2016年04月30日

獣は月夜に夢を見る [Når Dyrene Drømmer] (2014 デンマーク・フランス R15+)

beast-dream-moonlit-night_poster.jpgラース・フォン・トリアー監督の美術アシスタントをしていたヨナス・アレクサンダー・アーンビー(Jonas Alexander Arnby)が、初めて監督した長編映画が「獣は月夜に夢を見る」だ。長編と言っても、90分に満たない作品で、ホラー・ミステリーという分類だが、映画の宣伝文句そのままに「恐ろしくも美しく儚い」映画だ。

何と言っても素晴らしいのは、本作が主演デビューのソニア・ズー(Sonia Suhl)が、宣伝文句を見事に体現していることだ。ホラーが苦手なSunHeroも、序盤こそ謎だらけで、不気味さにビビっていたが、主人公の持って生まれた哀しい宿命が明らかになってくると、すっかり感情移入してしまい、最後には感動で胸がいっぱいになった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 外国映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

蜜のあわれ (2016日本)

映画公式サイトへ室生犀星が晩年に発表した小説「蜜のあわれ」が映画化された。老作家の妄想を綴ったストーリーだが、正直言って何がテーマなのかサッパリ分らない。極論を言ってしまえば、こんな妄想、誰だって書けそうなものだが、SunHeroのような凡人じゃ、相手にしてくれる出版社なんてある訳ない。文人だから世の中に発表できたとしか思えない。

これが映画となると、話は別だ。妄想をどう映像化するのか、俄然興味が湧く。何と言っても、誰が金魚を演じるかが重要だ。予告編を見たら、ナント二階堂ふみだった。まるで小学生のような無邪気さと、巧みに男心を弄ぶ小悪魔さを、見事に演じて見せてくれた。特に、自分を「あたい」と呼ぶ言い方が、昭和初期という時代背景にマッチしていた。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 [Batman v Superman Dawn Of Justice] (2016 USA)

映画公式サイトへ「オデッセイ」で味をしめた3D・IMAX版で、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を観ようと思い、わざわざTOHOシネマズ新宿まで出掛けた。所詮は人間のバットマンと、クリプトン星から来た異星人のスーパーマンの対決、能力の差は歴然だから、真っ向勝負なら結果は見るまでも無い。

だが、それぞれの立場から正義のために悪と戦う両者が、なぜ対決しなければならないのか?経緯こそが、この映画を観たいと思わせる要因だ。「トランスフォーマー」シリーズでは、私利私欲に目が眩んだ人間が、侵略側に利用されてしまうように、本作でもこの対決を画策した人間がいた。当然ながら、バットマンに加勢する者も現われる。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 07:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 外国映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

【訃報】 PRINCE Dead at Home in Minneapolis, Aged 57

また訃報だ!2016年という年は、音楽界にとって『喪失の年』ではないだろうか?1月のDavid Bowieに始まって、毎月音楽界のビッグ・ネームが、この世を去っている。今朝のニュースで、Princeが自宅で死亡しているのが発見されたという報道に、我が耳を疑った。死因は解剖結果を待たなければならないようだが、一体57歳の身に何があったのだろうか?

今月初めにはアトランタ公演を体調不良で途中キャンセルし、その後インフルエンザで緊急入院したものの、程なく退院したというニュースに、一安心したばかりだった。1960年代のBeatlesとRolling Stonesのように、1980年代にMichael Jacksonと人気を二分したPrinceだが、何もライバルと同じ50代で逝ってしまう必然なんて無かったはずだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

熊本大分地震の被災者の皆様、謹んでお見舞い申し上げます

4月14日夜以降、昼夜を問わず、震度4以上の地震が頻発し、家屋の倒壊、崖崩れ、道路の寸断などの被害は大きくなるし、犠牲者も増えるばかり。東京西部在住のSunHeroも、東日本大震災では少なからず影響があったので、ご心痛をお察しするに余りあるものが込み上げてきます。まずは、一日も早く余震が落ち着くことを願って已みません。

さて、3週間ほど新ネタ無しでしたが、その間もトラックバックを頂戴して、大変嬉しく思っております。全くおもてなしナシだったので、流石に日々の来客数は低迷してしまいましたが、随分古いトピックにもアクセス頂いていることが分って、興味深く拝見しておりました。

3週間のブランクの真相は・・・・
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況報告 | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

安藤裕子 - 頂き物 (March 2016)

iconiconiconicon
安藤裕子って最近人気が下降線を辿っているのだろうか?様々なミュージック・クリエーターとコラボした意欲作「頂き物」iconは、初回限定盤が二本の組紐で封をした箱入り仕様という懲り様だが、リリースに合わせた「安藤裕子 Live 2016『頂き物』」は大阪と東京で各1回きりだ。コンサートこそCDの売上を伸ばす最も有効な手段だと思っていたが、チケットの先行予約で2次受付だけでなく、一般発売直前にも「先着先行受付」という、実質3次受付に相当する予約販売が実施された。

コンサートの集客が芳しくないということは、新譜に対する世間の関心も薄いということに他ならない。妊娠中にアコースティック・ライブを強行して、母子共に危険な状態になって、ツアーが頓挫してしまったことが、ライブ離れのキッカケになったのは明らかだ。恐らく妊娠が判明した時には、ツアー日程が決っていたのだろうが、シングル・マザーとしてひっそり出産するつもりだったのか、未だに父親が誰なのか明かしていない。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 08:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)