2018年01月26日

Top 20 MUSIC ALBUMs 2017 (SunHero's Entertainment Ranking Pt.5)

SunHeroのエンタメ生活を振り返る恒例の年間ランキングも、「アルバム部門」の発表をもって終わります。

"Original" と "Compilation" + "Re-Issue" の2つの部門に分けてきましたが、2012年以来の統合ランキングにしました。年々線引きが難しくなってきたのは、以前から言い訳のように述べてきました。線引きを止めてしまうと、相対的に "Compilation" + "Re-Issue" のランクインが減って、買い過ぎを反省するという裏テーマが反映されなくなります。その代わり、ランキングの選考は早くなりました。

2012年は、音楽アルバムにすら限定しなかったため、映像商品もランクインするという結果になりました。映像作品を昔ほど買わなくなったからです。単独ではランキングとして成立しなくなりましたが、「君の名は。」のケースは「爆買い部門」で反省しました。その分、より一層SunHeroのお気に入り度が反映されたと思います。チョット遊び心を加味しましたが、それが不快に感じられましたらゴメンナサイ。

ランキングの発表です!
posted by SunHero at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

Top 5 SONGs 2017 (SunHero's Entertainment Ranking Pt.4)

SunHeroのエンタメ生活を振り返る恒例の年間ランキング、続いては「楽曲部門」を発表します。

前回、突如復活した部門ですが、本来「楽曲」こそが音楽を聞く楽しみの基本単位なのに、しばらく「なおざり」になっていました。しかも、いざ復活してみれば、少々人を食ったようなランキングでしたよね。「楽曲」の質以上に、インターネットの時代らしい拡散の仕方や、それをマスコミが後追い報道する様子など、音楽業界の既存販売システムの隙間を突いたヒットの仕方が面白かった。

2017年は、その傾向がさらに浸透・多様化したように思う。最も象徴的な例が、荻野目洋子のダンシング・ヒーローだ。32年振りのリバイバル・ヒットの火付け役は、皆さんもご存じの通り、大阪府立登美丘高校ダンス部だ。この曲を使用した「バブリー・ダンス」の動画が、YouTubeに投稿されたのは7月だそうだ。折しも、同曲を出囃子に使用したネタで注目されるようになった平野ノラが、動画をそこら中で話題にしたおかげで、ついに9月25日付けのBillboard Japan Hot 100総合シングルチャートで、46位にランクインした。

一番出遅れたのは、レコード会社じゃないだろうか?同曲ばかり15バージョンが収められたダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブスという企画シングルは、12月20日にビクターエンターテイメントから発売された。1970年代のディスコ・ブームに代わって台頭しつつあったユーロビートを、いち早く歌謡界に取り込んで、アイドル乱立時代に荻野目洋子が注目を浴びるきっかけになった。

それはさておき、ランキングの発表です!
posted by SunHero at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

Top 5 ARTISTs of Bulk Buying 2017 (SunHero's Entertainment Ranking Pt.3)

SunHeroのエンタメ生活を猛省する恒例の年間ランキング、続いては「爆買い部門」を発表します。今回は「ARTISTs」では不適切なランキングになりました。予めご承知おき願います。

どういうことかと言えば、大抵特定のアーティストの再発CDをまとめて買い直した結果になるのですが、2017年は某アニメのBlu-ray・DVD発売という伏兵がいました。4つのエディションを全部買うつもりは無かったのですが、販売店毎に異なる特典に釣られて、映像作品がまさかのランクインとなりました。

それこそが、昨年後半の財政難の原因となりました。その意味では、金額ベースのランキングにすべきなのでしょうが、例年通り枚数ベースにしました。実際、金額ベースと枚数ベースで、これほどランキングが異なってしまうのも、多分初めてです。

ランキングの発表です!
posted by SunHero at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

Top 5 CONCERTs 2017 (SunHero's Entertainment Ranking Pt.2)

SunHeroのエンタメ生活を振り返る恒例の年間ランキング、続いては「コンサート部門」を発表します。

2017年は、年初からお気に入りの海外アーティストが次々に来日しましたが、最も安い席のチケット代ですら一万円超えが当たり前になってしまい、全て知らなかったことにしました。既に、レポート済みのように、唯一観に行った海外アーティストは一組だけでした。

昨年後半の財政難は、この部門にも暗い影を落とし、最終的に8アーティスト・9公演に留まりました。往年の暴走はすっかり影を潜め、二年連続で年間12本という目標を達成しました。にも拘わらず、ライブ・レポートは滞りがちですが、今後バックデートしてでも、取り上げて行きたいと思っています。

ランキングの発表です!
posted by SunHero at 00:04| 東京 🌁| Comment(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

Top 10 MOTION PICTUREs 2017 (SunHero's Entertainment Ranking Pt.1)

