光10Gbpsへの道(Part 10:Last Mail from NURO)

NURO光から最後のメールが来た。内容は、最後の請求額が確定したことと、10月いっぱいでアカウント(含メールアドレス)が削除されることだった。フレッツ光やauひかりでは無かったことだ。

SunHeroの場合、7月に解約したので、その分の利用料は、8月にクレジット会社へ請求が上がり、9月に契約者の口座から引落しになる。更にNURO光でんわを契約していたので、7月分の基本料・通話料は、まず8月にNUROへデータが上がり、NUROから9月分の利用料として、クレジット会社へ請求される。契約者の口座からは、10月に引落とされる。

すなわち、NURO光でんわの最後の請求は、ひと月遅れとなる。だから、最後のメールで通知のあった料金は、NURO光でんわのみとなる。NURO光でんわを利用していなかったらどうなるのか?解約完了はひと月早まるのか?SunHeroには分からない。

ここで重要なのは、7月に解約しても、最後の請求が行なわれた翌月まで、NUROのマイページにログインできて、NUROのメールアドレスが使えるということだ。冒頭にも書いた通り、フレッツ光やauひかりは、ここまで親切では無かった。

これら二社の場合、最後の請求については、マイページへログインできないだけでなく、メールでの通知も無かった。解約金や回線撤去工事料が加算されるため、総額だけでも知りたかった。フレッツの経験から、auには紙の請求書を依頼した。すると、発行手数料(郵便代込み)が加算された。

この二社も今は改善されているのかもしれないが、思い出すだけでも胸くそが悪くなる。解約後のフォローに関しては、NURO光に一票だ!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング