SunHero's Entertainment Grand Prix 2021 〔Drama〕

saiai_dvd_jckt.jpgavalanche_dvd_jckt.jpg

エンタメ表彰も、最後の部門の発表となりました。コロナ禍以前なら「映画部門」だったのですが、新規感染者数が下げ止まりの中でも、とうとう映画館へ出掛けることは叶いませんでした。そこで、一昨年同様、TVドラマを対象にしました。

★Actor of the Year: 渡部篤郎(アバランチ)
★Actress of the Year: 池脇千鶴(その女、ジルバ)
★Drama of the Year:
  No.1… 最愛(TBS)
  No.2… アバランチ(KTV)
  No.3… その女、ジルバ(THK)


俳優部門は、アカデミー賞に倣って、男女別に主演・助演で各一名のつもりでした。でも、結局、上記の通り、男女各一名に絞りました。

他に男性陣で候補に挙げていたのが、綾野剛 (アバランチ)・松下洸平 (最愛*知ってるワイフ)・坂口健太郎・西島秀俊 (以上「おかえりモネ」)・北村一輝 (天国と地獄~サイコな2人~)・山田裕貴 (ここは今から倫理です*ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜)といったMen×Men(面々)でした。

これが女優陣となると、もう大変。

吉高由里子・佐久間由衣(以上「最愛」)・広瀬すず・橋本環奈・三島あよな (以上「ネメシス」)・草笛光子・江口のりこ・華村あすか (以上「その女、ジルバ」)・浜辺美波・福原遥 (以上「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」)・大地真央・松本まりか (以上「最高のオバハン 中島ハルコ」)・高橋メアリージュン・堀田茜 (以上「アバランチ」)・清原果耶・今田美桜 (以上「おかえりモネ」)・永野芽郁 (ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜)・茅島みずき (ここは今から倫理です)・広瀬アリス (知ってるワイフ)など。

注目の俳優だと、華村あすか・茅島みずき・三島あよなの他にも、「真犯人フラグ」で怪演中の桜井ユキ・生駒里奈、小西桜子 (ラブファントム)・久保田紗友 (オー!マイ・ボス!恋は別冊で)・北香那 (アバランチ)・映画「思春期ごっこ」(2014)でW主演していた青山美郷・矢作穂花など。

青山さんは、NHK「大江戸もののけ物語」で美貌を封印(?)して、特殊メイクで河童役を好演。矢作さんは、芸名の未来穂香から本名に改名して、現在放送中のNHK「しもべえ」に白石聖とともに出演中。二人とも、もうちょっと注目されてもいいはず・・・・と思っていたら、矢作さん、昨年後半は「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」・「同2」と、2クール連続の主役で出突っ張りだったんですね。味噌捏ねた(=見損ねた)!

逆に、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に始まり、「カムカムエブリバディ」を経て、「紅白歌合戦」で一年を締め括った上白石萌音は、一昨年以上の活躍でした。表彰、フライングしちゃったかもしれません。

結局、俳優部門を射止めたのは、ベテランの二人でした。慌てず騒がずアバランチを追い詰めていく役柄が、「外事警察」を連想させた渡部さん、まるで戦隊モノのヴィランのようでした。一方、ちぃちゃん、久々のドラマ出演での役作りには、ホンマ(もん)に驚かされました。

作品賞は僅差で「最愛」にしました。だから、主題歌を”Song of the Year”にしました。

以上、2021年のエンタメ振り返りでした。ありがとうございました。

この記事へのコメント

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング