カノジョは嘘を愛しすぎてる (2013日本)

「僕は妹に恋をする」、「僕の初恋をキミに捧ぐ」に続く青木琴美原作コミックの映画化第三弾が「カノジョは嘘を愛しすぎてる」なんだそうだ。最初が松本潤・榮倉奈々主演、次が井上真央・岡田将生主演、今回は佐藤健・大原櫻子主演・・・・何っ?大原櫻子って誰?と思ったら、この映画のために行われたオーディションで5000人の中から選ばれた期待の新人なんだそうだ。 その程度のことは、他の映画を見に行った際に少…

続きを読む

ルームメイト (2013日本 PG12)

北川景子と深田恭子が初共演とか。「オトシモノ」「Another アナザー」の古澤健監督が手がけたホラーとか。今邑彩の同名小説を原案に、ルームメイトの奇妙な行動をきっかけに奇怪な事件に巻き込まれていく女性の恐怖とか。この映画のキー・センテンスは、あちこちで異口同音に紹介されていても、冒頭の三文に集約されるだろう。(初日舞台挨拶の模様はコチラ。それにしても、北川景子のスカート短っ!) しかし、…

続きを読む

スクールガール・コンプレックス-放送部編- [舞台挨拶付上映] (2013日本)

原作が写真集という映画って、一体どんなんだろう?そんな素朴な興味から、8/17シネ・リーブル池袋へ初日舞台挨拶付き上映を見に行くことにした。例によって、前売券はチケットぴあによる独占販売だったが、先行予約で見事に落選し、一般発売でもようやく購入サイトが表示された時には、1回目の上映は売り切れで、辛うじて2回目の上映の座席指定券が確保できた。それだけ注目度が高い映画と言えるだろう。 写真家=…

続きを読む

たいむすりっぷメガネ~舞台挨拶付上映 (2013日本)

AeLL.(エール)という4人組ガールズ・ユニットをご存じだろうか?メンバーの中で一番知名度が高いのは、巨乳アイドルの篠崎愛だろう。渋谷を拠点にライブ活動を行っているそうだが、チケットぴあから「たいむすりっぷメガネ」の舞台挨拶付上映の案内が来るまで、映画もAeLL.も全く知らなかった。丁度「パシフィック・リム」と同じ日だったので、新宿往復だけのつもりだったのを変更して、渋谷まで足を延ばすことにし…

続きを読む

箱入り息子の恋 [初日舞台挨拶] (2013日本)

最近「妹キャラは卒業よ」と言わんばかりの大胆演技のせいか?劣化などと揶揄されている夏帆と、声優を務めた「聖☆おにいさん」がロングラン上映されている星野源が主演した、映画「箱入り息子の恋」を初日に立川で観た。有楽町⇒新宿⇒どういうわけか立川の順で、初日舞台挨拶が行われたからだ。 そういうわけで、立川での舞台挨拶は16:00の回上映後に行われた。当初は主演の二人と市井昌秀監督の三名が登壇すると…

続きを読む

旅立ちの島唄~十五の春~ (2012日本)

どうしても見たい映画だったから、TSUTAYAで前売券を発見した時には唖然とした。1,500円もするんだ!全国一斉公開されるようなメジャーな作品じゃないことは、東京ではシネスイッチ銀座のみの単館上映だと分かってから承知していたことだけど、前売券も1,300円じゃないんですね。シネコンのネットで座席指定まで可能な予約購入に慣れてしまうと、せっかく手に入れた前売券の有難みも薄れてしまった。 「…

続きを読む

ソラから来た転校生 (2013日本) [同時上映: ネコヤドのハルとアキ (2012日本)]

業界では結構注目されているらしい映像作家の近藤勇一が初めて手掛けた劇場公開映画が「ソラから来た転校生」だそうだ。監督の本作に賭ける並々ならぬ意欲の程は、自ら脚本・撮影・編集まで手掛けたことからも端的に窺える。 「転校生」という言葉からもある程度想像できたが、「時をかける少女」やら「転校生」やら少女を主人公にしたSF仕立ての青春映画だった。とりわけ、少女が成熟した女性へと成長する過渡期の無垢…

続きを読む

グッモーエビアン! (2012日本)

SunHero's Entertainment Ranking 2012の映画部門で見事1位に輝いたのに、ずっと未紹介のままだったのが、麻生久美子&大泉洋主演の「グッモーエビアン!」だ。この映画で毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞した三好彩花の演技が、主役の二人以上に好かった。 その三好彩花の初主演映画「旅立ちの島唄~十五の春~」が(5/18全国拡大)公開になり、相前後して…

続きを読む

HK/変態仮面~初日舞台挨拶 (2013日本 PG12)

この映画「HK/変態仮面」は、監督も苦笑しながら語ってましたが、ちょっと紹介し難い映画ですね。まず、TV広告は打てない。映画館でも次回上映作品のコーナーに、ポスターを掲示するのは憚れる感じだし。当日券はもとより前売券だって、窓口で買うとなったら受付嬢に何と言ったらいいのか、ちょっと困ってしまう。苦肉の策で、原作の題名の前に「HK/」を付けた。これなら「HK、一枚」でも通じるだろうから、チケットも…

続きを読む

インターミッション [The Intermission] (2013日本)

いよいよ来る3/31を以て閉館する銀座シネパトスで、「最後のロードショー作品」として2/23から上映中の映画「インターミッション」をついに見た。先日紹介した後で、曜日に構わず次々にトークショーの予定が発表された。そして、最終日の最終回の上映に際しては、佐伯日菜子さん、大島葉子さん、森下くるみさんによるラストモギリ実演まで決定した。 SunHero的には3/30のトークショー(登壇予定者: …

続きを読む

ヘルタースケルター (2012日本 R15+)

ゴシップねたに事欠かない沢尻エリカ様の5年振りの映画出演作「ヘルタースケルター」は、写真家=蜷川実花の5年振りの監督作品だ。この監督はワガママ女優を手懐けるのが上手いのか、処女作「さくらん」でも土屋アンナを主役に起用していた。だが、そのくらいアクの強い女優でないと、極彩色に彩られた映像の中でも圧倒的な存在感を放つことは無理だろうと思った。 とにかく、相変わらずの沢尻エリカ様だ。本作に本気で…

続きを読む

アイアンガール~初日舞台挨拶付き上映 (2012日本)

AV女優=明日花キララ主演のバイオレンス映画「アイアンガール」が、7/21銀座シネパトスでロードショー公開になった。予告編によると、明日花キララの見事な美乳も拝めるようだったので、チケットぴあで予約して「初日舞台挨拶付き上映」を観賞した。 舞台挨拶は、1回目の上映後と2回目の上映前に行われた。早起きが苦手なSunHeroは、モチロン2回目の上映の方を押さえた。登壇者は長嶺正俊監督、明日花キ…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング