2016年02月28日

オデッセイ [The Martian] (2015 USA)

映画公式サイトへリドリー・スコット監督の作品と言えば、「エイリアン」とか「ブレードランナー」をVHSのレンタルで見た程度だ。後は大抵TVだ。前述の2作も含め、「ブラック・レイン」やアカデミー作品賞を受賞した「グラディエーター」もそうだ。だが、いずれの作品にも馴染めなかった。詰めが甘いというか、どこか釈然としないストーリー展開に思えたからだ。理解できないけど面白いという映画もあるが、"In Between"としか感じられなかった。

特に、主演=ハリソン・フォード、音楽=ヴァンゲリスという事だけで見た「ブレードランナー」は、脱走したレプリカントの人数が変わってしまうという、重大なミスを犯してしたまま公開されてしまった。それが後々カルト的ファンから絶大な支持を得る事になるのだから、本当に不思議な映画だった。「エイリアン」にしても、H・R・ギーガーの造形物が優れていただけで、監督なんて誰でも大ヒットしたと思う。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:54| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(7) | 外国映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

俳優 亀岡拓次 (2016日本)

映画公式サイトへ北海道出身の5人組演劇集団=TEAM NACS(チーム・ナックス)のサブリーダーを務める安田顕が、映画初主演を果たした。それが横浜聡子 監督・脚本の「俳優 亀岡拓次」だ。主役なのに、役柄は脇役?でも、タダの脇役では無い。インディーズ・Vシネマから映画界の大御所監督までが一目を置く名脇役で、マネージャー(工藤夕貴)からの電話一本で、日本中どこへでも出掛けていく。さらに、海外の著名監督からもオファーが来る。

業界では最強の脇役と評価されながら、稼ぎは酒とギャンブルに注ぎ込んでしまう。行きつけのスナックのママ(杉田かおる)に説教されても、結婚なんて端から諦めているらしく、37歳にして独身だ。そんな彼が、ロケ先の長野でフラリと入った飲み屋で、店主の娘=あずみ(麻生久美子)に一目惚れする。だが、甲斐性の無い生活がすっかり染み付いている彼は、気持ちを伝えられないまま次の仕事場へ向かう。

亀岡拓次の片想いは、成就するのか?
posted by SunHero at 03:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

デヴィッド・ボウイ・イズ [Davis Bowie is] (2013 UK)

「David Bowie is」追悼上映@新宿ピカデリー

現在世界巡業中の『デヴィッド・ボウイ回顧展』、日本に来るのは来春になるそうだ。その単なる宣伝動画にしては長すぎるので、恐らく元々は回顧展を切り口に、デヴィッド・ボウイの偉業を復習するドキュメンタリー番組として制作されたのだろう。本編98分ということは、CM込みで2時間枠の番組と思われるからだ。NHKがよく好んで制作するようなタイプの番組だ。

撮影は、ヴィクトリア&アルバート博物館(通称:V&A)で5ヶ月に渡って開催された回顧展の最終日(2013年8月11日)に行なわれた。この日はボウイに縁のある著名人が世界中から招待されたトーク・ショーが開かれた。その模様も断片的に収録されている。「回顧展」が一層待ち遠しくなった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

残穢-住んではいけない部屋- (2016日本)

『残穢』公式サイトへ本当は松竹さんに感謝しなきゃ行けないんだけど、先行上映会に招待してくれた作品が、SunHeroの苦手なホラー・ミステリー作品「残穢」だなんて!モチロン観に行きましたよ、わざわざ隣県まで。

要するに、応募できる映画館が都道府県単位だったんで、東京はMOVIX昭島、神奈川はMOVIX橋本、埼玉はMOVIXさいたまを希望したところ、見事当選したのが神奈川だったという訳だ。埼玉だったら、新宿ピカデリーよりも遠いから、ある意味ラッキーだった。

果たして本当にラッキーだったのか?
posted by SunHero at 01:54| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(4) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

【訃報】 Maurice White, founder of Earth, Wind & Fire,<br />     died at home, aged 74.

またもや訃報だ。弟のVerdine Whiteが発表したところによると、兄であり、Earth, Wind & Fireの創設者であるMaurice Whiteが、2/3にロサンゼルスの自宅で死亡した。睡眠中に息を引き取ったらしく、死因は今のところ不明だそうだ。享年74歳だった。

Maurice Whiteはパーキンソン病を発症し、1995年以降音楽活動から遠ざかっていた。兄の意向を汲んだVerdine Whiteは、Philip Bailey等と共に、Earth, Wind & Fireとしての演奏活動を継続し、2000年にはロックの殿堂入りを果たした。近年は先月来日したChicagoと度々ジョイント・ツアーを行なっていて、今年1月にはグラミー賞のLifetime Achievement Awardを受賞したばかりだった。

当ロッジでは掲載しなかったが、昨年の大晦日には、Natalie Coleがロサンゼルスの病院で、65歳で亡くなっている。さらに先月は、David Bowie(69)、Glenn Frey(67)、Paul Kantner(74)が相次いで他界した。訃報の連鎖に、因縁めいたものを感じずには居られない。

謹んでお悔やみ申し上げます。黙祷‼
posted by SunHero at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)