2017年09月10日

【訃報】 Walter Becker, co-founder of Steely Dan, passed away, aged 67.

今月下旬にBLUE NOTE Jazz Festival in Japanで2日間に渡ってトリを務めることになっているDonald Fagen & the Nightflyers。後から名古屋と大阪での単独公演が発表されて、東京在住を恨みたくなった。Billboard Liveのこけら落しで来日したSteely Danには、躊躇無くタイ米(正=大枚)を叩いたが、流石に今回は新幹線で遠征するよりは、BNJFのS席の方がまだ安い。つまりは、どっちも高額で、チケット代が捻出できない。

あれから10年、全米ツアーは行なっても、一向に来日してくれる気配は無かった。7月にLAとNYで開催された"The Classic"ではSteely Dan名義だったので、今回のソロ・バンド名義での来日は、当初から不思議に思っていた。相方のWalter Beckerは、既にステージに立てる状態では無かったようだ。Steely Danとして出演した"The Classic"も、実態はDonald Fagen & the NightflyersがSteely Danの曲を演奏するものだったようだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

Todd Rundgren: Brand-New Video from Brand-New Album "White Knight"

先々週26作目のオリジナル・アルバムをリリースしたTodd Rundgrenが、先行配信曲"That Could Have Been Me"に続いて、今度は楽曲映像(=Music Video)を公開しました。曲はDaryl Hallと共作・共演している"Chance For Us"です。アルバムの発売元=Cleopatra RecordsのオフィシャルYouTubeにて絶賛(?)公開中です。関連動画には、早くも最新ライブの映像もあります。

ご存じの方はすぐに気が付くと思いますが、Daryl Hallが2007年から始めたWebcast=“Live from Daryl's House”の文字通り「自宅スタジオ」をそのまんま借用したようです。Darylのアドリブがそのまま収録されていたり、Bobbyのサックスが微妙にブレているところから察するに、アルバムのベーシック・トラックとライブ音源を巧みに重ねたもの思われます。



以下、オマケ情報です
posted by SunHero at 03:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

「戦争」がやって来る!?~米西海岸の陽気なファンク・バンドの東京公演迫る


マジでキナ臭い状況になってきましたね。昨年までだったら、北朝鮮のミサイル発射で電車が止まるなんてこと無かったのに、一部の鉄道が緊急避難停車したそうですね。J-ALERT (全国瞬時警報システム)が発令されていなくても、ミサイル発射情報が流れた途端に止まっちゃう。日本中が今、1960年代にアメリカが経験したキューバ危機のような深刻な状況に晒されているという訳です。

今回は、威嚇するどころか、発射に失敗して、ホッとしていますが、某君(暴君)が日本や韓国の米軍基地を攻撃すると公言している以上、予断は許されません。SunHeroの住む東京西部には、横田基地があります。そのほぼ真南には、厚木基地もあります。どうせ狙い通りの攻撃なんて出来っこありません。

でも、裏を返せば、SunHeroが住んでいる一帯に飛んでくる可能性だってあります。日本にも、ファーストじゃなくて、セカンドでもなくて、サード(THAAD)を配備して欲しいと思いませんか?

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 02:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

奇跡のDVD化と今頃知った新譜とPayPal再登録


An Evening With Utopia on DVDKasim Sulton's Third Album [3] on USB
Utopia 奇跡のDVD化(左)とKasim Sulton USB版アルバム(右)

高校生の時に生まれて初めて観に行ったロック・コンサートが、Todd Rundgren's Utopiaの初来日公演でした。ウドー音楽事務所(祝!50周年)との長~い付き合いも、この時、始まりました。あれから、もう40年にもなるんですね。最近だと、キョードー東京が再度招聘したPaul McCartneyのチケットの売れ行きが芳しくないのを尻目に、UDOさんが呼んだSTINGのチケットは、追加公演もステージを真横から眺めるような席しか残っていない。

いえいえ、決してキョードー東京が嫌いな訳ではありません。むしろ、キョードー東京こそ、SunHeroが初めて「外タレ」の来日公演を見に行く手伝いをしてくれた恩社(?)です。今でも家のどこかに、Helen Reddyのチケットがあるはずです。「チケぴ」どころか、情報誌「ぴあ」すら無かった時代ですから、新聞の裏表紙(?)=番組欄を一頁めくった紙面の下段に載る広告が、公演情報を得る最速かつ確実な手段でした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 05:38| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

【訃報】 How can I believe that Valerie Carter passed away?



シンガー・ソングライター&バック・コーラス・シンガーとして、1970年代から活躍していたValerie Carterが亡くなった。現地時間で3月4日だそうだ。2月5日に64歳になったばかりだった。近親者の意向で詳細は明らかにされていないが、噂ではドラッグ中毒による心臓発作らしい。2014年頃には、既に相当体調が悪かったようだ。

たちまち、多くの著名アーティストが、TwitterやFacebook等で弔意を述べた。彼女はバックアップ・シンガーとして、実に沢山の多彩なアーティストと共演していた。いつ頃の写真か分からないが、どこかのレコーディング・スタジオらしき所で、Jackson Browneと一緒に撮った写真を見た。笑みを浮かべては居るが、目は虚ろだった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 06:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

【訃報】 George Michael found dead on Christmas, aged 53.

そんなに熱心なファンじゃないけど、クリスマス明けの訃報には唖然とした。自宅で亡くなっているのが発見されたのは、選りに選ってクリスマスだなんて。若くして見出された非凡な才能は、若さ故に不当な報酬で搾取され、痛手から立ち直れずに、健康を害するほど自暴自棄になっていたと推測される。

21世紀になって日本ではすっかり「過去の人」扱いだったが、2004年に8年振りで発表したアルバム“Patience”(忍耐・我慢)は、母国イギリスをはじめ、ヨーロッパの多くの国でNo.1に輝いた。誰もが再出発の狼煙だと思ったはずだが、その後は薬物使用による逮捕を繰り返し、近年は健康状態に問題を抱えていたようだ。

詳細不明ながら・・・・
posted by SunHero at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

【訃報】 Greg Lake of ex-E.L.P. died after a long stubborn battle against cancer, aged 69.

3月にKeith Emersonが亡くなったばかりだと言うのに、今度はGreg Lakeが癌との闘病の果て、12月7日(日本時間=12月8日)に逝去した。老齢にも拘わらず、今も精力的に世界中をツアーしているRobert Fripp率いるKing Crimsonの初期2枚のアルバムに参加した後、Keith EmersonCarl Palmerと不朽のロック・トリオ=Emerson, Lake & Palmerを結成した。

E.L.P.のライブでは、派手な演奏をするEmersonやPalmerに比べると地味な存在だったが、ベーシスト、ギタリスト、ボーカリストのみならず、プロデューサーとしてトリオを支えた。1980年以降は、離散・集合(変則形態)を繰り返しながら活動を続け、1992年には14年振りで3人が揃ったアルバム“Black Moon”を発表し、約20年振りの来日公演も実現した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

“DAVID BOWIE is” coming to Tokyo early next year!!

DAVID BOWIE 回顧展 東京 2017

生きていれば70歳の誕生日に、いよいよ東京で「David Bowie 回顧展」がスタートする。日程・会場は、来年1月8日~4月9日まで、天王洲の寺田倉庫G1ビルとのことだ。地方巡業の予定は無いので、遠方の方々は連休なり、春休みなり、いざとなったら有給休暇を取って、見に来るしか無いようだ。職場から大して遠くないSunHeroだが、嫌がらせのような残業シフトのため、仕事帰りに夜(正=寄る)ことは出来そうにない。

だが、ロンドンでの開催から2年近く待たされただけあって、「DAVID BOWIE MEETS JAPAN」と題された日本独自展示が追加されるそうだ。メインになるのは、大島渚監督の1983年作品「戦場のメリークリスマス」ということだ。映画の名場面の展示の他に、共演者の撮り下ろしインタビューも上映されるそうだ。回顧展の紹介を兼ねた映画を観ているだけに、通常より高い「ALL TIME 入場券」を買っておいて、いつでも行ける用意だけはしようと思う。

前売券(1/8~1/10分)は既に申し込み受付中です。例によって、チケットぴあが代行販売するため、チケット代の他に各種手数料が加算されるものと思われます。だったら、当日券の方が安い!? 当日販売分があればの話ですけどね。詳細は専用予約サイトでご確認下さい。
posted by SunHero at 09:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

【訃報】 PRINCE Dead at Home in Minneapolis, Aged 57

また訃報だ!2016年という年は、音楽界にとって『喪失の年』ではないだろうか?1月のDavid Bowieに始まって、毎月音楽界のビッグ・ネームが、この世を去っている。今朝のニュースで、Princeが自宅で死亡しているのが発見されたという報道に、我が耳を疑った。死因は解剖結果を待たなければならないようだが、一体57歳の身に何があったのだろうか?

今月初めにはアトランタ公演を体調不良で途中キャンセルし、その後インフルエンザで緊急入院したものの、程なく退院したというニュースに、一安心したばかりだった。1960年代のBeatlesとRolling Stonesのように、1980年代にMichael Jacksonと人気を二分したPrinceだが、何もライバルと同じ50代で逝ってしまう必然なんて無かったはずだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

【訃報】 Keith Emerson of E.L.&P. died before the April shows in Japan.

4月にキース・エマーソン・バンド featuring マーク・ボニーラとして、東京と大阪のBillboard Liveで公演予定だったex-Nice、ex-Emaerson, Lake & Palmerのキース・エマーソンが、現地時間の3月10日カリフォルニア州サンタモニカの自宅で死亡しているのが発見されたそうた。享年71歳。ELPの盟友=カール・パーマーが、ELPのFacebookで公表したそうだ。

SunHeroは、本日午後、Billboard Liveから公演中止のメールが届いて知りました。Mid-50のSunHeroにとっては、洋楽を聴き始めた1970年代に感銘を受けたアーティスト達が、今年に入ってから次々にこの世を去って行くので、とてもやりきれない気持ちです。何しろ、最近の「洋楽ニュース」といえば、訃報ばかりなんですから。

それにしても、今回の訃報には、愕然としました。地元警察の発表では、頭部に銃で撃たれた跡があり、自殺の可能性もあるとの見方だからだ。4月の来日公演を前に、一体彼に何があったのだろうか?徒に勘繰るよりも、静かに冥福を祈りながら、真相が明らかになるのを待つことにした。

<Keith Emerson & Marc Bonilla - EL&P Medley
 October 17, 2008 Japanese TV Show>

posted by SunHero at 17:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)