2014年05月30日

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 (2014日本 R15+)

「妹ちょ。」劇場外看板SunHeroは松沢まりの原作コミックもTVアニメも知らなかったが、通称「妹ちょ。」(いもちょ)として知られるHなラブコメディ「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」が映画化された。しかも、昨年映画化された「スクールガール・コンプレックス」の原案写真集で知られる青山裕企の初監督作品(伊基公袁との共同監督)だった。映画公開と相前後して発売の橋本甜歌と繭の写真集やDVDのジャケット写真も、当然ながら氏の撮影だ。そうなると、映画自体の撮影に一体どれほど関われたのか?

フェチな写真を芸術の域に高めたことで写真家として有名になったが、単なる女子高生フェチではないことは、「ソラリーマン」シリーズや、やっぱりという感じで最近発売された「スクールボーイ・コンプレックス」等で明らかだ。要は視点がフェティッシュだという訳だが、この映画に関しては、他人が撮った「スクールガール・コンプレックス」のようなフェチさは微塵も無くて、往年のソフトな成人映画にしか思えなかった。どうやら、元々AV監督である伊基公袁(Iggy Coen)の作風が反映したようだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

alan - CONCERT 2014 “阿蘭家族大集合” @山野ホール, May 24, 2014

阿蘭家族大集合2014logo

アラン?知らん!なんて言う人、多いんじゃないでしょうか?英語圏なら男の子の名前ですが、中国四川省(通称)美人谷出身の女性歌手です。映画「レッド・クリフ」の前後編両方の主題歌を歌った美人歌手と言えば、思い出される方もいるのではないでしょうか?3年前にベスト盤をリリースし、その際のライブで活動拠点を母国に移すことを発表し、実質的に4年間の日本での活動に終止符を打った格好になりました。

韓国のBoAに続いて世界に羽ばたくのかと思ったら、この3年間で得た情報と言えば、中国でアルバムを一枚リリースしただけ。母国ではTVの歌番組を中心に活躍していたようですが、香港と上海ですら人気の音楽が大分違うような広大な国ですから、今回のライブで紹介された中国での活動もどの程度のものだったのか?たまに日本の公式ブログが更新されることがあって、この3年振りの日本でのコンサートも、最初にそこで知りました。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 19:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

百瀬、こっちを向いて。 (2014日本)

「百瀬、こっちを向いて。」のポスター2011年に「ももいろクローバー」を突然脱退した早見あかりの初主演映画が、中田永一原作の同名小説を映画化した「百瀬、こっちを向いて。」だ。監督の耶雲哉治(やくもさいじ)にとっても、これが長編映画デビューに当るそうだ。

ご存知のように、ももクロは新たなメンバーを補充することなく、「ももいろクローバーZ」に改名し、残りの5人で活動を続けてきた。どちらかと言えば、「Z」に改名してからの躍進が目覚ましく、今春は国立霞ヶ丘陸上競技場(一般的には「国立競技場」と呼ばれている)2 Daysを成功させるほどのビッグネームに成長した。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

相棒-劇場版Ⅲ- (2014日本)

相棒-劇場版III-劇場版の「相棒」も、三人目の相棒=甲斐 亨(成宮寛貴)で三作目が公開された。劇場版四作目が制作される時には、四人目の相棒に変わっているのだろうか?公開一週目こそまずまずの客入りだったようだが、ディズニー・アニメ久々のメガヒットとなった「アナと雪の女王」がまだまだ観客動員トップを走り、太刀打ちできないのは致し方ないにしても、「テルマエ・ロマエⅡ」と同日公開だったのは不運でしたね。

でも、今回は異例を超えた過剰な宣伝(舞台挨拶71回、白木屋・魚民・笑笑でお馴染みのモンテローザとのタイアップ・プレゼント、ローソン・ミニストップでの限定グッズ付前売券販売、「相棒-劇場版Ⅲ-序章」のdビデオ配信)が、逆効果だったような気がします。あれだけ期待を煽ってしまったら、多くの観客が落胆するのも必定というお粗末な脚本でしたね。一作目の時に抱いた不安が的中してしまったというのが、率直な感想です。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

原田知世 - noon moon (May 2014)

noon moon/原田知世ここ数年、TVと言えば、NHKのドラマばかりに出演している原田知世。昨年末に離婚したと思ったら、1億円横領しちゃう主婦という初悪役に挑戦。そのせいか、5年振りのアルバム”noon moon”を聞いて、言い様のない安堵感に包まれた。ちょっと控えめなサウンドだが、不思議な華やかさが感じられた。渋滞に苛立つ気持ちを和ませてくれそうな優しい音楽だったので、早速カーナビに転送した。

フォー・ライフを離れてからは、アルバム毎にレーベルが変わるという状況にもかかわらず、どのアルバムも秀作ばかりだった。坂本龍一がAVEXと設立したCOMMONSへの移籍を契機に、せめて次作も同じレーベルからリリースされることを、お節介だとは分っていても、ついつい願ってしまう。だって、EMIミュージックからリリースされた前作”eyja”は、わざわざアイスランドまでレコーディングに行っている。大手だったからこそ可能だったと言わざるを得ないだろう。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

4 or 5 to 36 (Chicago 36:“NOW” on sale?)

シカゴ36アメリカン・ロックの大御所(というか、大所帯)バンド=Chicagoが、まもなく通し番号で「36」枚目のアルバムをリリースすることが明らかになりました。今回はただ番号だけのタイトルではなくて、“NOW”というシンプルながらも現役感をアピールするタイトルも付いています。でも、SunHeroの興味はやはり通し番号の方に向いてしまいます。確か「Chicago XXX」のリリースの時にも同じ疑問を抱いたのですが、一体31~35までを把握している者はいるのだろうか?わーい(嬉しい顔)

えっexclamation&questionその前にこのトピックの見出しの意味が分からないって?・・・・仕方ないから補足しておきますね。「4 or 5」は日本語に訳せば「4か5」で、読み方を変えれば「シカゴ」となります。「36」はもちろん最新作に付けられた連番のことです。彼等の初期のヒット曲に邦題で「長い夜」という曲があり、その英語タイトルが「25 or 6 to 4」という訳です。まだ説明が必要ですか?ドコモ提供

それでは、シカゴのニュー・アルバムからファースト・シングルの「AMERICA」をお聞き下さい。


ちなみに、こちらが「長い夜」です。EW&Fとのジョイント・ツアー時のライブ映像でお楽しみ下さい。


全曲の試聴はコチラで!
ラベル:新譜 36 XXXVI NOW
posted by SunHero at 23:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

安藤裕子 - 2014 ACOUSTIC LIVE @鎌倉芸術館 大ホール,May 6, 2014

ay2014AL.jpg

恒例の安藤裕子のAcoustic Live、ツアー日程が発表になった時、最寄りの目黒ではなく、敢えて鎌倉を目指すことにした。村治佳織のリサイタルで初めて訪れてから、もう4年の歳月が流れていた。前回よりもずっと後方の席で、しかも端寄り。大ホールでも1,500席という比較的小規模な会場だが、今回初めてその広さを実感した。ファンクラブに入っていないから仕方ないが、初日ともなると、関東の片隅であっても、それだけファンが集まって来るということだろう。

よく考えてみれば、鎌倉と言っても大船だ。東海道線・横須賀線(総武快速線)・根岸線(京浜東北線)に加えて、宇都宮や高崎を起点とする湘南新宿ラインも乗り入れている。東横線だけのめぐろパーシモンホールよりも、実は交通の便が良い。しかも、東口を出れば、ほぼ一本道だ。徒歩で商店街を抜ければ、左手に鎌倉芸術館が見えてくる。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ライブ | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

Boston - Life, Love & Hope (December 2013)

ライフ、ラヴ&ホープ<初回生産限定盤>/ボストン「ボストン」と聞いて、何を思い浮かべますか?バッグ?オーケストラ?小沢征爾?(笑)・・・・SunHeroなら、1976年アメリカのロックシーンに突如現れたロック・バンド=Bostonが思い浮かびます。1978年にセカンド・アルバムを発表した後、キッチリ8年周期でアルバムを発表するという寡作振り。痺れを切らしたレコード会社とトラブルになっても、音楽制作には一切影響を受けないところまで、Bostonらしさを感じたものです。

元々デビュー当時から緻密な音作りに心酔していた訳ではありません。むしろ、緻密さに感情移入できなかったので、友人にダビングしてもらって聞きました。初めて買ったBostonの作品は、CD時代の本格的な到来を感じてCDミニコンポを買った頃にリリースされた“Third Stage”(1986)でした。レコーディング機材を駆使して、アナログな手法で音作りしていたにも拘らず、CDというデジタルなフォーマットがとても似合うサウンドだと感じました。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

♪ ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ ♪

「エンタメ ウェブロッジ SunHero」にお越し下さいまして、誠にありがとうございます。お陰様で今月でブログ化して9年になりました。不思議なものでブログ化してからの期間より、所謂ホームページとして試行錯誤していた5年間の方が、長かったように感じられます。単に加齢のせいでしょうか?

まだまだ知名度の低いブログゆえ、初めて訪問して下さった皆様のために、当ロッジの施設案内を掲載しております。館内で迷子になる前にご覧下さい。何分、オーナー 兼 唯一人の従業員のため、至らない点が多々あると思います。リンク切れから誤字脱字に至るまで、何なりとご指摘いただきたく、よろしくお願い致します。

当ウェブロッジの施設案内はコチラです
posted by SunHero at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero All rights reserved (except where noted)