2018年05月14日

ミニシアターの光と影(聖地=渋谷でまた映画館の再編)

1948年に「渋谷パレス座」としてオープンした「渋谷シネパレス」が、70年目の節目に当たる今年5月27日に閉館することになった。跡地には、渋谷PARCOの建て替えのため2016年8月に休館となった「シネクイント」が、7月6日に復活オープンするそうだ。要は、運営母体がビルのオーナー会社からPARCOになるということだ。

「渋谷パレス座」は、バブル景気と共に渋谷が若者の街=新しい文化の発信地として変貌し始めた頃、建物自体が既に築40年以上だったため、周辺環境の変化に合わせるべく、1990年6月に休館した。同地に新たに建設された渋谷三葉ビルの7階に、1992年3月「渋谷シネパレス」としてリオープンした。更に、2003年6月には改装して、二館体制に移行した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 07:36| 東京 🌁| Comment(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

TOHOシネマズ日劇の跡地利用

先日も同じような事を書いたかもしれませんが、都内屈指というか、日本最大級の設備と規模を誇るTOHOシネマズ日比谷には、もう行かれましたか?階下の商業施設や建物の外観などは、あちこちのテレビ番組や出店した事業者のウェブサイトで見慣れてしまいましたが、平日には女性客や仕事仲間の男女グループ、休日には家族連ればかりの光景に、オッサンが一人でうろつくような場所じゃないという印象を受けました。

隣接する日比谷シャンテ共々、日比谷を名乗っていますが、本当は日比谷通りの東側まで有楽町(一丁目)なんですよね。この界隈には、東京宝塚劇場やシアター・クリエ、ミニシアター3館から成るTOHOシネマズ シャンテなど、東宝関連施設ばかり。何しろ、日比谷シャンテとして知られる東宝日比谷ビルには、東宝の本社があります。このように、有楽町一丁目は東宝の聖地として、ますます日比谷化(笑)しています。

TOHOシネマズ日劇の跡地空間には・・・・
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

TOHOシネマズ日劇 閉館

今日(2月4日)有楽町マリオン(正式名称=有楽町センタービル)の上層階にあるTOHOシネマズ日劇3館が閉館する。かつて同地にあった日本劇場(1933年12月~1981年2月)の名を継承して、1984年に日本劇場・日劇東宝・日劇プラザとして誕生した映画館だ。閉館後の用途については、明らかにされていない。

2002年の大改装を機に、それぞれ日劇1・日劇2・日劇3に改称し、3館を総称して日劇PLEXとなった。2006年には運営会社が東宝(株)からTOHOシネマズ(株)に変わり、2009年にTOHOシネマズ日劇1・2・3に改称された。センターロビーを挟んだ向かい側には、有楽町朝日ホールと松竹系の丸の内ピカデリー1・2がある。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

メディアージュからアクアシティお台場へ (シネマメディアージュの跡地利用で)

1996年3月~10月に開催されるはずだった世界都市博覧会(通称=都市博)は、前年4月の都知事選で圧勝した故・青島幸男が、公約通り中止にした。1980年代後半の所謂バブル景気の頃、日本各地で様々な博覧会が開催された。口火を切ったのは、恐らく1985年に茨城県筑波市で開催された国際科学技術博覧会(通称=科学万博、つくば博、つくば'85、etc.)だと思う。関東圏では、1989年に神奈川県横浜市で、市制100周年&開港130周年を記念した横浜博覧会(通称:横浜博、みなとみらい博)が開催された。

1993年に当時の都知事=故・鈴木俊一(鈴木善幸元総理の長男とは同姓同名の別人)が、東京開催を果たせなかった(大阪)万国博覧会への個人的な思い入れから、都知事4期目に打ち出した構想だった。横浜博覧会のような大義名分も無く、また、所謂「バブルの崩壊」で、大盛況だったみなとみらい博のように行く訳がないという、都民の世論の高まりにも拘わらず、都議会も折に触れ開催決議を繰り返した。結果は前述の通り。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

シネマシティが音響設備を増強!

東京・立川市にある「極音上映」・「極爆上映」でお馴染みのシネマシティが、またもや音響設備の増強を実施する。まであるシアターのうち、CINEMA・TWOの(早い話が全館)とCINEMA・ONEのの6シアターだ。これを記念して、「春の極上爆音上映祭」が開催される。また、音響機器に興味のある方は、同館の設備増強に関するウェブ・ページがあるので、ぜひご覧下さい。そして、何がどうスゴくなるのか、どうかSunHeroにご教授下さい。

ちょっと微笑ましいのは、毎度スタジオの使い回しで、音響のグレードアップを図ってきたスタジオが、「もうお下がりはイヤ!」と機嫌を損ねたという設定で、イラストレーター=才口オトウフ先生の書き下ろし漫画が掲載されていることだ。前々からそうじゃないかと思っていたが、漫画のおかげで客席数ではスタジオが勝るものの、スクリーン・サイズ(略して「スリー・サイズ」?笑)ではスタジオの方が大きいことが明らかになった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

「君の名は。」~IMAX版に続いて〔英語主題歌版〕上映決定!

映画.comの紹介記事へ昨夏公開になったアニメ映画「君の名は。」は、現在2週間限定(1/13~1/26)で『IMAX版』が上映中だが、北米地域での公開と相前後して、『英語主題歌版』の国内上映が決まった。早い話が、英語字幕版なのだが、アニメ全般の音楽を手掛けたRADWIMPS自ら、英語歌詞を書き下ろして、歌い直したそうだ。北米地域で上映するものと同じものが観られるという訳だ。

公式サイトによれば、上映期間は1/28~2/10の2週間で、上映館は北は札幌シネマフロンティアから、南はTOHOシネマズ天神まで、11都道府県の僅か17館だ。首都圏(1都7県)の場合、見事に南関東(東京3館・神奈川3館・千葉1館)に偏っている。それなりの経験値から上映館を割り振ったとは思うが、著しく地域差別をしているようで、何だか腹立たしくなった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

デビー・レイノルズ 娘の後を追うように死去

女優・歌手として活躍したデビー・レイノルズが、12月28日脳梗塞でロサンゼルスの病院へ緊急搬送されたが、亡くなった。84歳だった。前日に娘のキャリー・フィッシャーが亡くなったばかりだった。遺族は、娘の死のショックに耐えられなかったのだろうとコメントした。

デビー・レイノルズはテキサス州出身で、16歳の時に当時住んでいたカリフォルニア州バーバンクで、ミス・バーバンクに選ばれたのをきっかけに、映画界入りした。1952年のミュージカル映画「雨に唄えば」で人気を獲得し、1950年代から60年代前半に掛けて活躍した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

TOHOシネマズ MX4D&IMAXスクリーン増殖中

他のシネコンが4DXを導入する中、TOHOシネマズはMX4Dを採用し、その導入を都心から郊外へ拡大中だ。さらに、その後追いをするように、IMAXの導入も拡大中だ。近所のシネコンでは、12月14日にTOHOシネマズ府中に、MX4Dがオープンした。丁度年内に見ておきたい映画が2本あって、1本は3Dで観たいと思っていたので、最初は近場のMX4Dで済ませようと思っていた。

だが、4DXもMX4Dも観賞料金に、1,000円(4DX)/1,200円(MX4D)の追加料金が掛かる。これに3D上映が重なると、さらに300円ないし400円の追加料金が課せられる。TOHOシネマズ府中で、3D・MX4Dの映画を観ると、既に3DメガネGET済でも、トータル3,300円になる。4DX導入のユナイテッドシネマ入間なら、立川シネマシティでもらった3Dメガネが使えるので、3,100円で済む。だが、いずれも決して安くない。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 04:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

キャリー・フィッシャー(スターウォーズのレイア姫)心臓発作で死去

ニュース・サイトの速報によると、スター・ウォーズ・シリーズ初期(エピソード4~6)のヒロイン(=レイア・オーガナ役)で、昨年公開された「エピソード7:フォースの覚醒」で30年振りに同役を演じたキャリー・フィッシャーが、12月27日(米日時)にロサンゼルスの病院で死去した。60歳だった。

シネマ・トゥデイによると、12月23日ロンドンからロサンゼルスへ移動中の飛行機内で心臓発作を起こし、空港から病院へ救急搬送されて一命は取り留めたが、12月27日に様態が急変し、帰らぬ人となった。来年末の公開が予定されているスター・ウォーズのエピソード8に関しては、既に出演シーンの撮影を終えているそうだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

4DXなのに1,500円で見られる映画公開中!!

「呪怨」シリーズ等のホラー映画で有名な清水崇監督の最新作「雨女」が、4DX(2D)のみで上映中だ。主演は、清野菜名(せいのなな)だ。「TOKYO TRIBE」でパンチラも厭わないアクションで注目され、押井守監督の「東京無国籍少女」に続く主演となった。最近はアクションを封印して、演技力を高めることに努力しているようだ。

清野菜名って誰?って方、映画と同時解禁になった「カロリーメイトゼリー」の新CM、ご覧になったことありませんか?あるいは、ダイハツの企業CMで、OL辞めて家業の花屋を手伝う娘、それが彼女ですよ。メ~テレがご覧になれる地域の方なら、4月から始まった「まかない荘」で主演している彼女です。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 20:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)