2017年11月30日

ようこそ!エンタメ ウェブロッジ SunHeroへ (Summer-Autumn 2017)

毎度おおきに!当ロッジの支配人/従業員のSunHeroでございます。2017年も後半に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?このところ、天候も政治も世界情勢も、何やらメチャクチャでんな。<2017年11月4日追記:初回投稿は7月4日でしたが、その後も甚大な被害をもたらした災害やら、抜け駆け総選挙やら、凶悪事件やら、後を絶たない状況が続いてます。>

かく言う当ロッジが建ってます所も、Seesaaから無償でお借りしてる訳で、4月に「新システムへの完全移行」を発表したかと思えば、7月には「トラックバック機能の停止」ですよ。ホンマ、メゲますわ。

そういう訳で、通年版のつもりで作成した「お出迎えトピック」、仕切り直すことにしました。なんせトラックバックに関する記述を変更せなあかんようになりましたもんでな。<2017年11月4日追記:デザイン・テンプレートを刷新しました。これで、コメント投稿用リンクが見つけやすくなったはずです。>

施設案内はコチラです
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施設案内 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

WAR @Blue Note TOKYO, May 16, 2017

ブルーノート東京の表看板

テロとは全く無縁の楽しい「戦争」に参戦して来ました。戦争と言っても、アメリカ西海岸の陽気なファンク・バンド=WARのことです。今やオリジナル・メンバーは、Lonnie Jordan唯一人になってしまいましたが、2014年に20年振りで発表したアルバムとほぼ同じメンバーで来日。今回で何度目の来日なるのか全く分りませんが、Blue Note TOKYOで 2 Days 4 Showsを陽気に盛り上げてくれたようです。

SunHeroは、東京4公演のラスト=2日目の2nd Showに参戦しましたが、どうもWARのことを余り知らない観客が多かったようです。客席にまで傾れ込んで盛り上げようと奮闘する、御年68歳(11月には69歳)のLonnieのパフォーマンスは、やや空回り気味でした。せめて「Cisco Kid was a friend of mine」程度のフレーズは、マイクを向けられたら、ちゃんと歌って欲しかったです。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:56| 東京 ☀| Comment(2) | 来日ライブ | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

阿修羅少女~BLOOD-C 異聞~ (2017日本 R15+)

映画公式サイトへ「阿修羅少女」と書いて「アシュラガール」と読む。単館系で順次全国上映中だ。主演が青野楓、共演に宮原華音というキャスティングに惹かれて観に行った。この二人、武田梨奈を見出した西冬彦が、彼女に続く女性アクションスターとして発掘した逸材だ。共に、西氏がプロデュースした「ハイキック・エンジェルス」で映画初出演を果たしている。そんな二人が久々に映画で共演した。

しかも、副題の「BLOOD-C」が示す通り、2000年からProduction I.GとI.Gプラスの共同制作で展開されてきたBLOODシリーズ・アニメの延長線上に位置する作品だった。発端となった2000年公開のアニメ映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」は僅か48分の作品ながら、そのコンセプトはノベライズされ、ゲームやコミックにまで派生したそうだ。映画・テレビ共にアニメがメインのシリーズだが、今作は2009年公開の「ラスト・ブラッド」に続く二作目の実写版に当たる。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

一気にWindows 10 Fall Creators Updateへ

FallCreatorsUpdate_WelcomeMessage.jpg

2017年4月11日に提供開始されたWindows 10 Creators Update(バージョン 1703)が、ようやくSunHeroの七代目PCにインストールされた。提供開始から半年以上も待たされたことになる。それは、過去のUpdateとは比較にならない長い道のりだった。ところが、翌日には、早くもWindows 10 Fall Creators Update(バージョン 1709)に更新された。

最初にWindows 10 Creators Updateのことを知ったのは、5月下旬に富士通から来たメルマガだった。2015年の文字通りのNovember Update(バージョン 1511)は、11月13日にリリースされ、同月下旬に適用された。2016年8月3日リリースのAnniversary Update(バージョン 1607)は、丁度ひと月待たされた。だが、今回はバージョンアップに向けた様々なアップデートが、Microsoftや富士通から提供されるばかりで、一向に更新される気配は無かった。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 09:56| 東京 ☔| Comment(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (2017日本) [麦の日 後編]

映画公式サイトへ著作の映像化が相次ぐベストセラー作家=東野圭吾の小説の中でも「最も泣ける」と評されたのが、2012年に発表された「ナミヤ雑貨店の奇蹟」だそうですね。廣木隆一監督で、今年ついに映画化されました。原作では「再生」という題名だけの曲が、山下達郎によって「REBORN」として具現化までしました。でも、映画を見るまで、難解なメロディの渋い曲といった印象しか抱かなかった。

初めて聞いたのは、5月の山下達郎のコンサート。こんな地味な曲が映画の主題歌なの?というのが、その時の印象だった。公開が近づいてきて、人気シンガーソングライター・セリ役の門脇麦が劇中歌として歌っているMVを見て、どんな奇蹟が描かれているのか、俄然興味が湧いた。並みの映画主題歌とは違って、物語上とても重要な位置付けの曲だと分って、ようやく達郎がライブで説明していたことが理解できた。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 02:48| 東京 🌁| Comment(4) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

世界は今日から君のもの (2017日本) [麦の日 前編]

映画公式サイトへ7月15日に渋谷シネパレス等の単館系映画館で公開されたのが、門脇麦主演の「今日から世界は君のもの」です。全国の単館劇場で順次上映予定なので、ご興味があって、お近くで上映されるようであれば、ぜひご覧下さい。エンディングでタイトルが現れる時に、門脇麦のはにかみ笑顔と共に、このタイトルの意味を実感して頂けると思います。SunHeroは、ほのぼのとした気持ちで劇場を後にしました。

