TOHOシネマズ日劇の跡地利用

先日も同じような事を書いたかもしれませんが、都内屈指というか、日本最大級の設備と規模を誇るTOHOシネマズ日比谷には、もう行かれましたか?階下の商業施設や建物の外観などは、あちこちのテレビ番組や出店した事業者のウェブサイトで見慣れてしまいましたが、平日には女性客や仕事仲間の男女グループ、休日には家族連ればかりの光景に、オッサンが一人でうろつくような場所じゃないという印象を受けました。

隣接する日比谷シャンテ共々、日比谷を名乗っていますが、本当は日比谷通りの東側まで有楽町(一丁目)なんですよね。この界隈には、東京宝塚劇場やシアター・クリエ、ミニシアター3館から成るTOHOシネマズ シャンテなど、東宝関連施設ばかり。何しろ、日比谷シャンテとして知られる東宝日比谷ビルには、東宝の本社があります。このように、有楽町一丁目は東宝の聖地として、ますます日比谷化(笑)しています。

さて、2月4日に閉館したTOHOシネマズ日劇の跡地空間は、どうなるのでしょうか?

まず、有楽町マリオン(正式名称=有楽町センタービル)11階にあったTOHOシネマズ日劇1(マリオンのオープン当時は「日本劇場」)は、「ヒューリックホール東京」に生まれ変わるそうです。各種セミナーや学会、社内イベントからコンサートまで、多目的に利用できるよう、スクリーン周りを改装してステージを設けるそうです。映画館としての音響の良さ・ラグジュアリー性をそのまま活用するため、早くも今年7月にはオープンする予定だそうです。

SunHeroが閉館を取り上げた頃、既に新施設のサイトは立ち上がっていて、閉館後の改装前に内覧会まで開催したようです。また、来年6月までの利用申込みも、受付が開始されていました。ルミネ側の有楽町朝日ホールと、モロに競合する形になります。恐らく、老舗のホールは従来からの年配層に向けた良質な興業を継続し、真新しい企画のイベントは「ヒューリックホール東京」が担うことで、上手く棲み分けしていくことでしょう。

むしろ、競合しそうなのは、有楽町マリオン別館(新館?)に昨年7月オープンした、スタジオ・アルタが運営する「オルタナティブシアター」の方でしょう。東急系の「丸の内ルーブル」が2014年に閉館した後、館内のバブル期らしい豪華内装を、敢えて21世紀仕様に大改装したらしいです。こけら落とし興業こそ半年に渡って開催されたそうですが、公式サイトを見ても、その後の興業は単発的で、稼働率は芳しくない印象を受けました。あるいは、関係者だけを招待した内覧会など、一般には非公開のイベントに利用されているのかもしれません。

一方、9階にあったTOHOシネマズ日劇2・3(それぞれ日劇東宝・日劇プラザとして1984年オープン)には、コニカミノルタのプラネタリウムが出来るそうです。池袋サンシャインシティの「満天」、東京スカイツリータウンの「天空」に続く、都内3館目に当たりますが、複合型映像体験施設として既存2館以上の施設が出来るのではないかと、大いに期待してます。場所柄「銀河」なんでどうでしょう?ベタかな?(笑)

年内オープンを目指しているようなので、映画館2館分をひとつのプラネタリウムにするとは思えません。実は、日本初のツインドーム型にするそうです。名称は「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」に決定していて、VRアトラクションを備えたドームシアターコンプレックスというコンセプトだそうです。VRゴーグルを装着して鑑賞するとなると、映画の4DXとかMX4D並みの料金になるんですかね?

ドームの外、ロビーの一角には、宇宙感満載のカフェとか併設するかもしれませんね。ルミネ側の松竹系「丸の内ピカデリー1・2」の上映作品とのタイアップ企画だって、アリでしょう。阪急側はあくまでも東宝の所有物件なので、東宝も大家として「ホール」、「プラネタリウム」の成功と継続的な収益性は、他人事ではないはず。

余談ですが、マリオンとは外堀通りを挟んだ向かい側には、丸の内TOEIがあります。何を隠そう、東映の本社ビルです。所在地的には銀座三丁目なのに、マリオン内のピカデリー同様、なぜか「丸の内」なんですよね。だから、本当は有楽町にあるのに「日比谷」を冠するのも、アリなんでしょう。

そういえば、東銀座の「東劇」は、松竹の本社ビルにあります。近隣には、「歌舞伎座」や「新橋演舞場」があって、東宝ほど集約されている印象はありませんが、松竹の聖地なんですよね。建て替えられた「歌舞伎座」だけ、まだ訪れたことがありません。舞台演劇も時々観に行っていますが、「歌舞伎座」で見る歌舞伎は、地方巡業の時より鑑賞料金が高くありませんか?学校の教養行事で強要されて行った頃よりも、かえって敷居が高くなってしまったのが、腹立たしいやら悔しいやらです。

この記事へのコメント

©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)
エンターテインメントランキング
エンターテインメントランキング