2017年03月20日

Communication at the Speed of Light(NURO光の通信速度)

タイトルの元ネタは、まもなく来日するPaul McCartneyが、1976年に発表したアルバム“Wings At The Speed Of Sound”です。Paul McCartney & Wingsの4作目に当たりますが、唯一『Wings』名義で発表されたアルバムです。初めてというか唯一、Paul以外のメンバー全員の歌唱曲が収録されました。バンド色を出そうとした分、多彩さよりも散漫さが強い印象を受けたのですが、Billboard Top 200 Albumsでトータル7週No.1に輝き、未だに最大のヒット・アルバムです。

残念ながら、1976年はLed Zeppelin、Rolling Stonesをはじめ、大物の秀作が豊作な年で、同紙年末チャートでは3位でした。ちなみに、1位はトータル10週No.1で、Peter Framptonの大出世作“Frampton Comes Alive”、2位はNo.1になったのはチャート58週目の1週だけでしたが、ヒット曲連発で通年売れ続けたFleetwood Macの、これまた出世作の「ファンタスティック・マック」でした。

出来映えの割にアルバムが大ヒットしたのは、Beatles以来10年振りの全米ツアーを敢行した成果でした。実際、シングルの方は、ファースト・カットの“Silly Love Songs”が、トータル5週No.1を記録し、見事年末チャートでNo.1に輝きました。これで、PaulはBeatlesでの2曲も含めて、3曲の年間1位を達成しましたが、表記上はいずれもバンド名のみで、自身の名前は記録に残りませんでした。

さて、ここからが本題です。表題の「光速通信」とは、もちろんインターネット回線の通信速度のことです。NUROのサイトをあちこち散策していたら、「オリジナル通信速度測定システム」というのを見つけました。世界最速を標榜しているだけあって、ぜひ数値で速さを実感して下さいという事なのでしょう。実際には、昔からある『Radish』の測定システムを利用しています。

auひかり導入当時にRadishで測定した記録が残っていました。さらに、現在もRBB Todayが同様のサービスを提供し続けていることが分かりました。以下に、それぞれの測定結果を並記します。

<Radish>   下り(有線)   上り(有線)   下り(無線)  上り(無線)
auひかり    408.90 Mbps   248.10 Mbps    20.96 Mbps    16.07 Mbps
NURO光    894.40 Mbps   886.50 Mbps    111.50 Mbps    83.42 Mbps

<RBB>    下り(有線)   上り(有線)   下り(無線)  上り(無線)
auひかり    218.59 Mbps    94.13 Mbps    21.38 Mbps    21.14 Mbps
NURO光    753.10 Mbps     614.90 Mbps   105.80 Mbps   100.60 Mbps

注)測定日について
 auひかり=2012年11月25日 「SPEED KING(インターネット速度測定)」掲載後の測定値
 NURO光=2017年3月18日 (無線)、2017年3月25日 (有線)

NURO光に乗り換え当初、速くなった実感は無いと言い切ってしまいましたが、So-net推奨のRadishだけでなく、RBB Todayでも差は歴然。特に、上りのスピードが桁違いの改善だったのには、ビックラこきました。費用的には大して安くならないNURO光ですが、これならコスト・パフォーマンス的には申し分ありません。

また、何の根拠も無く不信感を抱いていたHUAWEIのONU/ホームデートウェイですが、NEC製のホームゲートウェイより高性能だということが実証されました。ネガティブな先入観を抱いていたことについては、深く陳謝いたします。

ただし、NEC製品を置いていた場所が、台湾製のTAに占領されてしまったため、逆さまにして吊しています。壁掛け仕様では無かったため、本来は台座である部分に、L字金具を引っ掛けるしか無かったので、ご容赦下さい。

それにしても、4年半程前に、アパートなのに無理矢理戸建タイプのauひかりを引いたら、その後1年くらいの間に、SSIDが「aterm-」で始まる無線LANが近所に増えました。SunHeroが先鞭を付けたのだと自負していましたが、昨年「HUMAX-」や「HG8045-」が急に台頭してきて、「aterm-」はとうとう我が家だけになってしまいました。

NURO光を導入してから判った事ですが、前者はJ:COM、後者はNURO光のSSIDでした。実は、我が家にも大家さんのご厚意で、J:COMのインターネットが設置されています。最速12MbpsというADSL並みなので、お話になりません。CATVで無料で観られるチャンネルが増えたのは有り難いのですが、インターネットに関してはauひかりの比ですらありません。

残念ながら、NURO光のサービスは、まだ関東地方限定です。今後どのように全国展開を図るのか?あるいは、関東限定のまま、2Gbps⇒10Gbpsへ移行していくのか?果たして、So-netは、次の一手、どう出るのでしょうか?
posted by SunHero at 09:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)