ICE - 30th Anniversary Live 『Thank you』@EX Theater Roppongi, March 17, 2024

ICE_portrait.jpg

昨年4月に始まった ICE の30周年記念イベントは、このライブを以て、ついに完遂した。TOKYO FMの公開録音でタダで見た ICE が、生前最初で最後の宮内アニキになるとは思わなかった。

その後、国岡真由美嬢が活動を再開したと聞いても、何となく気乗りがしなかった。だが、30周年を記念して、正式に ICE として、ライブを行なうと知って、俄然行ってみたいと思った。

ところが、最初は、元ミニシアターの渋谷WWWでの一夜限りのライブだった。SOWELUのライブで一度だけ訪れたことがあるが、スタンディングで300名くらいの小さい箱だった。

当然、Sellout!7月に、渋谷 Club Quattro と 大阪 Music Club JANUS で、追加公演が行なわれた。正式に ICE と名乗ることへの反響を、見誤ったとしか思えない。いずれも、爺さんには厳しい会場だった。😞

その間、旧譜の再発や様々なコンピレーション・配信が、企画・発売された。デビュー時のレコード会社と移籍後のレコード会社が、EMIグループの世界的な再編で、ユニバーサル・ミュージックに統合されたおかげだ。旧譜はともかく、未発表曲集とか、新たなベスト盤とか、サブスクで聞いた。

プロモーションを兼ねて、もう一回ライブをやらないかな?と思っていたら、本当に実現した。今回はローチケのプレリクを利用した。当選したのは良かったが、所詮はローチケ。B3Fのアリーナから、なだらかに続く後方席=B2Fのバルコニー席だった。

予想を上回る集客力に、今回はプロモーターも強気で、S席=11,500円だった。(注:渋谷WWWは9,500円だったそうです。) 昨年の谷村有美の時に不満を漏らしたワン・ドリンクだが、今や600円が相場らしい。ただし、キャッシュレス決済もOKだったので、小銭入れを忘れたけれど、大丈夫だった。

会場内では、CDやグッズの販売も行なわれていたが、なぜかグッズだけは Cash Only だった。何でやねん!!👊💥

サッサと階下へ下りて、ドリンク・カウンターで飲み物と引き換えた。珍しく、ホットドッグが売り切れていなかったので、小腹を満たしておこうと購入した。以前より美味しくなった?単に空腹だっただけ?

しかも、ジントニックが、思い掛けずジンと来た。やっぱ、モスコミュールにしとけば良かった?その手のワン・ドリンクで酔ったことなんて・・・・後で確認したら、EX Theater Roppongi は6年振りでした。どうも Tokyo Dome City Hall と勘違いしちゃんだよな。

幸い、着席して開演を待っていたら、酔いが覚めて、演奏が始まったら、怒濤の音楽の洪水に溺れてしまった。

事前に近年リリースのコンピを聞き捲っていたのに、何だか馴染みの薄い曲ばかり。周りの観客は、イントロだけで歓声を上げたり、拳を振り上げたり・・・・SunHeroは戸惑うばかり。本当は、まだ酔っていたのか?否、新曲 "Flyin' High" は、すぐ分ったぞ!コアなファンの皆様には、敬意を表します

それから、どなたか、セットリスト情報をお寄せ頂けませんか?渋谷WWWのセットリストは、ありこちで見つけましたが、30周年を締め括るライブのレポートが見つかりません。判り次第、増補改訂します。

さて、バンド・メンバーは豪華でした。谷村有美もお世話になったことがある山下政人さんは、途中で息子さんが代わりにドラムを叩く場面があって、時の流れを実感させられました。Percussion の大石真理恵さんは、畠山美由紀さんのライブで、コーラスも担当されていましたね。

終盤に田中義人さんが加わって、更に白熱した演奏を繰り広げてくれました。CDでは洒落たグルーブを聴かせるグループだが、ライブは別物のようだった。

アンコールでは、背後のスクリーンに生前の宮内アニキの演奏する姿が映し出されて、見事に編集された動画とシンクロした生演奏が展開された。これでもかと続くアニキのギター・ソロに、思わずメンバーも「いや~、長かったねぇ~」とか、「こんなに長かったっけ?」と音を上げる始末。

観客も雄叫びを上げたり、思わず立ち上がったり・・・・SunHeroはただただ圧倒されるばかりで、固唾を呑んで見守るしか無かった。これこそ、ライブの醍醐味だ。心地よい火照りを冷ましながら、六本木駅へ向かった。

::::: ICE 30th Anniversary Band :::::
国岡真由美 - Vocals
山下政人 & 航生 - Drums
小川真司 - Bass
崩場将夫 - Keyboards
田口慎二 - Guitar
大石真理恵 - Percussion
柴田章子 - Chorus
鈴木精華 - Chorus
<Guest Appearance>
田中義人 - Guitar
≪Miraculous Collaboration≫
宮内和之 - Guitar on screen from the archive video


求む!セットリスト&公演情報!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング