2009年07月30日

相対性理論 - シフォン主義 (June 2007/May 2008)


シフォン主義

シフォン主義

  • アーティスト: 相対性理論
  • 出版社/メーカー: みらいレコーズ
  • 発売日: 2008/05/08
  • メディア: CD


「CDショップ大賞」というのをご存知でしょうか?全日本CDショップ店員組合の主催で、今年5月に第一回の発表がありました。組合に加入しているCDショップ店員の投票で選出される賞だそうです。そんな組合があるのも初めて知りましたが、1990年代後半から続くCD売上の減少傾向に危機感を抱き、店員の立場から一石を投じたということなのでしょうか?初開催ということで告知不足は否めませんが、他に類を見ないユニークな授賞結果は興味深いと思いました。

何しろ大賞・準大賞3作品中2作品がインディーズというのは、如何にもCDショップ店員の投票らしい結果ですね。でも、所詮はインディーズ。どうしても賞自体がマイナーな印象を与えがちです。しかも、一般的な賞レースとは掛け離れた時期の発表には、一体どういう意図があるのでしょうか?来年以降、どう展開していくのか、一音楽ファンとして見守って行きたいと思います。さて、栄えある第一回の大賞に選ばれたのが、本作=「相対性理論」というバンドの「シフォン主義」というEP(ミニアルバム?)。素性を調べてみたところ、自主制作のCD-Rでリリースされたのが2007年6月。口コミで広まるとCD-Rは売り切れ。再プレス(「焼き増し」と言うべきか?)の要望に応えて、2008年5月みらいレコードによって晴れてCD化。そういえば、Village Vanguardの店頭でよく見掛けましたが、大賞を受賞するまでは興味の対象外でした(笑)。

えっ?「大賞取るまで対象外」って面白くないですか?それじゃあ、相対性理論のナンセンスな歌詞もつまらないでしょうね。歌詞を目で追うより、耳で聞くことによって感じる面白さは、投げやりな女性ボーカルの歌い方と相俟って、文学的な奥行きすら感じられます。ああ、確かに私の場合は、文学的なセンス・ゼロで、ダジャレに終始してますね。

元々が自主制作のCD-Rだっただけあって、オーバーダビング無しの3ピース・バンドのソリッドな演奏はパンク的。手堅い演奏だけど、それだけならインディーズ・シーンでも埋もれてしまいそうな平凡さ。そこにミスマッチ感漂う脱力系女性ボーカルが絡むと、歌詞の妙も手伝って、バンドの個性が輝き出す。

  相対性理論 are:
  * やくしまるえつこ - ボーカル
  * 真部脩一 - ベース
  * 永井聖一 - ギター
  * 西浦謙助 - ドラム

メンバーは上記の通り。ライブ活動以外、メディアへの露出が皆無に等しいらしく、CDジャケットにも登場しないため、正体不明だ。特に全曲の作詞作曲を手掛ける真部脩一って、何歳くらいなんだろう?オープニングの「スマトラ警備隊」というタイトルから察すると、結構年食ってる感じだ。同音異義語や韻を巧みに操り、ナンセンスに展開していく歌詞は、本来無意味なはずなのに、何か啓示的な奥深さを感じさせる。文学的なセンスを感じた。

同様に、このボーカル、一体何歳なんだろうか?女子中高生バンドのボーカルのような尖がり感と、HALCALIやPUFFYのような脱力感が同居していて、2-3度繰り返して聞いていたらハマってしまった。ナンセンスな歌詞に何らかの示唆を感じさせるのは、このボーカルの妙に他ならない。

相対性理論は、今年1月、ファースト・フル・アルバムをリリースしている。先日Village Vanguardで全曲試聴させてもらったが、パンクっぽさは薄れ、本作以上にポップな楽曲が揃っている。中には偏執狂的な乙女心を歌った分り易い歌もある。言葉の響きを弄ぶだけのバンドじゃないということを証明して見せたかったのだろうか?

本当は本作と一緒に買いたかったのだが、HMVのマルチバイの対象じゃなかったので見送った。9月になっても対象にならなかったら、ルミ姉のVillage Vanguardで買いましょうかね?そうすると、また新たな音楽との出合いがあったりして、"村の先兵"の思う壺かもしれない。

★Best Track=「夏の黄金比」
イントロ聞いてイチコロでした。唯一の難点は、エンディングの男女ボーカルの掛け合い。ライブでは盛り上がると思うけど、もうチョットどうにかならないものでしょうか?

ハイファイ新書

ハイファイ新書

  • アーティスト: 相対性理論
  • 出版社/メーカー: みらいレコーズ
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: CD


posted by SunHero at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風去って、大佐がいらした!って感じでしょうか?

そうですかぁ~、ライブ行かれたんですかぁ~。
それは World Happiness あたりですか?
レポート楽しみにしております。
Posted by SunHero[管理人] at 2009年08月11日 18:24
相対性理論のライブをCDも持ってないのに見てしまいました;
「CDショップ大賞」の受賞は知ってましたし、
友人がそれに釣られて買ったりとか
いろいろ音以外は聴いてましたけどw
それにしてもライブは凄い人気でした。
感想ですけど(Blogに書きますが)最初はよくある
J-POPのバンドと思って聴いてましたが、
脱力でロリータなボーカルに手堅い演奏の
ミスマッチが面白いと思い、曲によっては
歌詞とメロディが面白いなぁと。
20分程度のライブでしたが後半はちょっと飽きてきましたけど
アルバムは聴いてみたいと思いました。
しかし女の子は全然動いて無かったと思いますよw
Posted by Midge大佐 at 2009年08月11日 17:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292258733

この記事へのトラックバック
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)