する際などに、「ひじりぼし おにいさん、大人一枚」とか言う人がいても可笑しくないだろう。かく言うSunHeroは中村光原作のギャグ漫画のことは全く知らず、単に東京郊外の「立川市」が舞台のアニメだというだけで見に行ったから、「聖☆=セイント」などとは夢にも思わなかった。がく〜(落胆した顔)

当然、舞台となった(地元同然の)立川まで観に行った。というか、このアニメ映画、東京都下と呼ばれる多摩地区では、立川市と近隣の府中市・八王子市でしか上映していない。武蔵村山とか日の出とか多摩センターとか南町田とか、都下にも結構シネコンはあるのに、どうやら応援する気はないようだ。ふらふら

隣接する昭島市のMOVIXが上映しなかったのは、近過ぎてSunHeroのように「どうせ見るなら立川で」という客が多いことを想定したんだと思うが、吉祥寺なんかは街としてのライバル心から上映を拒否したのかもしれない。ドコモポイント真相は定かではないが、かつて吉祥寺を舞台にした映画が、吉祥寺のミニシアターでしか上映されなかったことがある。その仕返しパンチのような気がしてならないのだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)