【富士通】FMシリーズ35年記念キャンペーン ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

2016年04月02日

安藤裕子 - 頂き物 (March 2016)

iconiconiconicon
安藤裕子って最近人気が下降線を辿っているのだろうか?様々なミュージック・クリエーターとコラボした意欲作「頂き物」iconは、初回限定盤が二本の組紐で封をした箱入り仕様という懲り様だが、リリースに合わせた「安藤裕子 Live 2016『頂き物』」は大阪と東京で各1回きりだ。コンサートこそCDの売上を伸ばす最も有効な手段だと思っていたが、チケットの先行予約で2次受付だけでなく、一般発売直前にも「先着先行受付」という、実質3次受付に相当する予約販売が実施された。

コンサートの集客が芳しくないということは、新譜に対する世間の関心も薄いということに他ならない。妊娠中にアコースティック・ライブを強行して、母子共に危険な状態になって、ツアーが頓挫してしまったことが、ライブ離れのキッカケになったのは明らかだ。恐らく妊娠が判明した時には、ツアー日程が決っていたのだろうが、シングル・マザーとしてひっそり出産するつもりだったのか、未だに父親が誰なのか明かしていない。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 08:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

原田知世 - 恋愛小説 (March 2015)

フォー・ライフ・レコードを離れてからの原田知世は、アルバムを発表する度にレーベルが変わり、メジャーとインディーを行き来していた。2009年にEMIミュージックからアイスランド録音の“enja”を発表したと思ったら、2014年の“noon moon”は坂本龍一とエイベックスが設立したcommons(コモンズ)から出た。あれから一年と経たないうちに出た本作は、ユニバーサルからのリリースとなった。

だが、そんなことは音楽制作には全く悪影響など無くて、次々に一本筋の通った秀作を発表してきた。それもこれも、伊藤ゴローが連作でプロデュースしてきたからに他ならない。さらには、原田知世自身が築いてきた人脈から、折々に楽曲提供を受けてきたから、凡作が出来る訳が無い。モチロン、自分でも作詞するし、時には作曲までこなしてしまう。しかも、最近は悪女を演じるなど、女優業も幅を広げている。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

BoA - WHO'S BACK? (September 2014)

WHO'S BACK? (CD+DVD)WHO'S BACK? (CD Only)

こんなに待ち侘びたアルバムは、今までになかった。特にネット通販がスッカリ当たり前となった21世紀になって、新譜はネットで予約して、後は寝て待つのが日常となった。むしろ、新譜や在庫切れの既発盤と一緒に注文することで、在庫品の発送をわざと遅らせていたほどだ。だが、今回は発売日になっても届かないことに苛立った。最安店を探す余り、注文するショップを誤ったと後悔した。

これほどまでにせっかちになった理由は至極単純だ。4年振りのライブまでの予習期間が十分ではなかったから。しかも、予習の仕方も下手だった。既発シングル曲は大体分るんだから、純然たる新曲だけ集中的に聞けば良かったのに、家でも車中でもアルバム丸ごと再生だった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

原田知世 - noon moon (May 2014)

noon moon/原田知世ここ数年、TVと言えば、NHKのドラマばかりに出演している原田知世。昨年末に離婚したと思ったら、1億円横領しちゃう主婦という初悪役に挑戦。そのせいか、5年振りのアルバム”noon moon”を聞いて、言い様のない安堵感に包まれた。ちょっと控えめなサウンドだが、不思議な華やかさが感じられた。渋滞に苛立つ気持ちを和ませてくれそうな優しい音楽だったので、早速カーナビに転送した。

フォー・ライフを離れてからは、アルバム毎にレーベルが変わるという状況にもかかわらず、どのアルバムも秀作ばかりだった。坂本龍一がAVEXと設立したCOMMONSへの移籍を契機に、せめて次作も同じレーベルからリリースされることを、お節介だとは分っていても、ついつい願ってしまう。だって、EMIミュージックからリリースされた前作”eyja”は、わざわざアイスランドまでレコーディングに行っている。大手だったからこそ可能だったと言わざるを得ないだろう。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

角松敏生 - THE MOMENT (March 2014)

THE MOMENT (Blu-spec CD 2)/角松敏生オリジナル・アルバムとしては“Citylights Dandy”以来の3年7ヶ月振りとなる“THE MOMENT”がリリースされた。「解凍」後の角松敏生は、トレードマークの都会的なポップスに加えて、日本の祭事に題材を求めたり、映画のサウンドトラックを手掛けたりと、意欲的に新たな分野に取り組んできた。今作は謂わばその集大成的なアルバムと言えよう。

その特徴は、組曲の要素を取り入れながらも、サウンドのベースはあくまでもシティ・ポップスというものだ。自ら「プログレッシブ・ポップ」と呼ぶサウンドは、プログレッシブ・ロックのように緻密でダイナミックな楽器演奏パートが心地好い。時に神秘的だったり、都会の夜を彩るような小粋さがあったり、木立を抜けると突然眼前に白い砂浜と青く澄んだ海が広がるような解放感があったり、一曲の中に多彩な音楽性がブレンドされている。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」-MUSIC BOX- (December 2013)

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」~MUSIC BOX~2月に入っても、まだまだ上映館のある「カノジョは嘘を愛しすぎてる」、結構好評なようですね。映画の方は紹介済みですが、一時的に品切れだった映画の挿入歌を集めた方のCDを、ようやく手に入れました。それも、初回限定盤を謳っていたDVD付の方です。今回ばかりは「追加プレス、万歳exclamation×2」ですね。

映画の中でバンド・メンバーはレコーディングでは楽器を演奏していないことが公然の秘密として描かれていましたが、それを地で行くようなアルバムでした。歌以外はプロのミュージシャンが演奏していて、映画の音楽を担当した亀田誠治が、プロデュースはもとより、全曲の作詞作曲に関与しています。もちろん承知の上で買った訳ですから、とやかく言うつもりは毛頭ありません。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

[18歳未満お断り?] RIO - DA YA THINK I'M SEXY? (December 2013)

【Amazon.co.jp限定】オリジナル生写真A付 アイム・セクシー~Da Ya Think I'm Sexy?~【初回限定盤A】【Amazon.co.jp限定】オリジナル生写真B付 アイム・セクシー~Da Ya Think I'm Sexy?~【初回限定盤B】アイム・セクシー~Da Ya Think I'm Sexy?~【通常盤】
初回限定盤A        初回限定盤B        通常盤

洋楽ハード・ロック・ファンの方、DIOではなくて、RIOです。Adult Videoファンの方には、今更説明不要ですよね?調べてみたら、AV女優の歌手デビューは幾つか先例があるようですが、RIOも満を持しての歌手デビューとのことです。SunHeroが珍しくAV女優のCDを紹介するのは、デビュー曲に選んだ曲に興味を持ったからです。(というか、昨年末にお節介なアマゾンが、SunHeroさんにお勧めのCDとして教えてくれるまで知りませんでしたけどね。)

そうは言っても、やっぱりSunHeroも男ですから、音だけじゃ満足しません。ちょっぴりおバカな期待をして、初回限定盤Aと初回限定盤Bの両方とも買ってしまいました。少なくとも、動画コンテンツに関しては、両方買わないと3曲全部のミュージック・ビデオが揃いません。CDに関しては、念のため両方とも聞いてみましたが、全く同じ内容みたいです。実は、CDオンリーの通常盤が一番凄かったりして!?(何が?

あくまでも音楽の話ですよ!
posted by SunHero at 23:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iconicon ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MARTソニーストア
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム