2016年01月30日

【訃報】 Jefferson Airplane's Paul Kantner died at 74.

長年バンドの広報係を務めているCynthia Bowmanによると、Jefferson AirplaneやJefferson Starshipの創始者でリーダーのPaul Kantnerが、現地時間で1月28日に死去したそうだ。享年74歳だった。直接の死因は、多臓器不全と敗血性発作。近年は体調を崩して音楽活動が行えない状態だったようだ。昨年3月には心臓発作を起こし、緊急入院して一命を取り留めたが、今週再び心臓発作に見舞われて、ついに帰らぬ人となった。

Jefferson Airplane(以下「JA」)は、1965年にサンフランシスコで結成された。DoorsやGrateful Dead等と共に、1960年代後半のアメリカに登場したサイケデリック・ロックを牽引した。Great Societyから引き抜いた二代目女性ボーカリスト=Grace Slickの前バンド時代からのレパートリーだった”Somebody To Love”、”White Rabbit”が立て続けにヒットして、サイケデリック・ブームの先陣を切ったが、時代の頂点を極めたのは、後からデビューしたDoorsの方だった。

訃報続きで、めげてますが・・・・
posted by SunHero at 00:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

==Top 10 ORIGINAL ALBUMs 2015== SunHero's Entertainment Ranking (Pt.5)

いよいよ年間チャートの発表も、最後の部門となりました。2015年もベスト盤・再発盤に走った一年でしたが、爆買いは結構沈静化した方だと思います。むしろ、一時期はTop20まで発表していた「Original Album」の購入が、更に減少しました。2010年代に入ってから、巷を賑わす新人アーティストの楽曲を耳にしても、CD欲しいと思うレベルには到達しないんですよねぇ。なぜなんでしょうか?

何となく、50代になって、感性の鈍化が表面化してきたみたいです。その兆候が真っ先に現れたのが、アジアン・ポップスだったようです。アラフォーで突然、フェイ・ウォンやBoAをきっかけに、主に香港・台湾・韓国の音楽を聴き始めましたが、日本で巻き起こった韓流ブームのおかげで、SunHeroの興味とは方向性の違う音楽が幅を利かせるようになったからです。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ピンクとグレー (2015日本)

説明不要だとは思うが、NEWSの加藤シゲアキ原作の「ピンクとグレー」が、Hey! Say! JUMPの中島裕翔主演で映画化された。中島裕翔は、Hey! Say! JUMPとしてデビューする以前からTVドラマや舞台経験があり、演技力には定評があるそうだが、意外にも本作が映画初出演&初主演だそうだ。

脇を固めるのは、菅田将暉・夏帆に加えて、若手注目株の一人=岸井ゆきの、そして、昨年の朝ドラ「まれ」で本格的な芸能活動再開を印象付けた柳楽優弥だ。監督は行定勲、脚本は蓬莱竜太だ。脚本の蓬莱は、劇団「モダンスイマーズ」の全公演の作・演出を手掛けるなど、舞台演劇の世界で知られた存在だが、行定監督とはこれが3度目のタッグとなる。

この脚本家がなかなかの曲者で・・・・
posted by SunHero at 03:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

==Top 5 RE-ISSUED CD ARTISTs 2015== SunHero's Entertainment Ranking (Pt.4)

「Non-Original Alnum」部門の発表の次は、大抵「Original Alnum」部門ですが・・・・ちょっと一息入れることにしました。過去の年間チャートとやることは同じで、単に発表順が違うだけのことですが、SunHeroのエンタメ生活の一年を総括するという意味では、最も重要なランキングと言えます。

一言で言えば「自己反省」ですね。毎年毎年「爆買い振り」を反省するのですが、なぜか翌年もまた反省点が見つかる。もっと短いスパンで、こういうランキングを作成すれば、年末に向けて抑えるべき点が明らかになって、成果が上がるのでしょう。基本的に面倒臭がり屋のSunHeroは、そうは思っても実行に移せません(おお~、完全に開き直ってルー大柴!!)。年間チャート作成を口実に、何とか反省点を洗い出すので精一杯です(おや、今度は言い訳かい?)。

とにかく「Non-Original Alnum」部門で曖昧になっていた問題点をえぐり出したのが、「Re-Issued CD Artist」部門です。結果的に一昨年の反省が功を奏して、枚数・金額とも「たいへんよく努力しました」レベルになりました。今年もこの調子で、余計な買物は控えようと思っていましたが、年頭から某女性アーティストの紙ジャケ・リマスター盤の再プレスに手を出してしまいました(全然反省してないジャンケンポン!)。

とにかく昨年の「爆買い振り」は、こんな感じでした
posted by SunHero at 09:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

【訃報】 Glenn Frey, co-founder of the Eagles, died of multiple diseases.

先週David Bowieが亡くなったばかりですが、今度は現地時間で1月18日ニューヨークの病院で、Eaglesの創始者の一人=Glenn Freyが亡くなりました。67歳でした。死因はリウマチ性関節炎、潰瘍性大腸炎、肺炎による合併症だそうです。公式サイトには、家族とバンド・メンバー等の連名による公式ステイトメントが掲載されています。

Eaglesが一時的に解散していた1980年代から1990年代初頭、メンバーは各々ソロ活動でヒットを飛ばし、もはや再結成は有り得ないと思っていました。ところが、1992年12月のGlenn Freyの来日公演で、封印していた過去の栄光を解禁すると前置きし、Don Henleyと初めて共作した楽曲のひとつだと言って、“Desperado”を披露しました。Eaglesのライブでは、Don Henleyがリード・ボーカルを取る曲だけに、非常に興味深く聞き入ったものでした。

SunHeroにとってGlenn Freyとは・・・・
posted by SunHero at 03:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

Pontaカードの裏面剥離について

まずは、これまでの経緯を総括しておきます。といっても、前回支離滅裂な文章だったので、ローソンHMVとPontaカスタマーセンターの相反する回答の要点を、以下にまとめてみました。

ローソンHMVPontaカスタマーセンターへ電話で問い合わせるのが先!
       それからローソンHMVのマイページでカードの切り替えをする
       (会員ステージは引き継げない)
Pontaカスタマーセンター
       ローソンHMVに連絡して会員ステージの引き継ぎをするのが先!
       Pontaポイント(+Ponta会員情報)の引き継ぎはその後になる

果たして正しいのはどっちでしょう?
posted by SunHero at 03:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ生活 | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

==Top 10 NON-ORIGINAL ALBUMs 2015== SunHero's Entertainment Ranking (Pt.3)

David Bowieの訃報に動揺して遅延してしまいましたが、エンタメ年間チャートの発表を再開します。Pt.3は、「非オリジナル・アルバム」部門です。対象となる作品は、ベスト盤・旧譜の再発盤(廉価盤・リマスター盤・増補改訂盤・○周年記念盤など)・ボックスセットなど、アーティスト(あるいは、レコード会社)が新譜などと銘打ってリリースするオリジナル・アルバム以外全部です。

厄介なのは、NON-か否かの境界線のどっち側にでも位置付けられる実況録音盤(=ライブ・アルバム)やカバー・アルバムのような企画モノです。ポピュラー音楽では大体NON-かな?と思われますが、ジャズやクラシックとなると大半がカバー・アルバムじゃないでしょうか?だから、毎年線引きに苦慮する訳です。そうは言っても、所詮はSunHeroの個人的な悩みです。サッサと結果を発表しましょう。

1位はヤッパリこれでしょう
posted by SunHero at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ年間チャート | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

【訃報】 David Bowie passed away at 69.

つい先日(1/8)、69歳の誕生日に最新アルバム「★」をリリースしたDavid Bowieが、18ヶ月に及ぶガン闘病の末、1/11(現地時間=1/10)に家族に見守られて息を引き取ったそうだ。10年振りの前作で、長いブランクを一瞬でワープしたかのように、「The Next Day」と笑い飛ばしていただけに、しばらく横浜の夜景をぼんやり眺めながら立ち尽くしてしまった。

新作がまるでPrinceのアルバム・タイトルのような「★」と聞いて、黒星って欧米では縁起が悪くないのか?と軽く考えていたら、まさかの訃報に柴田淳の久々のコンサートの感動も吹き飛んでしまった。しばじゅん2年半振り、一夜限りのコンサートが終わって、スマホの電源を入れたら、ロック画面の片隅に「デビッド・ボウイ・・・」というニュース・テロップが!ロックを解除して、Yahoo!ニュースを見たら、そんなバカな!

かつて共演したクイーンのFreddie Mercuryが、「エイズ公表」の翌日に亡くなるという衝撃的な出来事があったが、今回の訃報も正にそんな感じがした。やっぱり「黒星」なんて縁起悪いよなと思ったが、よくよく考えてみれば、今作は闘病中に制作されたものだ。音楽家らしく遺書はニュー・アルバムに託したということか?

そんなアルバムの発売を見届けて、あの世へ旅立ったスター・マン=David Bowie。今はただ、遺作を聞きながら、安らかに永眠されたことに、哀悼の祈りを捧げるしかないのが虚しい。黙祷‼


posted by SunHero at 03:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

I LOVE スヌーピー [THE PEANUTS MOVIE] (2015 USA)

映画comの作品紹介へ今年最初に見た映画は、実は「I Love スヌーピー The Peanuts Movie」でした。1月第一週でほとんどのシネコンから姿を消してしまった。僅か1ヶ月の上映だったが、流石に日本でも人気のキャラクターだけあって、立派に正月映画としての役目は果たした。

本来の主人公は「チャーリー・ブラウン」であり、彼と仲間達を意味する「Peanuts」が原題だったこともあって、日本では売り込みに苦慮し、結局「スヌーピー」で売り出してしまった。こうした日米の人気の「温度差」を考えれば、映画興行的にも上手い戦術だったと思う。実際に公開第一週の興行成績は、「007 スペクター」に次いで2位だったという報道もある。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

Pontaカードの剥離多売?

今やYahoo! Japanとタッグを組んで圧倒的なシェアを誇るポイントシステムがTポイントだ。そのTポイントから離脱し、ロイヤリティ マーケティングが推進するPontaに参画したのがローソンだ。HMVがその傘下に入って、自前のポイントシステムからPontaに切り替わったのが、5年前でした。

2011年8月から、HMVのポイントに代わって、Pontaポイントを付与することになったため、通勤経路にある店舗でHMV Pontaカードを発行してもらった。その後、ローソン・チケットとHMVのサイト統合が行なわれ、ローソン・グループ全般でPontaが貯まるよう、ローソンWEB会員への登録を促された。

あれから4年余り~(続きはコチラ!)
posted by SunHero at 19:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ生活 | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)