SunHeroのエンタメ生活を振り返る恒例の年間ランキングは、「映画部門」からスタートします。

2017年に見た映画は、実質26本でした。2016年から一気に激減しました。au離脱の影響で、TOHOシネマズのauマンデイが利用できなくなったら、この有り様です。必然的に「6本観ると1本無料」の特典も、付与される機会は減りました。負のスパイラルに陥った結果と言えます。

そこで、2017年のランキングは、Top10までの発表に留めます。紹介済みの作品は、リンク先の感想文をご覧下さい。未紹介の作品は、今後バックデートして取り上げるかもしれません。もちろん、リクエストがあれば、優先的に頑張ります。

ランキングの発表です!
ラベル:映画部門 2017年
posted by SunHero at 03:04| 東京 ☀| Comment(2) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

SunHero's Entertainment Awards 2017

年を跨いで2週間余りも風邪を引いてしまったせいで、諸々の予定が狂ってしまいました。特に年賀状については、年始早々のご無礼どうかご容赦下さい。

さて、SunHeroのエンタメ生活を振り返る恒例の年間表彰も、大方は決まっていましたが、風邪の巻き添えで発表が遅くなってしまいました。多分、誰も楽しみに待っていなかったと思いますが、メゲずに発表します。もちろん、その後には年間ランキングも予定しています。

年間表彰の発表です!
ラベル:表彰部門 2017年
posted by SunHero at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

≡≡ Top 10 ORIGINAL ALBUMs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.7)

SunHeroの2016年エンタメ生活を振り返る(=反省する!?)年間ランキングも、ようやく最後の部門の発表となりました。例年締め括りを飾っている〔オリジナル・アルバム部門〕です。2010年代に入れば、再発盤の購入も落着して、興味のベクトルが新作に向かうと思っていたのですが、昨年はとうとうPt.6の対象作品数を下回ってしまうという、由々しき事態になりました。

どうやら〔楽曲部門〕の突然の復活と無関係では無いようです。ピコ太郎やRADIO FISHのように、単発の楽曲がヒットしたからと言って、後からアルバムの体裁にする必然性は無いからです。結果的にCDを購入したピコ太郎は、あの国際的なヒットが偶発的な事象だったことを証明したに過ぎません。要するに、墓穴を掘った訳です。そんなCDを買ってしまったSunHeroは、ただの物好きだった。

言い訳はこのくらいにして、ランキングを発表します
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

≡≡ Top 10 RE-ISSUEs & COMPILATIONs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.6)

Pt.3の〔爆買い部門〕で氷山の一角をお目にかけましたが、アレを別の観点から分析したのが、〔再発盤と編集盤の部門〕です。こちらも、長年欲しかったアレやコレが手に入って、ウキウキ(ウェイク・ミー・アップ)なランキングになりました。近年、CD化は絶望的だと思っていた作品が、次々に復刻されて、長生きしてみのもんた(=みるもんだ)と、しみじみと感慨に耽っております。

今年も早速その手の再発があるので、既に関係各方面を十分リサーチして、発注済です。それにしても、最近は、韓国のBig Pinkなるレーベルの動向から目が離せません。日本のその手のレーベルが、2010年代に入って、どこも鳴りを潜めてしまったのが、気掛かりではありますが、芽瑠璃堂を運営するクリンク・レコードは、まだまだ頑張ってくれています。

前置きはこれくらいにして、ランキングを発表します
posted by SunHero at 03:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

≡≡ Top 20 MOTION PICTUREs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.5)

昨年観た映画は46本。一昨年に続いて再鑑賞した作品が1本。従って、ランキングの候補は45本。ランキングは総数の半分以内に収めるという独自要件があるため、一昨年同様Top20としました。この絞り込みが悩みどころで、発表がこんなに遅くなってしまったという訳です、

もはや冷静に順位を決められる状態ではないので、以前どこかでイチ推ししていた作品が、まさかの低順位だったりします。一本筋の通った基準で選考できれば良かったのですが、色んな観点から総合的に決めようとして、グチャグチャになってしまいました。限が無いので、〔映画部門〕のランキングは、以下の通りで確定とします。

大ヒット=上位とは限らないのが、SunHeroらしいかも?
posted by SunHero at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(7) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

≡≡ Top 3 STAGE PLAYs 2016 ≡≡ SunHero's Entertainment Ranking (Pt.4) 

昨年は激減したコンサートに代って、舞台演劇を6本観た。一昨年は「AZUMI~幕末編~」だけだったから、一気に6倍になった。すなわち、初めて年間ランキングの要件を満たしたので、〔演劇部門〕を新設した。普段、テレビや映画館で間接的に観るのと違って、目の前のステージで生身の役者が演技している姿は、やっぱり迫力が違う。

明らかにつまらなかった作品も1本あったが、本当に観たかった組み合わせではなかったので、「本命のチケットが取れなかったら、素直に諦めろ!」というイイ教訓になった。一方、他の5作品は、ダントツ1位を除いては、順位に苦慮するほど、それぞれに面白かった。

何はともあれ、ランキングを発表します
posted by SunHero at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)