デヴィッド・ボウイ・イズ [Davis Bowie is] (2013 UK)

現在世界巡業中の『デヴィッド・ボウイ回顧展』、日本に来るのは来春になるそうだ。その単なる宣伝動画にしては長すぎるので、恐らく元々は回顧展を切り口に、デヴィッド・ボウイの偉業を復習するドキュメンタリー番組として制作されたのだろう。本編98分ということは、CM込みで2時間枠の番組と思われるからだ。NHKがよく好んで制作するようなタイプの番組だ。 撮影は、ヴィクトリア&アルバート博物館(通称…

続きを読んでみる?

007 スペクター [Spectre] (2015 USA)

歴代ジェームズ・ボンド役の中でも評判の芳しくないダニエル・クレイグだが、ついに前任者=ピアース・ブロスナンと並び、「007シリーズ」4度目の主演となった。クレイグ起用後のシリーズは作風が一変し、一話完結というスタイルを止め、元々の原作者である故イアン・フレミングですら描かなかった、ジェームズ・ボンドの生い立ちにスポットを当てた。いくら評判が悪くても、主役の途中交代は有り得なかったという訳だ。 …

続きを読んでみる?

ラスト・ナイツ [Last Knights] (2015 USA PG12)

紀里谷和明は2作の長編映画で、非難レベルの批判を浴びて、もう懲りたのかと思っていた。そしたら、3度目の正直は、何とハリウッド監督デビューだった。確かに、型破りな作風は、外国人から見た日本感が漂っていただけあって、総スカンを食らった日本に見切りを付けて、辿り着いた先がハリウッドだったのは、当然だったのかもしれない。実際、中学生の時に単身渡米しただけあって、ハリウッド流の映画制作の方が性に合っている…

続きを読んでみる?

キングスマン [Kingsman: The Secret Service] (2014 UK R15+)

結構残虐なシーンをアッサリと見せてしまうせいか、R15指定になってしまったが、華麗なる英国紳士のスパイ映画の誕生だ。年末に「スター・ウォーズ」と真っ向勝負に出た「007」シリーズ最新作が、かつての宿敵スペクターを復活させて、いよいよネタ切れか?と思わせる中、ジェームズ・ボンドに引導を渡すような作品だ。 重厚感の増す「007」に対して、英国流のユーモアで残虐なシーンもコメディー仕立て。英国ら…

続きを読んでみる?

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション<br /> [Mission: Impossible - Rogue Nation] (2015 USA)

どうやらSunHeroは、新時代の「スパイ大作戦」にすっかりハマってしまったようだ。前作から4年、特にTom Cruiseファンという訳では無いから、彼がロック・スターを演じた「ロック・オブ・エイジズ」や、無差別銃撃事件の背景にあるアメリカの闇を描いた「アウトロー」は見に行かなかった。だが、SF作品の「オブリビオン」と「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、以前に取り上げた通りだ。そして、ようや…

続きを読んでみる?

トゥモローランド [Tomorrowland] (2015 USA)

当たり前の話だが、ディズニーランドにはアニメや映画をモチーフにしたアトラクションが沢山ある。逆に、21世紀になると、ディズニーランドのアトラクションをモチーフにした映画が、次々に制作されるようになった。 2002年の『カントリーベア・シアター』(⇒「カントリー・ベアーズ」)を皮切りに、『カリブの海賊』(⇒「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)、『ホーンテッドマンション』と立て続けに公開…

続きを読んでみる?

チャッピー [Chappie] (2015 USA PG12)

「第9地区」で鮮烈な監督デビューを飾ったニール・ブロンカンプの最新作は、再び母国=南アフリカを舞台に、「A.I.」(Artificial Intelligence=人工知能)の未来を斬新な発想で映像化した。デビュー作は事前にグロテスクな姿のエイリアンを見てしまったため、大絶賛にもかかわらず見なかったが、続く「エリジウム」を見て、従来のハリウッド産には無かった感性に興味を持った。 そして、本…

続きを読んでみる?

ワイルド・スピード~SKY MISSION [Fast & Furious 7] (2015 USA)

「ワイルド・スピード」(Fast & Furious)シリーズは、2001年に第一作が公開され、本作で7作目となる人気カー・アクション映画なんですね。派手なカー・チェイスなら、それが目当てで無くても、色々な映画で見てきたので、今までこのシリーズに興味を抱くことも無かった。 たまたま「アバター」の女性操縦士役で初めて知ったMichelle Rodriguezが出演していると知って、前作「EU…

続きを読んでみる?

イントゥ・ザ・ウッズ [Into The Woods] (2014 USA)

ディズニー映画と言うことで、予備知識ナシで観に行ったら、余り子供向きではないダークなストーリーに、当惑した人も少なくないのではないだろうか?アメリカ・ミュージカル界の重鎮=Stephen Sondheimが作詞作曲を手がけた1987年初演のブロードウェイ・ミュージカルの映画化だ。選りに選ってディズニーが映画化したから、勝手な期待をした日本人が多かったのだろう。 元ネタが「ジャックと豆の木」…

続きを読んでみる?

小さな恋のメロディ~新・午前十時の映画会 [Melody] (1971 UK PG12)

「ダウンタウン物語」で監督デビューしたAlan Parkerが、初めて映画に関わった作品がマーク・レスター&トレイシー・ハイド主演の「小さな恋のメロディ」だ。本作では原作・脚本を担当しているだけだが、時々初監督作品と紹介しているサイトがある。本作の監督は、Waris Husseinというインド人だ。主にイギリスのTV界で活躍していたようで、映画は本作のみだ。実は10年くらい前にDVDを買って…

続きを読んでみる?

ジュピター [Jupiter Ascending] (2015 USA)

音楽好きなSunHeroは、「ジュピター」と聞けば、イギリスの作曲家=グスターヴ・ホルスト(Gustav Holst)の組曲『惑星』(The Planets)の四番目『木星』(Jupiter)が、真っ先に思い浮かぶ・・・・というのはウソだ。Earth, Surf & Ecologyじゃなくて、Earth, Wind & Fireの1977年のアルバム“All 'n' All”(邦題:太陽神)の収…

続きを読んでみる?

西遊記~はじまりのはじまり~ [西遊 降魔篇] (2013中国)

日本公開が昨年11月21日だったので、今や地方の単館上映でしか見られない。でも、面白かった映画は紹介しておくのが、エンタメ・ウェブロッジの流儀なので、敢えて映像ソフトが発売されるまでの端境期に取り上げておきます。ホント中途半端な時期だけど、映画の副題「はじまりのはじまり」もチャウやんけという感じなので、スー・チーに免じて(笑)感想を述べます。 中国のみならず日本でもよく知られた伝奇小説「西…

続きを読んでみる?

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング