2016年06月20日

奇跡のリイッシュー!! Splinter - The Place I Love (1974 USA)

既に韓国盤も国内盤も入手困難のようです故George Harrisonが1974年5月に設立したレーベル=Dark Horse Recordsの契約第一号アーティストが、Bill Elliot & Bob Purvisから成る男性ボーカルデュオのSplinterだ。本作は彼等のデビュー・アルバムで、ファースト・シングルの “Costafine Town” は、Billboard Hot 100でTop40ヒットとなったが、それ以上の成功を収めることは出来なかった。それでも、1981年に日本だけで発売されたアルバム “Sail Away” まで、デュオ活動は続いたようだ。

どうやら、“Costafine Town”は日本でも静かなヒットとなり、1976年にはヤマハ主催の世界歌謡祭にゲストとして招聘され、この時の模様はライブ・アルバムとして、日本のみヤマハ・レーベルから発売された。モチロン、日本での正規発売権を持つキング・レコードからも、来日に合わせて、日本語で歌った “Lonely Man” がシングル発売された。この曲のオリジナル・バージョンは、今回一緒に再発されたセカンド・アルバム“Harder To Live”に収録されている。

この年、晴れてApple Recordsとの契約が切れたGeorge Harrisonが、自身のレーベルへ移籍した。相前後して、Dark Horse Recordsの世界的配給網が、A&M RecordsからWarner Bros. Recordsに移った。そのため、Splinterにとって4作目のオリジナル・アルバム “Two Man Band” は、日本ではワーナー・パイオニアから発売された。この際、日本のTVCMとのタイアップが図られたが、所謂米ワーナーによるリストラに遭って、ブレイクのチャンスを失ってしまった。

中学生だったSunHeroは、またまたTVで見た“Costafine Town”のプロモ映像を見て、たちまちSplinterに魅了された。だが、地元に3店あった新星堂はおろか、街で一番大きな老舗レコード店にも在庫が無かった。取り寄せ注文をしたら、問屋(恐らく「星光堂」?)からの回答は入荷未定という連絡があった。

当時は、本屋が店の片隅でレコードを販売していることがあった。本もレコードも、共に再販制度に守られて定価販売だったから、安定した収入を見込んで、レコードも取り扱っていたのだろう。最寄りの商店街の本屋でシングル盤を見つけた時は、大急ぎで家へ帰って、親に小遣いを前借りして、すぐさま店へ戻って買った。

自宅にはモノラルのポータブル・レコード・プレーヤーしか無かったので、ステレオのある友人宅へ遊びに行っては、聞かせてもらっていた。ステレオで聞くと、サビの手拍子に独特のエコーが掛かっているのがハッキリ分った。TVで見た際、司会者があれはスタジオのトイレで録音したものだと言っていた。曲を気に入ってくれた友人達と、学校のトイレで試してみたら、確かにそれらしい響きがした。

SunHeroが苦労した分、後から買った友人達は、楽勝で入手できたそうだ。グループ名と曖昧な曲名だけで取り寄せをお願いされても、レコード店だって厄介だったろう。しかし、レコード番号が判っているだけで、新星堂でも素早く取り寄せられたようだ。ひょっとすると、Splinterの静かなブームは、SunHeroが起こしたのかも?(笑)

今回の(恐らく)世界初CD化復刻は、ナント韓国のレーベル=Big Pinkによるものだった。国内盤は、韓国盤に日本語背ラベルと解説を付けただけだが、Big Pinkによる英語の歌詞も付属している。しかも、紙ジャケット仕様だ。日本のこの手のマイナー・レーベルによる復刻では、まず歌詞が付くことは無い。是非、見習って欲しいものだ。

再発されたこと自体が奇跡としか思えないが、果たしてSunHeroのように狂喜乱舞した人は、どのくらい居たのだろう?他所で大人買いしてしまったため、今回はファースト・アルバムだけで我慢した。ただし、もしセカンド・アルバムに幻の日本語バージョンが収録されていたら、我慢できたかどうか自信が無い。

Their Rare Live Performance from UK TV Series ”Geordie Scene” (YouTube)

Setlist:
1. Gravy Train
2. Costafine Town
3. Drink All Day (Got To Find Your Own Way Home)
4. Haven't Got Time
(Running Time: Approximately 14 minutes)
posted by SunHero at 07:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)