【富士通】FMシリーズ35年記念キャンペーン ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

2012年05月18日

ディスコの女王=Donna Summer 肺がんで死去


Whitney Houstonの急逝に比べれば、穏やかな気持ちで受け止めることが出来たとはいえ、ディスコ・クイーン=Donna Summerの訃報は悲しいです。乳がんで療養中という噂でしたが、死因は肺がんとのこと。クインシー・ジョーンズやオバマ大統領も哀悼の意を表したそうです。続きを読んでみる?
posted by SunHero at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

Sowelu 活動休止宣言


新譜情報と共に飛び込んできたニュースです。先日、当ウェブロッジの古い記事にアクセスが集中したので、調べてみたらビックリでした。あの記事で取り上げていたmelody.は、歌手引退と前後して妊娠が分かり、結婚して二児の母だそうですね。片やSoweluはレコード会社を転々としながら、前作からは肉食系女性歌手というイメージを前面に出して頑張っていました。デビュー10周年を機に休業ということですが、やはり29歳って女性にとって微妙な年齢のようですね。まずは10年間お疲れ様でした。

それから、あの記事に多数のアクセスを頂きまして、誠にありがとうございました。ICONIQ以来の、というか、それ以上のアクセスに、正直なところ困惑しましたが、いくらかでもお役に立てたのでしょうか?だったら、とても嬉しいのですが、期待ハズレだったとしても、それはご利用になった検索サービスのせいですから、悪しからず。

posted by SunHero at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

HOME 愛しの座敷わらし (2012 日本)

homewarasi_flyer.jpg天候に恵まれなかった今年のゴールデン・ウィークに、体調不良ながらも気分転換にと、急に思い立って見に行ったのが、この映画「HOME 愛しの座敷わらし」でした。主演の水谷豊をはじめ、人気TVシリーズ「相棒」のスタッフが多数関わった映画だというのに、「相棒」とも「熱中時代」とも異なる水谷豊の役どころが新鮮でした。モチロン、安田成美が奥さん役というのもナイス・マッチングでした。

でも、SunHero的に一番ヨカッタのは、長女役が橋本愛だったこと。テレビでは弟役の濱田君ばかりが宣伝に駆り出されていたけど、橋本愛も駆り出していれば、ちゃんと前売券を買って公開を楽しみにしていたと思う。思わず父親に抱きつくシーンなんて、SunHeroが代役したかったくらいヨカッタぞ!(爆)

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

Rumer - Seasons Of My Soul [初回限定バリュー・プライス盤] (March 2011)

シーズンズ・オブ・マイ・ソウル(初回限定バリュー・プライス盤)今晩これを書き上げて一眠りしたら、新百合ヶ丘までドライブだ。畠山美由紀のルーツ・ライブ Vol.3を観賞するためだ。CDリリースとは全く別次元で開催されているイベントだ。「ジョニ・ミッチェル」「昭和歌謡」と続いて来て、今回のお題は「映画音楽」だ。美由紀さんの母校=日本映画学校(現:日本映画大学)がある新百合ヶ丘だけに、ついに来たか!という思いがある。

昨年はその延長線上でアン・サリーと「ふたりのルーツ・ショー」まで開催した。その際ハチャメチャな選曲の中でも、新しすぎてルーツとは呼べない曲だったのが、Rumerの英デビュー曲“Slow”だった。2010年に世に出た曲だが、曲調は半世紀くらい前に作られたんじゃないかと思えるほどジャズのスタンダードっぽい。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介(欧米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

Whatever happened to 安藤裕子?

安藤裕子の産休明け一発目のライブ(4/30 東京国際フォーラム)に行った。開演前は非常に緊張するというのは、今に始まったことではないから、序盤のMCで語った失敗談も「掴み」程度に受け止めていた。まさかあんな終わり方をするとは、全く予想だにしていなかった。

5日後には早くも楽日の大阪公演が控えている。ツアーと言っても、今回は2都市2回公演。思い掛けず早いリリースだったニュー・アルバムに、歌いたいという衝動が抑えられなかったと思っていた。その割には余りにも少ない公演回数だなと思った。どうやら、気持ちとは裏腹に産後の体調(精神状態)は芳しくなかったようだ。

尻切れトンボとなったコンサートに不満も怒りも覚えなかった。一体、安藤裕子の身に何が起こったのか?それだけが気掛かりで、ただただ心配だ。帰宅後、メールをチェックしたら、昨年のリベンジと言える秋のツアー開催の案内が届いていた。今はただ大阪公演までには調子を取り戻して、何事も無かったかのようにこなして欲しいと願うばかりだ。
posted by SunHero at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iconicon ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MARTソニーストア
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム