2014年07月26日

谷村有美 2年振りの「おでかけツアー」開催決定

今年もやらないと勝手に思い込んでいた谷村有美の「おでかけツアー」、今頃になってファンクラブ「Faith」から会員先行予約のハガキが着た。オフィシャル・ブログ“digi-yumi”をしっかりチェックしていれば、7/4付けで告知されていたのだが、完全に見落としてしまった。

その間に芸術の秋に向けて、他のアーティストの先行予約に3つも申し込んで、全部当選してしまった。さらに、ノー・マークだったライブの残席情報に、思わず開催直前にネット予約して、チケットは当日会場で受け取る形で、つい先日出掛けたばかりだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 05:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽ニュース | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

角松敏生 - TOSHIKI KADOMATSU Performance 2014 <br />"THE MOMENT" @ハーモニーホール座間, July 5, 2014

ToshikiKadomatsu_Performance2014@zama.jpg今年でデビュー33周年の角松敏生のライブに、ついに初参加した。ベテラン・ファンの間では。1980年代の作品に「飛行」にまつわる曲が何曲かあるため、ライブに参加することを「テイクオフ」と言うらしい。実際、開演を待つ観客の多くが、入場時に配られたチラシで紙飛行機を折っていた。山下達郎のライブなら、「レッツ・ダンス・ベイビー」で鳴らすクラッカーに相当する決まり事のようだ。

ライブ中に其処彼処から、いくら紙製とは言え、先の尖った物体が顔面めがけて突っ込んで来たら嫌だなと思っていたら、2機も襲来した。両方とも視野に入ってきたかと思うと、鼻と額に当たった。そうでなくても、後頭部とか側頭部とかには、一体何機の直撃を受けたことか!これが所謂「新参者に対する洗礼」なんだろう。次回はバイクのヘルメットでも用意した方が良さそうだ(笑)。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ライブ | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

アナと雪の女王 [Frozen] (2013 USA)

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ディズニーの巧みな世界戦略の最新型成功例が「アナと雪の女王」だ。セリフの吹き替えだけでも、あらゆる上映国の言語に対応するには、それぞれの国ごとに同時進行で作業を進めなければならない。これに歌というファクターが加わると、どの国も人選には苦慮したものと、容易に推察される。そうした苦労が報われて、世界中で記録的な興行成績を収めた。

日本でも普段字幕版しか見ないような人たちの多くが、改めて吹替版を観るという現象が起きて、国別興行収益でアメリカに次いで2位という結果になった。日本のアイドルのCD販売手法の応用とも言える水増し戦術が、世代を超えて成功したからに他ならない。そんな見え透いた手には乗らないよと、傍観していたSunHeroだったが、社会現象の様相を呈してきたので、3D吹替版を見に行った。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

渇き。 [繰上げ公開舞台挨拶] (2014日本 R15+)

「渇き。」ポスターSunHeroは「私の男」を見に行った際に、この映画のトレーラー(予告編)を見て、大いなる勘違いをしてしまった。”バケモノ女子高生”役を二階堂ふみだと錯覚してしまったのだ。この誤解は程なく解消されたが、裏の顔を持つ美少女を演じた小松菜奈がどれほど凄い演技を見せてくれるのか、大いに興味をそそられた。しかも、「告白」で絶賛された中島哲也監督の作品ということで、ますます期待してしまった。

当初の公開日は6/28だったので、初日舞台挨拶もこの日に組まれたが、チケットぴあを介した抽選販売で、ことごとく落選した。ところが、どういう訳か、公開が1日繰り上がって、急遽TOHOシネマズ渋谷で、小松菜奈単独の舞台挨拶が決まった。この時ほどvit会員になっておいて良かったと思ったことはない。仕事そっちのけで、トイレの中からスマホで、舞台挨拶上映回の座席を確保した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

女子-ズ (2014日本)

「女子ーズ」ポスター主演の桐谷美玲をはじめ、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月と言った旬な女優が5人も揃った映画と聞けば、男子たるもの、チョット見てみたいという気分になるものじゃないですか?こういう戦隊モノは、古くはアニメの「ガッチャマン」(1972年)から、新しいところでは「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014年)まで、色分けされた衣装の5人編成で紅一点というのが定番でした。その最たるものが、「トッキュウジャー」から遡ること39年、1975年4月に放送開始になったシリーズ第一作目、その名もズバリ「秘密戦隊ゴレンジャー」だった訳ですよ。

SunHeroは「ゴレンジャー」は頻繁に見ていましたが、その後は年齢的に受け付けなくなっていたけど、息子に付き合って見ている父親連中を退屈させない工夫がされていくようになってたんですね。仮面ライダー・シリーズが、主役にイケメンを登用することで、子供よりも母親世代が熱狂し、今日人気が盛り返したのとは、対照的というか、同じ穴のムジナというか。映画で演技に注目した若手俳優のプロフィールを見て、な~んだ!お前もヤッパその方面の出身かぁ~ということが、ホントに多くなりました。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 12:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

au WALLET デビュー!!

au WALLET カード見本

申し込みから、ひと月余り。ほとんど忘れかけていた頃に、au WALLETのカードが届いた。申し込みサイトでは発行までに1-2週間という説明でしたが、申し込みから半月くらい経った頃でしょうか?申し込みが殺到しているため、5月末までにお申し込み頂いた皆様へのカードの発送は6月末頃になりますという、お詫びメールが来た。デビュー・キャンペーンの1,000円さえチャージされていればOKで、すぐに使いたいという性急な必要性は皆無だったので、気長に待つことにした。

実際、届いたのは6/30。すなわち、昨日だ。早速、今日、同封の説明書に従って、「利用開始登録」をした。アプリの方がいつでもどこでも素早く残額とポイント数が確認できるので、初めからauのスマホ(またはiPhone)で登録するのがいいと思う。新機種ならプレインストールされている「au WALLET」アプリを起動して、表示に従って手続きするだけだ。プレインストールされていなければ、「au Market」からダウンロードする一手間が増えるだけだ。説明書にはQRコードも印刷されているから、それを利用すれば、簡単に見つかるはずだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)