2017年09月30日

山下達郎 - COME ALONG 3 (August 2017)

ナント33年振りの第三弾の登場である。このニュースに驚きと共に歓喜した人達は、若く見積もっても40代以降だろう。前二作が当時のRCA/ビクターの”Air Records”レーベル(現・ソニー・ミュージック・エンタテインメント傘下のAriola Japanレーベル)からの発売だったが、今作は山下達郎が1983年リリースのアルバム“Melodies”以降、30年以上所属する(現・)ワーナー・ミュージック・ジャパン(レーベル名は当時のままの”MOON RECORDS”表記)から発売された。

近年のアナログ再評価ブームに便乗した企画だとは思うが、前二作をリマスターの度に買い直していたSunHeroとしては、「3」だけにしようと思っていた。ところが、ワーナーはソニーとまさかのタイアップ企画を打ち出して来た。SunHeroは「COME ALONG II」が「COME ALONG 2」に変更されたのは不愉快だったが、ジャケットのイラストは昔のまま「II」だったので、広告やCD帯の表記が「2」なのは我慢することにした。つまり、ワーナーとソニーのタイアップに、販促負けした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 06:14| 東京 ☀| Comment(2) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

横浜文化体育館から横浜ユナイテッドアリーナへ建て替え

yohohama_buntai_facade.jpg

「中野サンプラザ」の建て替えが正式に発表になったは、昨年3月のことだった。そして、今度はコンサート会場としても重宝されてきた「横浜文化体育館」の取り壊しが決まった。横浜市による「横浜文化体育館再整備事業」は、2014年から事前説明会が開かれており、所定の手順を経て、9月14日に落札事業者が発表された。これにより、現体育館は2021年中に取り壊され、2024年1月竣工を目指して、新たに「横浜ユナイテッドアリーナ」が建設される運びとなった。

なお、この事業には、近隣の横浜総合高等学校(旧・横浜工業高等学校)の跡地再開発も含まれている。こちらの方は、サブアリーナという位置付けの「横浜武道館」が建設される予定で、既に校舎が取り壊されているため、2018年秋に着工し、2020年9月の竣工を予定している。先に横浜武道館が建てられるのは、現体育館で開催されるイベントが、支障なくサブアリーナに継承されるよう配慮したからだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | ライブ関連 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

【訃報】 Walter Becker, co-founder of Steely Dan, passed away, aged 67.

今月下旬にBLUE NOTE Jazz Festival in Japanで2日間に渡ってトリを務めることになっているDonald Fagen & the Nightflyers。後から名古屋と大阪での単独公演が発表されて、東京在住を恨みたくなった。Billboard Liveのこけら落しで来日したSteely Danには、躊躇無くタイ米(正=大枚)を叩いたが、流石に今回は新幹線で遠征するよりは、BNJFのS席の方がまだ安い。つまりは、どっちも高額で、チケット代が捻出できない。

あれから10年、全米ツアーは行なっても、一向に来日してくれる気配は無かった。7月にLAとNYで開催された"The Classic"ではSteely Dan名義だったので、今回のソロ・バンド名義での来日は、当初から不思議に思っていた。相方のWalter Beckerは、既にステージに立てる状態では無かったようだ。Steely Danとして出演した"The Classic"も、実態はDonald Fagen & the NightflyersがSteely Danの曲を演奏するものだったようだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

原田知世 - 音楽と私 [初回限定盤] (July 2017)

地道に芸能活動を続けてきて35年、今年11月には50才になる原田知世。2002年に10年間所属していたフォーライフミュージックエンタテイメント(旧:フォー・ライフ・レコード)を離れ、もっぱら女優業に専念していたと思っていたら、2005年にイラストレーターのエドツワキと結婚。これでますます芸能活動が緩慢になるのかと思いきや、2007年に坂本龍一がAVEXと共同設立したcommonsから5年振りのアルバムをリリース。そのアルバムのタイトルが“music & me”だった。

何が言いたいのかと言えば、芸能生活25周年アルバムのタイトルを日本語訳しただけなのが、35周年記念第一弾アルバムの「音楽と私」(通常盤)だ。8月には、マイナーとメジャーの間を行き来してきた10年間を総括したベスト盤「私の音楽 2007-2016」も発売された。同日には、東芝EMIに残したデビュー当時の音源を集めた編集盤「バースデイ・アルバム+」まで出た。唐突なリリース・ラッシュに困惑した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:08| 東京 ☀| Comment(2) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)