【富士通】FMシリーズ35年記念キャンペーン ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

2017年03月31日

ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ
 ◯◯ Year-Round Edition 2017 ◯◯

オーナー兼従業員のSunHeroと申します。一応ウェブロッジを標榜している以上、お出迎えはきちんとしなければなりませんよね?右側のサブフレームに簡易な施設案内を設けておりますが、かなり下方へスクロールして頂かないとなりません。気付かない方も多いと思われます。やはり、2017版の施設案内も必要だと思いましたので、今年もトピック欄のトップに掲示することにしました。

今のところ、昨年とほとんど同じ内容ですが、特に初めてお越し下さった皆様には、当ロッジの概要をご理解頂くのに必須だと思いました。趣味嗜好のベクトルが合えば、お気軽にトラックバックやコメントを頂けると有難いです。至らない点も多々あるかとは思いますが、このサイバーワールドの片隅に、こんなブログがあることを知って、ご愛顧いただければ幸いに存じます。

施設案内はコチラです
posted by SunHero at 19:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017 新年快楽(ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ)


tori90.png

昨年はフランス語でしたが、今年は中国語で新年の御挨拶を申し上げてみました。新年早々「快楽」とは無粋な表現と誤解された貴方、貴殿こそ発想が無粋ですぞ!(笑)

昨晩(大晦日の夜)は、何年か振りで「NHK歌合戦」をフル視聴しました。出演者の平均年齢が大幅に下がったというか、常連や演歌系の歌手が大幅に減ったというか、賛否両論は覚悟の上と言わんばかり。思いっ切り思い切った出演陣でした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

本年もご愛顧ありがとうございました。

2016年(平成28年)も大晦日を迎えました。
この地球上でも特別な日だと思うのは、人間だけなんでしょう。
It's only one day in the eternal flow of time.
・・・・と言ってしまえば、身も蓋もありませんが、世界の多くの
地域で、「一年の節目の日」という位置付けになっています。

なぜか自分でも不思議なくらい神妙な気持ちになっている
SunHeroですが、何でこんなにLowな気分になったのか?
よくよく考えてみたら、「申年」だったんですよね。
David BowieからGeroge Michaelまで次々にこの世を去りました。

そうでなくても、近年は音楽レビューが激減し、今年後半は
映画紹介まですっかり滞ってしまいました。楽しみにして下さっていた
皆様には、本当に申し訳ありませんでした。

来る「酉年」には気合いを入れ直して、再び羽ばたこうと思います。
引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後にもう一度、
今年一年のご来館ありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎え下さい。


施設案内はコチラです
タグ:御挨拶
posted by SunHero at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ
 ≡≡ Year-Round Edition 2016 ≡≡

気が付けば、GAIAXの無料HPサービスに「音楽旅館SunHero」としてオープンしてから、2月で丸16年になりました。同時にSeesaaBLOGに引っ越してきて、丸10年になりました。更に、SunHeroは、またひとつ歳を取りました。果たして、オメデタ月間と呼んでもいいのでしょうか?今後ともご愛顧賜りますよう、改めてお願い申し上げます。

ところで、ブログ化に際して、ウェブロッジに改称したのはなぜか?お分かりでしょうか?ブログは漢字で書くと・・・・否、英語で書くとBlogですが、聞くところによると、元々の意味はWeb Logなんだそうですね。それが一期一会じゃなくて、一語になったWeblogから、頭の二文字を取って、Blogになったんだとか。

ヒネクレ者のSunHeroは、だったら逆に二文字加えて、新しい屋号にしようと閃いた次第です。すなわち、Weblogに「d」と「e」を付け加えて、Weblodgeという訳です。旅館⇒ペンション⇒ロッジという変遷です。The Rolling Stonesが、Brian Jones⇒Mick Taylor⇒Ron Woodとメンバー交代したのに似ていませんか?気が付けば、どちらも三番手が一番長い!

それでは当ウェブロッジの施設案内を致します
posted by SunHero at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ
 ◎◎ Merveilleuse Année 2016 ◎◎

明けましておめでとうございます。

2015年はブログ化10周年の記念の年でしたが、然したるおもてなしもできないまま、過ぎてしまいました。にも拘わらず、ご愛顧を賜りまして誠にありがとうございました。

テロや災害、社会人としての良識に欠ける事故・事件、大企業の様々なねつ造事件など、21世紀になって益々厄介な社会になった気がします。普通に歩道を歩いているだけで、何気にコンビニで立ち読みしているだけで、思わぬ事故に巻き込まれるなんて、尋常な世の中じゃないでしょ!

どんなに健康管理に努めても、いつどこで惨事に見舞われるか判らない今日、もはや「ご自愛下さい」では不十分な気がします。「くれぐれもご用心下さい」と言うべき時代になったのは、由々しき事態です。

どうか皆様にとって良い一年でありますように!!
May the year 2016 be good to you!!

当ウェブロッジの「トリセツ」(施設案内)はコチラです。

New Year's Renewal on January 1,2016
Relayed to the year-round edition on Feburuary 4,2016

posted by SunHero at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

:::::: ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ ::::::
 ≡New 10th Anniversary Edition (Summer 2015)≡

改めて、“Thank You for Having Celebrated the First Decade after Some Fashion”(どうにかこうにか10周年を迎えられた事に感謝申し上げます)。以下、前回の抜粋ですが、一部改訂した箇所があります。

そして、今回初めて当ロッジにお越し下さった皆様、ご訪問ありがとうございます。お気に召しましたら、ぜひRSSやお気に入りにご登録いただきたく存じます。今後も皆様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

ブログ化10年の歩みと施設案内はコチラです
posted by SunHero at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

:::::: エンタメ ウェブロッジ SunHero 10周年!! ::::::
 Special Issue for the 10th Anniversary on Weblog

ブログの上にも10年という意味のつもりですが、前置詞は“on”でいいのか、“in”にすべきなのか、分かりません。もし“at”だったら、あっと驚くことになりますが、果たして、どれが正解なのでしょうか?少なくとも、例えどんなに巨大な建物であっても、“at”を使うべきであって、「〜〜 In Tokyo Dome」なんていう表記を見ると、なぜかSunHeroが恥ずかしくなってしまいます。

せっかくCheap Trickが素晴らしいライブ盤のタイトルに“At Budokan”と付けて、近年Billy Joelまでがat(後)押ししてくれたというのに、邦人アーティストのライブDVDとかで「〜〜 In ○○スタジアム」なんていうタイトルを目にすると、ホント情けなく思います。日本の音楽業界の衰退も、当然の成り行きに思えて、仕方ありません。

それはさておき・・・・10周年です
posted by SunHero at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 施設案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iconicon ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MARTソニーストア
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム