2014年10月20日

マントラ創設メンバー Tim Hauser 死去

10/18に五輪真弓のコンサートでかつしかシンフォニーヒルズを訪れた際、来月同会場で行われるManhattan Transferのチケットを受け取った。その際、係員からメンバーの一人が急に亡くなられたため、代わりの方が来日されますが、よろしいですか?と言われ、驚愕した。すぐに誰だか察しは付いたが、念のためスマホで確認した。

アメリカを代表するコーラス・グループ=Manhattan Transferの創設者にしてリーダーのTim Hauser氏は、心不全のため10/16(米日付)に逝去した。享年72歳だった。昨年後半は、6月に受けた脊椎手術のリハビリで、グループの活動から離れていた。昨年の来日でも代役を務めたTrist Curlessが、今回も代役を務めるそうだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

安藤裕子 - Premium Live @恵比寿 ザ・ガーデンホール,<br /> October 13, 2014

出演映画「ぶどうのなみだ」が公開されたばかりの安藤裕子のコンサートに行った。“Premium Live”と銘打っただけあって、当初は東京と大阪で各一公演という話だった。ダメ元で申し込んだら、抽選販売に見事当選した。ところが、いざチケットが届いたら、恵比寿 ザ・ガーデンホールのX列=最後列だった。真後ろの仕切り壁の向こう側で、スタッフが調整卓を操作している気配が感じ取れて、落ち着かなかった。

恵比寿 ザ・ガーデンホールで立見ナシの場合、ステージ前の床面にはスチールパイプのフレームに木製の背もたれと座面という椅子が並べられる。学校で使われているような椅子で、長時間座っているとお尻が痛くなる。その点、後方のひな壇状の座席はクッションが利いていて、ステージの眺めも良い。SunHeroのような爺さん向きだ。ところが、最後列だけはパイプ椅子だった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ライブ | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

BoA - WHO'S BACK? (September 2014)

WHO'S BACK? (CD+DVD)WHO'S BACK? (CD Only)

こんなに待ち侘びたアルバムは、今までになかった。特にネット通販がスッカリ当たり前となった21世紀になって、新譜はネットで予約して、後は寝て待つのが日常となった。むしろ、新譜や在庫切れの既発盤と一緒に注文することで、在庫品の発送をわざと遅らせていたほどだ。だが、今回は発売日になっても届かないことに苛立った。最安店を探す余り、注文するショップを誤ったと後悔した。

これほどまでにせっかちになった理由は至極単純だ。4年振りのライブまでの予習期間が十分ではなかったから。しかも、予習の仕方も下手だった。既発シングル曲は大体分るんだから、純然たる新曲だけ集中的に聞けば良かったのに、家でも車中でもアルバム丸ごと再生だった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

Chicago - XXXVI "NOW" (July 2014)

Chicago 36 NOW1967年前身バンド「Big Thing」の結成から数えて今年で47年を迎えたAmercan Rock Band with Horns「Chicago」から、通算36作目のアルバムが届いた。通し番号で21作目まではハッキリ分るんだけど、以降ヒット・チャートから姿を消してしまったこともあって、SunHeroの興味も失せてしまい、36作目までの道のりを辿ることがどうしてもできない。

辛うじて「把握」しているのは、2006年の新作“XXX”が30作目、当初22作目として制作されたのに、レコード会社にボツにされた、2008年の“Stone Of Sisyphus (XXXII)”が32作目だということくらい。その間には、本格的なビッグ・バンド・ジャズに取り組んだアルバムやクリスマス・アルバム、ライブ・アルバムなどを出している。それらは「一体」何作目に当たるのか?

試聴してみたい方はココをClickしてみてね(^_-)-☆
posted by SunHero at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

YAHOO!メール 一応送受信できるようになったけど....

ようやくYAHOO!メールから10/4の朝に復旧した旨のメールが届いた。受信時刻は10/4の23時台だったので、10/5になってから気が付いたというのが実情だ。だが、その後も送受信エラーが続いた。原因究明のために、せっかくの日曜日が丸潰れだ。

メールソフト側の設定は全く同じなのに、トラブルに巻き込まれた方だけ送受信ができないのはどうしてなのか?YAHOO!メールのアカウントを2つ持っていたおかげで、夕食後やっと原因が分った。ブラウザーで両方のアカウントにそれぞれログインして、「メールの設定」の内容を比較してみたのだ。

果たして「相違点」は何処にあったのか?
posted by SunHero at 01:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

少女は異世界で戦った [初日舞台挨拶] (2014日本)

DangerDolls新宿バルト9看板

日活ロマンポルノ出身ながら、「平成ガメラ三部作」から「DEATH NOTE 前後編」まで、フリーの監督として幅広い作品を手掛けて来た金子修介監督の最新作が、女性戦隊モノの「少女は異世界で戦った」だ。「異次元」ではなくて「異世界」という所がミソ。ちゃんと違いを踏まえて見ないと、冒頭から訳分らん状態になること必至だ。

主役の剣士(ソードファイター)を武田梨奈・花井瑠美・加弥乃・清野菜名が演じる。今回は武田梨奈だけでなく、清野菜名も目当てで見に行ったが、実質的に新宿バルト9での単館先行公開で、連夜1回限りの上映という寂しい日程だった。だが、初日(9/27)をはじめ、ほぼ連日トークショーが組まれ、10月以降の拡大上映に向けたPRが、集中的に展開された。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:06| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

太陽の坐る場所 [山梨先行公開・初日舞台挨拶] (2014日本)

wherethesunisseated_wideposter.jpg

山梨放送開局60周年記念映画「太陽の坐る場所」の先行公開で、TOHOシネマズ甲府まで行って来た。当日は天候に恵まれたものの、現地に着くや否や、御嶽山の噴火のニュースに驚いた。火山灰は甲府にも降ったという報道を耳にしたが、TOHOシネマズ甲府のあるイオンモール甲府昭和からでは、御嶽山は見えないし、見えていたはずの噴煙も雲と区別が付かなかった。

この映画が山梨先行公開となった訳は、以下の通り山梨尽くしだったからだ。そして、わざわざ山梨まで出向いたのは、都心の映画館での舞台挨拶とは違って、通常料金だったからだ。しかも、チケットはTOHOシネマズのインターネット・チケット販売”vit”で、事前購入が可能だった。だが、往復の高速料金やガソリン代を加味すると、かえって高く付いてしまった。

  • 原作:辻村深月(笛吹市石和町出身)
  • 監督:矢崎仁司(富士川町鰍沢出身・在住)
  • 主題歌「アメンボ」:藤巻亮太(笛吹市御坂町出身)

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)