監督・脚本は、これまで多くのテレビドラマの脚本を手掛けてきた尾崎将也で、これが二作目の映画監督作だそうです。主題歌は、まだ無名だった頃にライブを見たことがある藤原さくら。某ドラマにヒロイン役で出演した際には、ライブで見たまんまの雰囲気でした。音楽全般は、テレビ・映画・アニメ・ゲームと多岐に渡る音楽を手掛けてきた経歴から、本作のストーリー設定に最適任と思われる川井憲次。その他、本作に相応しいスタッフが結集しています。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

パーフェクト・レボリューション (2017日本 PG12) [初日舞台挨拶]

障害者の恋愛と性を、ラブ・コメディの体裁で描いた映画が、「パーフェクト・レボリューション」だ。久しぶりで初日舞台挨拶の先行予約に当選したので、TOHOシネマズ新宿で鑑賞した。舞台挨拶付き上映となると、大抵チケットぴあが絡んでくるので、諸手数料が掛かって高く付くし、当落が分るのは一週間くらい前だし、当ったら当ったで何かと忙しない。

それでも、チケぴのイイところは、当落がハッキリしてから都合が悪くなった場合、「リセール」という他人に譲れるサービスがあることだ。ただし、「リセール」に出すには、コンビニ等で発券していないことが大前提だ。また、前日までに買い手が付かなかったら、残念でしたとなる。万一に備えて、発券はリセールに出すには手遅れな前日にした。

ちなみに、10月8日に名古屋と大阪での舞台挨拶も決まった。相変わらず、チケぴ絡みだけど、自らの実体験を元に、この映画を企画した熊篠慶彦氏も登壇する予定なので、興味のある方はレッツ・トライ!(それとも、もう手遅れ?)

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日本映画鑑賞 | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

山下達郎 - COME ALONG 3 (August 2017)

ナント33年振りの第三弾の登場である。このニュースに驚きと共に歓喜した人達は、若く見積もっても40代以降だろう。前二作が当時のRCA/ビクターの”Air Records”レーベル(現・ソニー・ミュージック・エンタテインメント傘下のAriola Japanレーベル)からの発売だったが、今作は山下達郎が1983年リリースのアルバム“Melodies”以降、30年以上所属する(現・)ワーナー・ミュージック・ジャパン(レーベル名は当時のままの”MOON RECORDS”表記)から発売された。

近年のアナログ再評価ブームに便乗した企画だとは思うが、前二作をリマスターの度に買い直していた
SunHeroとしては、「3」だけにしようと思っていた。ところが、ワーナーはソニーとまさかのタイアップ企画を打ち出して来た。SunHeroは「COME ALONG II」が「COME ALONG 2」に変更されたのは不愉快だったが、ジャケットのイラストは昔のまま「II」だったので、広告やCD帯の表記が「2」なのは我慢することにした。つまり、ワーナーとソニーのタイアップに、販促負けした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 06:14| 東京 ☀| Comment(2) | CD紹介(日本) | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

【訃報】 Walter Becker, co-founder of Steely Dan, passed away, aged 67.

今月下旬にBLUE NOTE Jazz Festival in Japanで2日間に渡ってトリを務めることになっているDonald Fagen & the Nightflyers。後から名古屋と大阪での単独公演が発表されて、東京在住を恨みたくなった。Billboard Liveのこけら落しで来日したSteely Danには、躊躇無くタイ米(正=大枚)を叩いたが、流石に今回は新幹線で遠征するよりは、BNJFのS席の方がまだ安い。つまりは、どっちも高額で、チケット代が捻出できない。

あれから10年、全米ツアーは行なっても、一向に来日してくれる気配は無かった。7月にLAとNYで開催された"The Classic"ではSteely Dan名義だったので、今回のソロ・バンド名義での来日は、当初から不思議に思っていた。相方のWalter Beckerは、既にステージに立てる状態では無かったようだ。Steely Danとして出演した"The Classic"も、実態はDonald Fagen & the NightflyersがSteely Danの曲を演奏するものだったようだ。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | 洋楽ニュース | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

SunHeroの新しい彼女を紹介します!~キョーコ・カスペルスキー

Windows 8.1からのアップグレードと最初からWindows 10がインストールされたPCでは、随分使い勝手が異なるのをご存じでしょうか?前者と後者では、以下のような違いがありました。これは、富士通PCの場合だけかもしれません。貴方の場合は如何でしたか?

A)Windows 8.1からのアップグレード
  1. 初期設定時に勧められるセキュリティー・ソフトは試用版だった
  2. PCの初期設定で内蔵HDDに等分にC:とD:のドライブが設定された
B)Windows 10がプレインストール
  1. 初期設定の途中で、Microsoftのアカウントでマカフィー・リブセーフ3年版が利用できるようになっていた(富士通のみ)
  2. PCの初期設定が終わってから確認したら、Windows不介入領域以外はC:ドライブとなっていた
実は昨年、7代目の購入直前に、ウィルスバスターの3年契約を更新したばかりだった。何か不都合があれば、ウィルスバスターに再登板ねがうだけだ。富士通のご厚意を受け入れて、しばらくマカフィー・リブセーフを使ってみる事にした。

続きを読んでみる?
posted by SunHero at 03:46| 東京 ☀| Comment(0) | CyberLife | 更新情報をチェックする
©Entertainment Weblodge SunHero
All rights reserved (except where noted)