2017年01月20日

「君の名は。」~IMAX版に続いて〔英語主題歌版〕上映決定!

映画.comの紹介記事へ昨夏公開になったアニメ映画「君の名は。」は、現在2週間限定(1/13~1/26)で『IMAX版』が上映中だが、北米地域での公開と相前後して、『英語主題歌版』の国内上映が決まった。早い話が、英語字幕版なのだが、アニメ全般の音楽を手掛けたRADWIMPS自ら、英語歌詞を書き下ろして、歌い直したそうだ。北米地域で上映するものと同じものが観られるという訳だ。

公式サイトによれば、上映期間は1/28~2/10の2週間で、上映館は北は札幌シネマフロンティアから、南はTOHOシネマズ天神まで、11都道府県の僅か17館だ。首都圏(1都7県)の場合、見事に南関東(東京3館・神奈川3館・千葉1館)に偏っている。それなりの経験値から上映館を割り振ったとは思うが、著しく地域差別をしているようで、何だか腹立たしくなった。

恐らくシネコンでの上映も、IMAX版とは打って変わって、キャパの少ないスクリーンで1日2-3回程度の上映なのかもしれない。加えて、英語字幕が邪魔だと思う人の方が多いだろう。だから、敢えて『英語主題歌版』と銘打ったと推察される。英語字幕の質にもよるが、英語学習の一助になると思いませんか?

リンクシェア・アフィリエイトiconそういう訳で、映画主題歌・挿入歌 全4曲の英語バージョンを収録したCDが、まず配信で上映開始前日の1月27日に、続いてパッケージ・ソフトで2月22日にリリースされる。4曲とも英語なら、主題歌以外も英語バージョンが使われて当然と思うが、なぜ『英語主題歌版』なのだろうか?

SunHeroは主題歌と言えば、“Zenzenzense”(前前前世)だけだと思っているが、実は4曲とも主題歌扱いなんでしょうか?そうであるならば、トンデモナイ思い違いをしていることになり、4曲とも英語バージョンに差し替えられて上映されるという訳ですよね?・・・・ハイ、その通り!実は4曲とも主題歌扱いなんだそうです。

それよりも、SunHero的には、日本語の口語表現や伝統文化に因んだ言葉が、どんな英語表記になるのか、とても興味があります。一応既に3回観ていることになっている(苦笑)ので、4度目は台詞と字幕に集中して観たいところですが、その前にIMAX版のリベンジ観賞がしたい。その場合、今日を含めて後一週間しか猶予はありません。
posted by SunHero at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446112124

この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)