SunHero史上最小ライブ会場=立川サロンスタジオFIX 訪問記

tachikawa_salon-studiofix(inside).jpg

昨年の(谷村有美の)クリコン以来、にわか追っ掛け状態となった和音さん。まだ本業(?)の新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団(BGMフィル)での雄姿は拝見していないが、とりあえずナリキヨトリオで活躍する姿を目の当たりにすることができた。

終演後、競演のBGMフィルのトリオ・ダンシュと共に、客席へ出てきて、顔馴染みの観客と談笑していた。挨拶くらいはすれば良かったかなと、後ろ髪を引かれつつも、出入口で入場時に受付を担当し、終演後はCD販売の売り子をしていた女性に、軽く会釈をして会場を後にした。

後先も考えずにネット予約をしたまでは良かったが、当日開場するまで気が気でなかった。ささやかな抗議の意味もあって無視した次第。とにかく、何もかもが不案内で、不安を募らせるばかりだった。

NJBP_SquarePay_NarikiyoTrio_tachikawa_Feb25-2024.jpgまず、ぴあ、イープラス、ローチケ、CNのいずれでもないSquare K.K.が運営する予約(決済)サイトで、いわゆるミュージック・チャージを払った。その後届いたものと言えば、「レシート」と題された支払完了メールだけ。

住所・氏名を入力させる仕組みだったので、普通郵便でチケットが送られてくるのかと思ったが、待てど暮らせど何も届かない。流石に心配になって、一週間前にオフィシャルサイトに掲載されていたアドレスへ問い合わせたが、それすら梨の礫だった。

あのオフィシャルサイト、更新が昨年で止まっているようだ。Xや Instagram では、ライブの告知が更新されていた。イマドキの若い世代には、その方が情報が伝わりやすいのかもしれない。だからって、何の説明もなく放置ってぇ~のは、折角興味を持ってくれた人の反感を買うだけやろ?

「レシート」メールだって、入場時の整理番号らしきモノの記載はない。カード会社の承認番号だけだ。問合先の住所・電話番号・メールアドレス・URLなど、一切無い。Xも Instagram もアカウントを持っていないので、関連投稿を閲覧することもままならない。

当日会場に行ってみたら・・・・そんなイベントはありません!だったら、どうしよう?・・・・それって、ひょっとして詐欺?鷺だとしても、飛んで行ってしまう?こんな事態でも、つまらないギャグが浮かぶSunHeroって・・・・なんだかなぁ~('_')

floor-information-board.jpgそうそう、立川サロンスタジオFIXを運営しているレンタルスタジオ会社にまで、電話しちゃいましたよ。どう切り出していいのか分からなくて、かなり怪しい問合せだったかもしれません。この場でお詫び申し上げます <(_ _)>

ただ、このところの寒暖差で、体調は芳しくなく、当日の明け方、とうとう薬に手を出してしまいました。えっ!何か変なこと、考えてませんか?お医者さんが処方してくれた睡眠導入剤ですよ。ちゃんとした合法薬です。(こういう言い方も変か?)

それを服用して、もし12時までに目が覚めなかったら、SunHeroの一生は終わり(永眠?大袈裟?)だと覚悟して寝ました。思っていたほど効かなくて、10時前に目覚めてしまいました。これはこれで、頭はスッキリしているのに、体はダルビッシュ、出掛けるのはシンドラー。

当日の朝になっても、ナリキヨさんから返信無し。あのサイトは熊じゃないけど、ユーミン・・・・じゃなくて、冬眠に入ったと思うことにした。楽しみにしている相手からの返信不通(?)は、誰だって気持ちが萎えるでしょ?

tama-monorail_closeup.jpg

小雨降る寒い立川へ着いても、お茶するには時間が無いし、直行するには気が引けた。そこで思い付いたのが、モノレールが走る街並みを撮影することだった。相変わらずピンボケが多い中、会場のビル内からの眺めに、上手くモノレールが写り込みました。

floor-information-board.jpgそのビルが、Google Map で見ても、二階からも入れるのかが分からなくて、駅を出てからも、どういうルートで行けばいいのか悩みました。一旦、歩行者専用通路から下りました。実際には、二階から入れます。

それどころか、駅から通路を歩いてきた人は、このビルを利用して、一階へ下りて行きます。もちろん、逆の場合もアリ。そうでなければ、回廊をここまで延ばす意味がありませんよね。

ようやく七階へ上がったのは、13時40分頃でした。エレベーター・ホールだけでなく、スタジオの奥まで伸びる廊下にも、Nobody!スタジオの対面に椅子が並べられていたのですが、それは向かいの飲食店の順番待ち客用でした。眺めの良さに、モノレールの通過を待って、パチリパチリ。

elevator-staircase.jpg

5分後くらいに、二番目の観客さんがやってきました。最初に飲食店側の椅子に座って、辺りをキョロキョロ。それから、レンタル・スタジオのメイン・ドアから入っていったのですが、利用者しかいなかったみたいです。ある意味、無人レンタル・システム。空いているスタジオがあれば、24時間いつでもネット予約で利用できるようです。

会場のサロンスタジオは、エレベーターを出てすぐ右手にあって、施錠されたまま.。取っ手を取っても、ノックをしても、反応がありません。二番手さんと キスマイ 気まずい時間が流れ、開場10分前を切ったら、エレベーターが止まる度に、観客がやってくるようになりました。

elevator-hall&studio-door.jpg

14時を回った途端、ドアに変化が起きました。まるで宇宙船のハッチを開けるかのように、内側からロックが解除され、扉が開きました。他の待ち客に促されて、最初に中へ。スマホで「レシート」画面を見せたら、お名前をお願いしますと言われた。予約リストには、予約順に予約者の名前が、漢字で記載されていた。

確か予約時にひらがなかカタカナでも記入するようになっていたのに、なぜ漢字なんだ!SunHeroの名前は、リストの20番目にありました。受付の女性に、これです!と指を差して、チェックを書き込んでもらってOK!名前がない人は、当日4,000円?その場で現金払いのようでした。

本当にサロンみたいな狭さのスタジオでした。50席くらい用意されていて、当然全席自由。ピアノの演奏がよく見える下手最前列に陣取りました。天井板が無いむきだしの天井には、照明の配線やエアコンの管、火災報知器、消火栓の配管が入り乱れていました。客席後方には、室温・湿度も表示されるデジタル時計と、小型のビデオカメラが設置されていました。

楽屋は出入口とは反対側の奥にあり、舞台へ上がる扉と客席へ出る扉しか無いようでした。中から時折談笑する声や、楽器を鳴らす音が、ダダ漏れでした。女三人よれば姦しいと言われるだけあって、ダブル・トリオとなると、姦々しい(かしまかしましい?)感じでした。まあ、座った席が楽屋に近かったしね。

そもそも、いつこんなスタジオができたの?有料の演奏会も開けるけど、貸し出し側は床や壁が汚れたり傷つくことを嫌っている感じでした。同様に、電子楽器や大音量の楽器の演奏は、原則 NG なんだとか。

ピアノは常設だけあって、手入れが行き届いていて、とてもイイ音色を奏でてくれます。普通のグランド・ピアノより一回り小さい感じでしたが、鎮座しているだけで、半端ない存在感がありました。スタインウェイ・ハンブルク B-211だそうです。

animal-pattern-monorail.jpg

こんなに小さい会場は初めてかも?昔、新星堂の招待イベントで訪れたムジカーサと、どっちが狭いのかな?客席数で比べると 84席 vs 50席で、床面積だと 96㎡ vs 86.㎡で、こちらの方が狭い。[ 注)ムジカーサは2階席含まず ]

狭いからいいのか、木管三重奏のアンサンブルが、PA ナシでも場内に充満する感じ。ナリキヨさんの方は、ピアノ側に座ったせいで、上手(右手)にいた和音さんの鍵盤ハーモニカが、聞き取りにくい場面もしばしば。でも、バイオリンが目の前だったから、繊細な音まで良く聞こえました。

初心者には不安を煽るような予約システム!これを解消すれば、より多くの集客が見込まれそうです。MC不在の中、不慣れなメンバー紹介・楽曲説明は大変だったかもしれません。素人みたいなMCと玄人な演奏技術の高さとのギャップが、何とも妙な感じでした。

終演後、アプリで探したら、近くにデニーズ発見!バースデー・デザートの提供期間が終わりに近づいていたので、駅からは遠くなるけど、徒歩゙徒歩゙(とぼとぼ)と向かいました。

楽しみにしていたデザートは、メニューには無いパンケーキ。2枚重ねのパンケーキの間には、ぶつ切りのバナナが5切れ。ホイップクリームをぐるりと一回り、バナナの上に絞ってから、もう一枚乗せれば、見栄えは随分違ったはず。いくら無料提供だからって、そんな所でケチちゃ台無しじゃん。客を舐めてるよ。そうやって、カスハラを誘発したいのか?違うだろ!

Dennys_BD-Pancakes.jpg

そもそも、注文時にクーポン番号をタブレットに入力しても、エラーになって焦った。店員さんを呼んだら速解決。全部タブレットで対応できるようになっていなかったのは、中途半端な感じ。特にバースデー・クーポンだから、折角のプレゼントで苛立たせるのは、どうかと思う。

デニーズなんて所詮はカフェレストラン。しっかり外食したけりゃ、昔はロイホだったんだけど、単品パスタ料理でも1,000円以上、ステーキ食おうと思ったら、予算3,000円は必要なんで、すっかり遠のいた。しかも、ガストが登場したら、急にデニーズの格が上がった感じだ。

他には、フォルクスとかジョリーオックスとかステーキのどんとか、ステーキハウスのサラダバー、大好きだった。今やクルマで行ける範囲にあるのは、ステーキのどんだけぇ~(叫)。コロナ禍でも持ち帰り販売で頑張っていたけど、日曜日の夕食時にたまたま通り掛かったら、空きテーブルが見受けられた。客足はまだまだみたい。

ああ~、ライブが跳ねたら、近くの料理店で余韻に浸りながら、プチ贅沢な食事を楽しんでいた頃が懐かしい。

取っ散らかった内容で失礼いたしました。

この記事へのコメント

  • SunHero

    Dogwoodさん、毎度どうも。

    お気遣い、誠にありがとうございます。
    SunHeroは感激の余り、涙がチョ、チョレギサラダ!断酒はできまへん。

    それにしても、ゲーム音楽専門のオーケストラ、一体どんな演奏会になるのか、興味ありますよねぇ~ (^_^)v
    2024年03月07日 05:32
  • Dogwood

    こんばんわ!全然とっ散らかした内容ではないですよ。さすがのライブレポ、お疲れ様でした。確かに小さな会場ですね。でもライブハウスに比べれば、りっぱなコンサートホールですよ。ただ3500円も取るなら、もっと丁寧に案内してほしいですね。和音さん、BGMフィル、トリオ・断酒、いやダンシュにちょっと興味が湧いてきました。
    2024年03月06日 21:47

この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング