TOMOO - Two New Streams Available on Valentine's Day(Amazon Music & Spotify 対応)

雪が積もって家から出られなくなったり、寒暖差が激しくて栄養ドリンクを飲んでもダル重だったり・・・・2月ってひたすら寒い月だと思っていたんですが、考えを改めないといけないのかもしれません。 更新が遅れた言い訳はこのくらいにして、本題・本題!去るバレンタインデーに、TOMOOさんの新曲が配信開始になりました👏それも一度に二曲も!

続きを読む

TOMOO - TWO MOON [2023 Japan](Amazon Music & Spotify 対応)

先日紹介したTOMOOさんのメジャー・ファースト・アルバム「Two Moon」です。全13曲 52分というボリュームですが、配信シングルで既発表の曲が10曲もあります。よくあるリミックスとかオーバーダブとか新録ボーカルといった、所謂アルバム・バージョンらしきものもありません。やっとCDと言う形で全部聞けるんですから、徒に弄らなくて正解です。 それでも、チョッピリ不満なのは、「酔ひもせず」の…

続きを読む

adieuからEIKOへ[a.k.a. 上白石萌歌](Amazon Music & Spotify 対応)

映画「ナラタージュ」の主題歌「ナラージュ」で、謎の歌手として登場して以来、ミニアルバム3作をadieu名義でリリースした上白石萌歌。いつかは本名で楽曲発表をするのか?と思っていたら、今度の歌手名は EIKO だって。ドラマ「パリピ孔明」で演じた月見英子なんですね。 不覚にもドラマをちゃんと見ていなかったので、EIKOが沢山の劇中歌を歌っていたのには驚きました。ドラマのために書き下ろされた曲…

続きを読む

BoA - The Greatest (May 2022)[Spotify & Amazon Music]

  It was 21 years ago today.という古い曲の冒頭の一節をもじったタイトルで始めるつもりだった。BoAの日本デビュー20周年記念アルバム“The Greatest”の発売日=5月30日に合せて、アップロードするつもりで準備していたからだ。そのためという訳では無いが、前日にわざわざ代々木まで出掛けて、CDをフライング・ゲットした。 月曜日発売というのは、業界の慣習か…

続きを読む

A Brief Chronicle of 集団行動 (Spotify & Amazon Music)

   相対性理論という日本のバンドを覚えているだろうか?第1回CDショップ大賞(2009年)で見事大賞に輝いて、一気に人気が出たバンドだ。中でも、紅一点のやくしまるえつこの音楽に留まらない創作活動に、著名なミュージシャンや芸術家・作家が惚れ込んで、多彩なコラボレーションが生まれた。 ただ、肝心の音楽の方は、バンド活動がやくしまるえつこのソロ活動へと昇華していくと、当初持っていた言葉選びの…

続きを読む

Mondo Grosso - Big World (February 2022) [Spotify & Amazon Music]

モンドと言えば、モンド・セレクション?中村主水?アーモンド?・・・・全部、違います。2017年、突如14年振りの新作を発表した大沢伸一のプロジェクト=Mondo Grossoのことです。2018年のスピンオフ的な作品の後、また10年以上待たされるのかと思ったら、その半分も待つこと無く新作がリリースされました。 タイトルは“Big World”。イタリア語のMondo Grossoを英語に訳…

続きを読む

レミ街 - フェネスティカ / 裏フェネスティカ (July 2015) [Amazon Music & Spotify 対応]

リリースから、もう6年も経ってしまいました。余りにも寡作なアーティストなので、セカンド・アルバム「MusicaMusica」を紹介してからだと、ナント11年も経ってしまいました。そして、公式ブログを見ても、未だに4作目がリリースされる気配はありません。メルマガが届く訳でもなく、流石にこれでは今頃本作の存在を知っても、お菓子食わない(おかしくはない)でしょ?それとも、お菓子食う?? ・・・・…

続きを読む

上白石萌音 - あの歌 -1&2- (June 2021) ~本家プレイリスト(Spotify)付き~

   あの歌 特別盤 -1と2- (2CD+DVD+写真集) [ 上白石萌音 ]楽天で購入6月に相次いで発売された上白石姉妹の新作。早速、Amazon MusicやSpotifyでも配信開始になったので、お気に入りに登録して独り悦に入ってました。オジサン的には、2枚同時発売の姉・萌音さんより、EP仕様(日本では「ミニアルバム」が一般的ですね)の妹・萌歌さんの方が、圧倒的にヘビロテでした。 …

続きを読む

上白石萌音 - note (August 2020) ~SunHero's Playlist from Amazon Music

今だから明かせる事ですが、当初SunHeroは「君の名は。」の三葉は、上白石萌歌さんだと勘違いしていました。姉妹で萌音と萌歌だなんて、紛らわしいじゃないですか!しかも、当たり前ですが、上白石なんて珍しい姓だし。これが広瀬とかだったら、ましてや如何にも芸名ですと言わんばかりのアリスとすずなら、混同しなかったと思います。 どうしてこうなったのか?自分なりに分析したところ、答えは簡単でした。姉・…

続きを読む

MONDO GROSSO - Attune / Detune (March 2018)

昨年6月にMONDO GROSSO名義で14年振りの新作をリリースしたばかりだが、如何にもクラブ・ミュージックらしいアプローチのスピンオフ作品が登場した。かつて浜崎あゆみがニュー・アルバムを出す度に、クラブDJ達によるリミックス・アルバムがリリースされたことがあったが、そうしたパターンを踏襲した感じだ。こういう作品をすんなり受け入れられるのが、ディープなクラブ・ミュージック・ファンなのだろう。 …

続きを読む

BoA - 私このままでいいのかな (February 2018)

CD+DVD(MV)盤   CD+DVD(Live)盤     CD通常盤  韓国で13歳でデビューしたBoAも、31歳になっていた。ほぼ3年半振りのアルバムは、「私このままでいいのかな」という前例の無い異色のタイトルだ。内容はアラサー女子の揺れ動く気持ちを歌ったものだが、精神的には女性の方が逞しいのか、BoAの歌唱表現の成せる技なのか、前作同様、前向き感が強く漂う。 例によって、D…

続きを読む

山下達郎 - COME ALONG 3 (August 2017)

ナント33年振りの第三弾の登場である。このニュースに驚きと共に歓喜した人達は、若く見積もっても40代以降だろう。前二作が当時のRCA/ビクターの”Air Records”レーベル(現・ソニー・ミュージック・エンタテインメント傘下のAriola Japanレーベル)からの発売だったが、今作は山下達郎が1983年リリースのアルバム“Melodies”以降、30年以上所属する(現・)ワーナー・ミュージ…

続きを読む

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング