2015年05月30日

:::::::::: エンタメ ウェブロッジ SunHero 10周年!! ::::::::::

Special Issue for the 10th Anniversary on Weblog

ブログの上にも10周年という意味のつもりですが、前置詞は“on”でいいのか、“in”にすべきなのか、分かりません。もし“at”だったら、あっと驚くことになりますが、果たして、どれが正解なのでしょうか?少なくとも、例えどんなに巨大な建物であっても、“at”を使うべきであって、「~~ In Tokyo Dome」なんていう表記を見ると、なぜかSunHeroが恥ずかしくなってしまいます。

せっかくCheap Trickが素晴らしいライブ盤のタイトルに“At Budokan”と付けて、近年Billy Joelまでがat(後)押ししてくれたというのに、邦人アーティストのライブDVDとかで「~~ In ○○スタジアム」なんていうタイトルを目にすると、ホント情けなく思います。

それはさておき・・・・10周年です
posted by SunHero at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 施設案内 | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

女孩與機器人 - 平行宇宙 (November 2012)

2010年代に入って、中国・台湾・韓国・東南アジアあたりの所謂アジアン・ポップス方面のアンテナの感度が鈍ってきた。YesAsiaから月イチで送られてくるメルマガを見ても、最近の人気歌手には何も閃かない。そんな調子だから、ファースト・アルバムで一発でハマった台湾の3人組ユニット=女孩與機器人(The Girl & The Robots)のセカンド・アルバムが、2012年に出ていたのを知ったのは、リリースから半年以上も経った頃だった。

YesAsiaのメルマガ、全然役に立たないじゃん!と不満に思いつつも、結局他にもう3枚ピックアップして、YesAsiaに注文した。国内の中華ポップス取扱店では、既に売り切れか、マージン(粗利)取り過ぎじゃないの?という売価設定だった。その上、Tower.jpや楽天は言うに及ばず、amazon.co.jpでも該当品は見つからず、頼みの綱のHMV ONLINEでは、なぜかファースト・アルバムしか出て来なかったのだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(ASIA) | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

48年振りの来日公演が決定!~Herb Alpert 9月来日

当初の4月に予定されていた来日が、当人の体調不良で延期になってしまった。何しろ、1935年3月31日生まれですから、御年80歳ですもんね。無料メール会員に登録しておいたら、BLUE NOTEから月刊誌が届いて、何気に捲っていたら、新たな公演日程が掲載されていた。当初の公演に予約していたので、そろそろBLUE NOTEから連絡があるはずだ。

ところで、Herb Alpertって誰?っていう方、多いと思います。アーティスト名はご存知なくても、曲の方は超有名ですよね。1967年から2008年まで、多少番組名や構成を変えながら続いた、日本放送の深夜ラジオ番組枠「オールナイトニッポン」のテーマ曲がそれです。曲名は "Bittersweet Samba"、アーティスト名はHerb Alpert & The Tijuana Brass (ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス)です。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ関連 | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

ワンタイム・パスワード vs 乱数表

mizuho_1tpwc+pc.jpgみずほ銀行が、3月下旬から『ワンタイム パスワード カード』の「新規発行手数料」を無料にしたのを、ご存知でしょうか?みずほ銀行に限らず、多くの銀行がトークンと呼ばれる都度番号の変わる小型認証機器を、預金者に貸与しています。スパイウェアに感染する可能性がないので、暗証番号やパスワードの盗用による不正送金・引出し対策の切り札とされています。

しかしながら、発行手数料や(中には)月間貸与料を取るため、さほど普及していないのが実情のようです。被害が絶えない現状に業を煮やしたみずほ銀行は、従来のキーホルダー型トークンに代わって、キャッシュカードより一回り小さいポケット計算機型の『ワンタイム パスワード カード』を無償貸与することにしたのです。流石に紛失等による再発行は有料ですが、キーホルダー型のトークンからの交換は無料です。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況報告 | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

原田知世 - 恋愛小説 (March 2015)

フォー・ライフ・レコードを離れてからの原田知世は、アルバムを発表する度にレーベルが変わり、メジャーとインディーを行き来していた。2009年にEMIミュージックからアイスランド録音の“enja”を発表したと思ったら、2014年の“noon moon”は坂本龍一とエイベックスが設立したcommons(コモンズ)から出た。あれから一年と経たないうちに出た本作は、ユニバーサルからのリリースとなった。

だが、そんなことは音楽制作には全く悪影響など無くて、次々に一本筋の通った秀作を発表してきた。それもこれも、伊藤ゴローが連作でプロデュースしてきたからに他ならない。さらには、原田知世自身が築いてきた人脈から、折々に楽曲提供を受けてきたから、凡作が出来る訳が無い。モチロン、自分でも作詞するし、時には作曲までこなしてしまう。しかも、最近は悪女を演じるなど、女優業も幅を広げている。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

ビリギャル (2015日本)

NHK連続テレビ小説(通称:朝ドラ)「あまちゃん」で本当にブレイクしたのは、有村架純だった。主演の能年玲奈が、事務所の方針とかで主演映画が2本と後はCMばかり。その間に架純ちゃんの方は、一体何本の映画に出演したのだろうか?

試写会や舞台挨拶ばかり狙ったのが裏目に出て、昨年観た出演作は「女子ーズ」のみ。これとて初日舞台挨拶はぴあに阻まれ、旬な美女が5人も揃った戦隊モノだからと、已む無く近場の上映館へ観に行った。今年もどうやら「ビリギャル」一本だけになってしまいそうだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

England Dan & John Ford Coley - The Atlantic Albums+ (2015 USA)

icon梅雨入りもしていないのに、もう夏が来てしまったかのような陽気ですが、皆さん、体調はいかがですか?SunHeroは急に寒くなるのには割と強いのですが、急に暑くなると頭痛や怠さでシンドクなります。せめて清涼感のある音楽でも掛けて、気持ちだけでも和みたいですね。

そんな時には、例えばEngland Dan & John Ford Coleyなんて、どうでしょうか?この男性デュオは、1970年代後半にAtlantic Records傘下のBig Treeというレーベルから4枚のアルバムを発表し、どのアルバムからも1-2曲のヒットを放ちました。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

Glen Campbell - Rhinestone Cowboy [40th Anniversary Edition] (2015 USA)

Glen Campbellは、40年前には日本でも結構人気のあったシンガーだった。日本コカコーラのCMソング「カミング・ホーム」がヒットしたからだ。CMソングだけに、CMで流れた部分はとてもキャッチーだったが、曲全体としてはどこか締りの無い構成だった。同じ年の秋、今度は母国アメリカで、別の曲が自身初のNo.1ヒットになった。それが本作のタイトル曲だ。

Glen Campbellは、スタジオ・ミュージシャンとして数多のヒット曲に貢献した後、1960年代後半にはグラミーを受賞するほどの人気シンガーになった。だが、1970年代に入ってからは、ヒットに恵まれなくなった。そんなGlenに声を掛けたのが、Haven Recordsというレーベルを立ち上げたばかりのDennis Lambertだった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 21:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ズタボロ [初日舞台挨拶・立川編] (2015日本 PG12)

映画「HK/変態仮面」から、また一人、NHK朝ドラへ。「花子とアン」の鈴木亮平に続き、「まれ」に蔵元一子役で清水富美加が出演中ですね。恐らく朝ドラの撮影に入る前に撮り終えたと思われる映画、2本も上映中なんですね。ひとつは「龍三と七人の子分たち」で、もうひとつが本作「ズタボロ」です。映画館によっては、2月公開の「振り子」も、まだ上映中かもしれませんね。

北野作品では役名も無いような役のようですが、「振り子」では小西真奈美演じる長谷川サキの学生時代役って、「あまちゃん」での小泉今日子と有村架純みたいですね。そして、本作ではヒロイン=清美(水富加ってこと?笑)役で、ホント頑張ってました。何しろ、在日朝鮮人で木村祐一演じるヤクザの情婦役ですからね。本人も今まで演じたことの無かった役だったと語ってました。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

Todd Rundgren - Global [国内盤] (April 2015)

21世紀に入ってから、“Liars” (2004)“Arena” (2008)“[Re]Production” (2011)“State” (2013)と、EDM路線まっしぐらのTodd Rundgren。チョット飽きたのか、合間にEric Claptonの真似をして、Robert Johnsonの楽曲をカバーした“Todd Rundgren's Johnson” (2011)なんてアルバムも出した。

他方、Toddが関与しない所で、古い音源の発掘修復作業も盛んだ。2in2や3in2仕様で怒濤の旧譜再発ラッシュがあったり、古いライブ音源がCD化されたり、お蔵入りしていたCDが陽の目を見たり、近年のライブがDVDで出たり、・・・・ファンも楽じゃない。金欠に苦しみながらも、必死で買い続けている。ふらふら

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)