2016年11月28日

RINGO STARR & His All-Starr Band @Bunkamura Orchard Hall, November 2, 2016


Ringo Starr & his All-Starr Band JAPAN Tour 2016

Ringo StarrのAll-Star Band Tourは、今回で12回目となるそうだ。だが、来日となると、やっと4回目なんだとか。とにかく、ようやく観に行くことができた。

当初はセカンド・ドラマーに息子のZackを連れていた以外は、ギターからキーボードに至るまで、有名ロック・ミュージシャンが占めていたため、3時間にも及ぶ内容だったらしい。最近はグッと小編成にして、2時間程度で収まるコンパクトなライブになっていた。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

King Crimson - “The Elements of King Crimson” Tour @Bunkamura Orchard Hall,December 16, 2015

キング・クリムゾン東京公演12月16日チケットサンプル

かつてコンサートでこんなに緊張したことは無かった。クラシック系のコンサートですら、開演前はゆったりとした空気感が漂っているものだ。ところが、SunHeroにとって初鑑賞だったKing Crimsonの来日公演は、入口を入った時点から、何か異様な雰囲気を感じた。

その最たるモノが、客席内での撮影や録音を禁止する注意文だった。ロビーの目立つ所に張り出されていただけでなく、客席内を常に2-3人の係員が同じ主旨の書かれたプラカードを持って歩き回っていた。しかも、驚いたことに、その注意文は和文と英文で併記されていた。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

Janet Jackson “Unbreakable World Tour” @Saitama Super Arena, November 22, 2015

ジャネット・ジャクソン来日公演ポスター前回の来日延期(最終的には中止)騒動で、日本でもファン離れが進んだようだ。過去にアメリカのファンクラブ"Friends of Janet"が日本に進出してきた際に、SunHeroはもっと酷い目に遭っているので、その程度はヘコタレナイ。だたし、最初の延期が発表になった段階で、サッサと払い戻してしまった。そして、ダメ押しになったのが、兄Mickaelの訃報だった。

ようやく音楽活動を再開する気になったJanet Jacksonは、ニュー・アルバム“Unbreakable”を引っ提げて、8月にカナダ・バンクーバーからワールド・ツアーを開始した。そして、今月、ほぼ14年振り(2002年1月)の来日公演が実現した。会場はさいたまスーパーアリーナ。前々回の日本武道館の2倍のキャパだが、前回の東京ドームの半分以下という、比較的良心的な会場だ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

Elton John “All The Hits Tour” @Yokohama Arena, November 18, 2015

BARKSのエルトン・ジョン2015年来日公演ライブレポート
前回の来日が2001年だったから、14年振りとなったElton Johnの来日公演は、僅かに大阪と横浜で1公演ずつの開催だった。近年精力的にコンサート・ツアーで世界中を回っているのに、どうも日本は避けられているようだ。恐らく、ギャラの折り合いがつかなかったのだろう。

以下に近年のツアーの概略をピックアップしてみたが、①はオーストラリアからスタートし、韓国・中国・東南アジアを回って、欧米へ去って行った。今回は北米ツアー後に小休止を取り、日本から再開して、香港・ウェリントン・ソウル・バンコック・シンガポールと回り、ツアーは来年も続くそうだ。

40th Anniversary of the Rocket Man  November 10,2012 ~ July 3,2013
The Diving Board  September 2,2013 ~ December 19,2013
Follow the Yellow Brick Road  February 1,2013 ~ July 26,2014
All the Hits Tour  September 13,2014 ~

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

Leo Sayer @Billboard Live TOKYO, October 29, 2015

9月がブルーノート東京で48年振りのHerb Alpertなら、10月はビルボードライブ東京で34年振りのLeo Sayerを観た。実は、SunHeroは、その34年前の初来日公演を、郵便貯金ホール(現:メルパルクホール)で見ている。来日を知った時点で、既に予約は始まっていたが、まだまだ予約可能な席は沢山あった。本当はステージと同じ低さなのに、料金は高い3F席で見たかったが、グッと堪えて安いカジュアル席にした。5F正面と4F斜め横で迷ったが、ステージに近い4F席を予約した。

Leo Sayerの公式サイトを覗いたら、久しぶりの新作“Restless Years”iconを発表したばかりで、急遽ツアーを延長して日本に来てくれたようだった。終演後のサイン会に期待して、新作だけでなく、ボックス・セットiconまで買ってしまうほど舞い上がってしまったが、21:30開演の2nd Showで、まさかの23時超えの熱演に、サインをもらうのは諦めた。それでも、帰宅したのは、午前1時過ぎだった。首都高料金をケチったからだ。電車で行っていたら、終電に間に合わなかったかもしれないから、致し方なかった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

Herb Alpert & Lani Hall @Blue Note TOKYO, September 7, 2015

実に48年振りの来日公演だそうだ。当然、当時はHerb Alpert & The Tijuana Brass(ティファナ・ブラス)だった。Herbのトランペットをメインに据えた管楽器バンドで、今ならポップ・インストゥルメンタル等と呼ばれるようなジャンルの音楽だ。恐らくインスト・バンドでは、世界的に最も成功したバンドだろう。スパニッシュ・テイストの軽快なサウンドは、メキシコのマリアッチと呼ばれる音楽をアメリカナイズしたもので、「アメリアッチ・サウンド」と評された。

バンド解散後、しばらくはレコード会社の経営を優先していたようだ。“RISE”が全米No.1に輝いた翌年=1980年にプロモーションで来日したが、この時はライブは行なわれなかった。丁度A&M Recordsの日本での販売権が、キング・レコードからアルファ・レコードへ移った時期で、プロモーションよりもビジネス上の来日だったものと思われる。YMOがアメリカ進出できたのも、A&Mの協力を得て、アルファ・レコードがAlfa Americaを設立したからで、謂わばHerbのおかげだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

Pablo Cruise @Blue Note TOKYO, August 2, 2015

pablocruise_tokyo2015logo.jpg

Herb Alpertの公演日程が仕切り直しになった際、Pablo Cruiseの来日公演があることを知った。丸ノ内のCotton Clubならまだしも、爽快なオーシャン・ブリーズのようなサーフ・ロック・バンドが、Blue Note TOKYOに出演するというのは、ミスマッチ感が否めなかったが、最近カラオケのレパートリーに彼等の曲が加わったこともあって、東京3日連続6公演の内の最終公演に足を運んだ。

Herb Alpertの時とは違って、今回はJCBカード会員向けのワン・ドリンク付自由席が予約可能だったので、WEB予約をした。Herb Alpertは色々あって電話予約だったので当日清算だが、Pablo CruiseはWEB予約の際にクレジットカード決済だったため、後から予約した方の料金を先に支払う形になった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

George Clinton & Parliament/Funkadelic @Billboard Live TOKYO, April 12, 2015

GC_P-Funk_image.jpg

BLTokyo_GC-PF.jpgP-Funkライブ初体験揺れるハートは、2,000円ケチったことを大いに後悔するふらふらほど凄かった。アンコール無しで、1時間半余り、ほぼノンストップで次々に曲るんるんが演奏された。そのほとんどは、33年振りのFunkadelic名義のアルバムの曲だった。案の定、序盤から中盤に掛けて新譜の曲が続くと、観客のノリはイマイチ。終始ステージ上から観客を煽るようなスタイルで進行した。バー飲食レストランを楽しみながらライブを満喫するような会場では、致し方ないことだろう。

噂通り、Billboard Liveのステージは、あの大所帯には狭すぎる。ステージから溢れたメンバーが、ハンドマイク片手にMCカラオケをこなしたり、自分の出番以外は客席の中を通って、4Fの控え室に戻るスーツ姿の紳士とか、出入りの激しいパフォーマンスだった。必然的に、機材も足りていない。コーラス隊用にマイクスタンドが4本用意されていたが、マイク無しの大袈裟なジェスチャーだけで、観客を煽るモータースポーツことに専念しているメンバーもいた。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

Crosby, Stills & Nash @Tokyo International Forum (Hall A), March 6, 2015

Click here to visit CSN Official Website

1991年の初来日も、1995年の来日も、何となくパスしてしまったCrosby, Stills & Nash(以下、CSN)が、20年振りで来日公演を行なった。会場は大嫌いな東京国際フォーラムのホールAだ。キャパ(約5000人)とチケット代(S=¥13,000、A=¥11,000))を天秤に掛ければ、まあまあバランスが取れている方だと思い、招聘元のUDOでS席を申し込んだ。2月下旬に届いたチケットを見てガッカリした。1階40列だったからだ。2階席15列目あたりの真下だろうか。

あそこは1階も2階も前列の客の頭が邪魔で、ステージがよく見えないから嫌いなのだ。Brian Wilson (of the Beach Boys)では奇跡的に最前列だったが、BoAでは1階最後列、谷村有美では2階最後列の最端席など、酷い目に遭うことが多い。それに比べれば、ずっとマシだと思い直し、昔買ったCDを探し出して来て、復習(予習というべきか?笑)することにした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

Peter White @Cotton Club Japan, 24 Feb. 2015

Peter White at Cotton Club Feb.2015

What a wonderful birthday evening it was!! スムーズ・ジャズ界のNo.1ギタリスト=Peter Whiteが、2年振りのアルバム“Smile”を引っ提げて、2年振りで来日した。会場は前回同様、東京丸の内のCotton Clubだ。3日間(2/24~26)とも平日だったので、普段なら最終日狙いのところ、今回も初日にした。なぜなら、誕生日だったからだ。ビートルズの曲になぞらえれば、“When I'm fifty-four”だ。

そういう訳なので、前回以上に奮発して、1st Showは「スペシャル・プラン」、2nd Showは「ヘルシー・プラン」というディナー付で予約した。それぞれ13,000円と11,000円だったが、先月のDiana Rossをはじめ、Rolling StonesやEric Claptonなど、チケット代だけでも軒並み1万円超えなのを思えば、どうしたって安く思えてくる。ましてや誕生日だ。ここでケチってどうする?予約時点で既に舞い上がっていた。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)