2017年06月26日

キャッシュバック受取りました~NURO光 代理店比較

NURO光開通して4ヶ月になりました。So-netよりも先に、代理店からキャッシュバック(以下「CB」と表記)がありました。約束通り郵便為替を簡易書留で送ってきたため、帰宅したら郵便受けに不在票が入っていました。すっかり待ちくたびれて忘れかけていたので、何が届いたのかピンと来ませんでした。とにかく、再配達を依頼するより、郵便局へ行った方が早いと思い、郵便局に留め置きをお願いしました。

不在票の送り主は「NURO光」と記載されていましたが、正しくはSunHeroがNUROを申し込む際に利用した代理店(「事業紹介」でNUROの代理店であると明記)でした。配達員はアルファベット表記の社名が分からなかったのでしょうか?盛んにCMを流していたせいか、やや小さい文字で書かれた「NURO光」を差出人と勘違いしたようです。本当の差出人の英語表記が読めなくても、書いてある通り不在票に書き写すくらいは出来たはずです。

郵便局から戻ると、すぐに開封しました。礼状と郵便普通為替証書が入っていました。印字が薄く、しかも少しズレていたので、一体どこに金額が表記されているのか、すぐには分かりませんでした。そして、金額が分かった途端、「値切られたぁ~!」と静かに絶叫しました。

ダウンロードしておいた申込内容(=契約書控え?)を確認してみたら、CBを受け取るまでは、オプションを解約してはいけなかったのです。2ヶ月無料の各種オプションを、2ヶ月目に解約してしまったために、その分のCBも無くなったという訳です。

しかしながら、2つのオプションを同時に申し込むと、各々1,000円=計2,000円のCB。両オプションとも月額540円で、最初の2ヶ月は無料でも、CB受領まで4ヶ月継続すると、2,160円になります。少額と言えども、赤字になります。結果的に、2ヶ月で解約して、正解だった訳です。

SunHeroが申し込んだ当時は、その2つのオプションに申し込むと、更にもう4つのオプションが「プレゼント」されました。「プレゼント」とは名ばかりで、3ヶ月目以降はオプション料金が掛かります。悪質な押し売りでしたが、代理店のオペレーターに言葉巧みに言い包められてしまったのです。当然、その4つも、2ヶ月目に一斉解約です。

その前に問い合わせた代理店は、もっと酷かった。NURO光インターネット+NURO光でんわを同時に申し込むと、So-netから25,000円+その代理店から50,000円=75,000円のCBという内容でした。ウマイ話には裏がある。受取方法を確認して唖然ですよ。代理店のCBは、開通から30ヶ月後の支払いでした。

「既に多くの方が喜んでお申し込み頂いております」なんて言われても、かえって不信感が増すだけ。もっと早く受け取れないのかと食い下がったら、しばらく待たされた後、上司に掛け合って、6ヶ月後に25,000円なら可能ですという回答。翌月末に2万円支払うという代理店もあるのに、なぜ半年も待たされるのかと、更に食い下がったが、そこまでだった。

バックボーンが不明?というか、そもそもバックボーンなんてあるのか?と思われる会社に、安心して申し込めるものか!案の定、この半年の間に、その代理店のサイトは、見当たらなくなった。喜んで申し込まれた皆様は、今頃どうしているんでしょうか?あと2年で本当に5万円もらえるんでしょうか?最悪でも、So-netのCBはもらえると思いますけどね。

これって、早い話が仲介手数料詐欺じゃないの?So-netにNURO申込者を斡旋して、成約1件につき幾らかのリベート(=仲介手数料)をもらって、仲介した契約者には1円も還元しないでドロンしちゃう。初めから払うつもりが無いから、高額のCBを提示して、短期間に一人でも多くの申込者をSo-netに斡旋しようとする。

正直言って、SunHeroが最終的に選んだ代理店も、一応郵便為替が届くまでは不安でした。否、受け取った郵便為替を換金化するまでは、100%安心はできない。郵便局の窓口で、偽証券と指摘されたら、水の泡ならぬタダの紙切れでしょ?(心配しすぎ?)

では、なぜその代理店を選んだのか?決め手は、一応バックボーンのある会社だということ。親会社は、USENから独立した動画配信サービスのU-NEXTということになっていたのです。

でも、本当にグループ企業なのか?CBが届いても、不信感は拭えない。簡易書留郵便の差出人の所在地は、兵庫県になっていました。NUROはまだ関東圏だけのサービスなのに、なぜ兵庫県なのか?まさかとは思うけど、東京に本社のある会社とは、同名別会社だったりして?

参考までに、「NURO光」で検索してヒットした代理店の、ランニングコストとCBの比較表のようなもの(PDF)を作ってみました。どの代理店も、申し込み期限を短く設定していますが、大抵その翌日には期限が延長されています。ただし、キャンペーン内容が変更になっている場合もありますし、某代理店のようにサイトごと無くなっているかもしれません。比較表の補足説明は後述の通り。申し込みは自己責任でお願い致します。

ところで、検索していて驚いたことに、So-netにもCBのある裏サイト(?)があった!表サイトとのランニングコストを加味した比較も載せました。あくまでも、NUROご検討中の皆様への参考資料に過ぎません。既にキャンペーン内容が変わっているかもしれません。もしPDFが開けなかったら、ご容赦下さい。

比較表は、できるだけ見易いように、「NURO光でんわ」オプションすらも除外した、インターネット回線のみの契約を前提に作成しました。手堅いのは、So-netの3万円CBでしょうか?CBの無い「表」よりは、総額で約1万円安くなりますが、3万円丸々もらい損ねる可能性は否定できません。

なぜなら、開通からCBの申請受付開始まで、一定期間待たされるからです。しかも、CB受取りに指定できない金融機関があるようです。一応、受付開始になると、So-netからお知らせメールが届くそうです。見逃さないためには、専用の受信フォルダーを設けておいた方が賢明だと思います。

これが代理店経由となると、So-netと代理店、それぞれに手続きを行なう必要があります。SunHeroの場合、代理店のCBは、申込書の控えに同封されていた用紙に必要事項を記入し、所定の期日までに代理店へFAXするというものでした。

要は、手続きを失念したら、代理店もSo-netも、ボロ儲け?所詮は同じ穴のムジナかも。


<<NURO光 代理店 基本料金&キャッシュバック比較表の見方>>

1)比較対象のNURO光インターネットは、G2Vプラン(2年契約・戸建or7階建までの集合住宅)です。
2)月額料金には、工事費の30回分割払いと、その補填的値引き(=相殺)が、反映済みです。
3)CB受取時期とCB支払方法は、代理店に関するものです。
4)So-netのキャッシュバックは、So-net(裏)を除く、どの代理店経由でも同条件です。開通から6ヶ月目の中旬から7ヶ月目の月末までに、CB受取口座の申請をすると、即日ないし翌銀行営業日に振り込まれるそうです。振込先に指定できない金融機関があるので、予めSo-netに確認しておきましょう。

※ 興味のある方は、「NURO光」で検索してみて下さい。代理店サイトはもとより、NURO申し込みの極意や注意事項を取り上げたサイトも、ヒットするはずです。申し込みは、あくまでも自己責任でお願いします。当ロッジでは、貴殿と代理店ならびにSo-netとの間にトラブルが生じても、一切関知いたしません。

2017年8月28日改訂
posted by SunHero at 09:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)